2020年10月19日月曜日

映画Knowing (ノウイング)に太陽爆発ソーラー・フラッシュの内容があった

映画では銀河中心にある太陽グレイト・セントラル・サンが偉大なエネルギーをフラッシュするのでは無く、プレアデス外にある太陽(アルシオン?)が大爆発を起こし、その太陽の一部が地球に到達する(CME現象)という設定?よく理解できなかったのが、主人公がコンピューター上、そのプレアデス太陽を、太陽系の太陽と入れ替えた点だ。プレアデス太陽爆発で、その一部が地球に到達するというのか?それとも、そのCME現象が引き金となって、太陽系の太陽が連鎖反応で太陽爆発し、巨大なCMEが地球を襲う?





太陽系内でのスーパー・フレアが起きる事を示唆している。


100マイクロテスラの放射能の波が地球のオゾン層を破壊し、


全ての地球上の生き物を殺す。

こちらが、その映画のクリップ

そのフレアによりニューヨークが焼かれるシーン。



地球にある全ての水は蒸発し、地球は焼けただれ、誰も住めない「石ころ」になった。





2020年10月18日日曜日

白米にプラスチック製の米が混ぜられて売っている

 プラスチックが混ぜられている白米をプライパンで炒めると、プラスチック米が溶けて変形している。

youtube.com/watch?v=hz7ru9P-U7M


米のパッケージを見ても、もちろん原材料は米とプラスチックとは書かれていない。つまり秘密裏に、このプラスチック米が混ぜられているという事だ。

私自身も白米を使った時に、炊飯器に米が非常にこびりつき、焦げた。そして水に浸しておいても、なかなか取れない。プラスチック米が溶けて焦げ付いているのだ。

では、一体、どうしたらプラスチック米を避けられるのか?今現在、レプティリアン達は、白米のみ、プラスチック米を混ぜている。つまり玄米にしたらプラスチック米を避けられる。

レプティリアン政府イルミナティは、あらとあらゆる手を使い、人間達を殺そうと企んでいる。このプラスチック米も、その一端だ。特にアジア人は、米をよく食べるので、このプラスチック米が白米に混ぜられているのは、アジア人をターゲットにした人口削減策である事が分かる。

パンを多く食べる欧米人達には、小麦粉にアルミを混ぜ、米を多く食べるアジア人達には、プラスチック米を混ぜる。これがレプティリアン政府イルミナティの手口。

そういった面からも、私達は非常に危険な環境の中、日常的に毒を盛られ生きている事が分かる。地球の早いアセンションが急がれる。

白米の中に混ぜられているプラスチック米の取り除き方

完全に取り除けるかどうかは保証できないが、米を研ぐ時に、水に浮かんでいる米はプラスチック米の可能性が高い。米は研いだ後、水の下に沈む。プラスチック米は水の上に浮かぶ。米と比べて軽いからだ。こういったプラスチック米は「無洗米」によく混ぜられている。無洗米とは「米を研がなくても良い米」と宣伝されて売られているが、イルミナティもプラスチック米が水に浮かぶのを知っており、そのために「この米は研がなくても良い米です」などと売っているのだ。せっかく混ぜたプラスチック米が、米を洗う事により、洗い流されてしまっては、プラスチック米が無駄に終わってしまうからだ。

こちらが中国でのプラスチック米製造の映像ビデオ

プラスチック米製造のためにプラスチックを機械に入れているところ

中国で製造されているらしいが、米国でも製造されている可能性大。米国製の白米にも、多くのプラスチック米が混ぜられている。米国に追随している日本でも、もちろんプラスチック米が混ぜられている。特に「無洗米」。



年末のSuperNOVAアセンションイベントの可能性は高い?

 前記事に載せたプレアデスからの情報、12月21日にアセンションイベントが起きるという情報。私自身は可能性が高いと思いますね。まあ再び以前の2012年の様に、アセンションの日になっても何も起こらず、次の日には、空にはダークサイド(米軍)が空いっぱいにケムトレイルをバラ撒いていたという様な状況になったら「また、ハズレか?」という感じにはなりますが、今回は一体、どうなるのか?

私自身、毎日、地震やレーダーをチェックしているが、地球のマントルやマグマの動きが活発になっており、いつでも地球の巨大地殻変動が起きてもおかしく無い状況。特にワシントン州にあるレーニア山のマグマは沸騰状態。ブクブク・ゴツゴツと煮えたくっている状態。いつでも噴火してもおかしく無い。車で言ったらアイドリング中で、一旦、天からゴーサインが出たら発車OKという感じ。

地球の社会状況は悪化をたどる一方。米国にはホームレスが溢れ、仕事は無く、フードバンク(食べ物がタダで貰える場所)は3〜5時間待ちの長蛇の列。非常に多くの人々が困難な状態に陥っており、その人口は毎日増えつつある。この状況を打開できるのは、レプティリアン世界政府がしている金銭奴隷制度を取り除く事。そのためには、レプティリアンの最後の砦となっている地球自体が無とならなければならない。光の銀河連邦からの情報によると、地球はいずれ住む事ができない石ころになる。一体、この状況が今年末に起こるのか?

地球では現在、99%の人々が3次元での生活を望んでいる。なぜか?それは彼等は物質世界での生活を望んでいるからだ。その物質世界とは、物欲のまま、生きる事だ。欲しい物を手に入れる、物を所有する、食べ物を食べるなど。例えば「大好きな肉を食べるのをよしなさい」と言ったら、殆ど100%近い人々が「肉が食べれないんだったら死んだほうがマシ」と思うだろう。動物性食品を食べないビーガンを実践している人々は、殆ど人間では無く、光の銀河連邦から送られてきたスター・シーズ(ライト・ワーカー)の人々。人間にはなかなか難しい。そういった3次元の世界で生きる事を望んでいる人々は、地球の双子3次元惑星のグロリアに送られ、そこで再び生活を送る事となる。聞くところによると、山は殆ど無く、草原が多い惑星らしい。

地球の支配者のレプティリアン達は、グロリアには送られない。彼等は低次元の監獄星に送られ、人間奴隷を持つ事は許されない。つまり彼等自身が奴隷となる。

地球のアセンション後は、人間達はグロリアで、レプティリアンの支配無しで生活する事ができ、精神的な成長が加速する事だろう。レプティリアン達に洗脳されたりする事が無いからだ。レプティリアン洗脳ツールのテレビ、宗教、学校などは存在しなくなる。早い人では、たったの数ヶ月で精神レベルをアセンションレベルまで引き上げる事ができるだろう。

現在、レプティリアン達(地球の人口の10〜15%を占める)は、彼等の世界がもうすぐ終わる事を知り、非常に危険で獰猛になっている。トランプを見れば一目瞭然だろう。彼等は戦争などのバイオレンスを地球全体に広げたいのだ。そうやって、益々、地球の波動を下げる。彼等にこれ以上、時間を与えると、さらに多くの人々が殺され、多くの人々が非常な困難に陥る事だろう。そのために地球のアセンションは急がれる。これ以上、レプティリアン達によってカオスに陥らない様に、光の銀河連邦はアセンションを急ぐ必要があり、それで今年の末までに完了するという成行きになったのだろう。

この3次元の地球の終わりは、歴史的に予言されてきたイベントであり、避ける事はできない。精神的に準備をしておいた方が良い。食べ物も動物食品は一切避け、体と精神をキレイに保つ事が重要だ。私自身、ビーガン食で最近落ち着いており、一日一食とデザートだけにしている。一日一食だと、空腹になり、食べ物が非常に美味しく感じられる。野菜、果物、豆腐や豆類を中心とした食事。今のシーズンだと、きのこ類などが美味しいですね。使う油によって病気になるそうですから気をつけて。私自身は無精製のココナッツオイル、そしてオーガニックのバージン・オリーブオイルを使っている。

現在、私達の空気、水、食べ物は、レプティリアン政府(イルミナティ)に汚染されており、特にここ最近、レプティリアン政府や株式会社によって、以前よりも何十倍もの毒を仕込まれる様になった。彼等の人間に対する人口削減策も非常に加速化し、最終段階に入っている模様だ。つまり私達は非常に危険な環境に、今、生きているという事。そのために、早い地球のアセンションが急がれる。


2020年10月16日金曜日

3次元地球は12月21日に5次元に上昇 銀河系コアにあるセントラル・サン(銀河核)からの光と太陽の爆発 続き

グレート・ソーラー・フラッシュ

 

25920年毎の宇宙サイクルの終わりと新しい宇宙サイクルの始まり、珍しい天体の連携配置と、そしてスターゲイトが開く事と重なり、今、偉大な太陽爆発がいつ起きてもおかしく無い状態。

太陽爆発は古代文明の歴史に刻まれており、SAMVARTAKA FIRE, FRASHOKERETI, EKPYROSIS, AND YUGA FIREなどと呼ばれている。

最近のすべての地球同盟の送信のデータは、この壮大な太陽爆発も差し迫っていることを示しており、すべての兆候とデータは、このイベントが2020年の終わりまでに発生するという事実を示しています!

地球同盟の特定のメンバーは、この太陽系イベントの確実性について知っており、私たちの太陽系が銀河の非常にエネルギー的に密集した領域を通過していることを確認している。宇宙のプラズマ・フィールドの粒子は、銀河系のコア(セントラル・サン)を充電し巨大なコンデンサーの様な役割をしている。その凝縮されたエネルギーは、セントラル・サンから放出され、まばゆい光となって地球を照らすだろう。

グランド・ソーラー・フラッシュは銀河核から放出される眩しいほどの5D(5次元)磁気ホワイトガンマ線。地球からは空に第2の太陽として目撃されるだろう。

セントラル・サンから放出されたエネルギーは、圧縮の突破口として知られており、惑星意識の完全な大規模アセンション・イベントを引き起こします!

古代の賢人は、この宇宙爆発からの光はとても強力であると言います。それは1000年の期間の間、地球の空を照らします!

次のミレニアムの間に、地球を照らすであろう新しい時代のこの神の黄金の光!

2020年12月21日に、私たちの銀河全体が5次元に移行します。これは、水瓶座の新時代、そして6番目の黄金時代としても知られています。この進化の日に、地球はスピリチュアルな目覚めの天の時代に入ります!

セントラル・サンのスピリチュアルな力は、このすべての領域を奥深くポジティブに変えていく。

調和のとれた生活、共有、思いやり、協力、そして自然、創造、愛と共に暮らしたい人々は、精神的なコミュニティと、全く違う新しい文明を形成します。

新しいアクエリアスの時代は、私たちの真の神聖な自己の実現をもたらし、これにより、すべてのことが可能になり、完璧な状態に到達します!

私たちは、新しい黄金時代の輝かしい姿を見るために、地球で何度も何度も転生し、惑星の地球上で非常に長い間、非常に多くのことに耐えてきました!

私たちは厳しい道程だったのにも関わらず希望を維持し、今、地球に立ち、地球に来た素晴らしさを目の当たりにすることができるように、困難を克服してきた。

それは、私達が元来た家(5次元)に帰るチケットだった。

その偉大な時がやっと来たのです。

この偉大なイベントはもうすぐやって来るのです。あと2ヶ月あまりで!

この2020年の偉大なイベントの最終段階に向けて、期待しながら待っていて!

人類に変化をもたらすために地球に来てくれてありがとう。

地球のエネルギー・アップデート

地球に向けての宇宙エネルギーは増加しており、自然の中で裸足で歩く、またはクリスタルなどを利用して、このエネルギーを取り込み、ライト・バディーの形成をしてください。

神速
マイケル・ラブ&プレアデス人より



2020年10月15日木曜日

3次元地球は12月21日に5次元に上昇 銀河系コアにあるセントラル・サンからの光と太陽の爆発

 プレアデス星人からのメッセージを受け取っているマイケル・ラブからの情報。彼の情報はレプティリアン政府の闇側にとって非常に都合の悪い情報。多分、日本語での情報は全く出ていないだろう。ここ1〜2年で殆どのメジャーなライトワーカー達は、金で闇側に買われた。その闇側に買われたライトワーカー達のメッセージはウルサイほど出回っている。それがブロッサム・チャイルドなどの情報だ。しかしマイケル・ラブからの情報は闇側に巧妙に隠されており、Youtubeでも全然出回ってはいない。

私のライト・ワーカーとしての感覚では、彼の情報はかなり正確だと確信している。彼は今年に入り、壮大なソーラー・フラッシュ(太陽大爆発)は今年12月21日とプレアデス星人達から聞いているとメッセージをくれたが、つい最近の彼の情報を見ると、やはりソーラー・フラッシュの予定は予定通りだという。あと2ヶ月だ!

彼のプレアデス人からゲットした情報を日本語にしてお伝えするのは私だけだろう。今日は、空には雲に化けた多くのスペースシップが並んでおり、私が日本語で翻訳するのを待ち構えている様だ。

https://intothelight.news/files/2020-10-03-pleiadian-lightforces-transmission.php

偉大な人々よ

最近の地球同盟からの情報によると、月と地球の間にある宇宙空間でドラコ・レプティリアン軍(米空軍軍アテナ艦隊)が陣取って戦いを挑んでいたが、彼等の全ての艦隊を一掃した。完全なる光の銀河連邦の勝利!

光側の人々だけが、この宇宙での戦いに関して知っていたはずだ。

人類をレプティリアン金奴隷制度から開放するために、闇のエネルギーを浄化した。人類の偉大な進化がこれから始まる。

ここ3週間程、光の銀河連邦は地球に5次元エネルギー・グリッドのプログラミングを殆ど終了した。

闇側はセキュリティー侵害をしようとしたが、光側はそれを妨害した。

人類のアセンション・イベントは間近。そのために光の銀河連邦は人類を人質に取り、地球上に陣取っているレプティリアン軍(米空軍)に攻撃をしかけ、全てのレプティリアン艦隊を一掃した。そして光軍は、地球の空で行われてきた闇軍との戦いに100%勝利を勝ち取った。

地球を巡っての戦いはやっと終わり、歴史上始めて、地球と月の間の宇宙空間は、ドラコ・レプティリアン軍(米空軍アテナ艦隊)から完全に開放された。

この宇宙空間のレプティリアン軍からの開放、そして新しい偉大な宇宙エネルギー(ガンマ線)は、人々を開放し、人々が光エネルギーを感じる事ができるようになったはずだ。そのガンマ線の上昇は、年末のイベントまで続く。

これからも、色々と起きるが、これらは信じられない10月のサブライズ!

このエネルギーの開放は11月の始めの週まで続く。

人類の偉大なアセンションは間近!

過去の全ての情報は、地球意識が5次元になるという荘厳なイベントが起きる事を示唆していた。

これは過去に多くの預言者達が予言していた地球が闇側の支配から開放され、光り輝く黄金時代へと突入するというイベントが起きている。

12月21日は、人類の歴史上、最も忘れられない日となるだろう。

その日の11時11分(ユニバーサル・タイム)に、その水瓶座の黄金時代は始まり、地球は5次元の世界へと移行する。

天体の配置が人類の偉大な時を知らせると共に、天にアセンションのポータルが開く。

12月21日に、その天体の配置により、銀河系の中心にあるセントラル・サンからの黄金時代の光が地球を照らすだろう。

宇宙の門は完全に開き、地球に40ハーツのガンマ線が止まること無く降り注ぐだろう。

12月21日に向けての主な天体イベント

3千年に一度のトリプル・コンジャンクション。地球、冥王星&土星。

夏至に起きた日食

12月の冬至に起きる木星&土星コンジャンクション

これらのユニークで強力なアラインメントがすべて同じ瞬間に発生し、主要な天体のサイクルの終わりと始まりと一致するという事実は、信じられないほど驚異的である。

起こっている一連の壮大な天の出来事は、惑星地球の光の新しい時代の始まりを告げるでしょう!

グレート・ソーラー・フラッシュ

これ以降、重要なポイントですが、今は時間が無いので、次回にします。お楽しみに。待てない人は、Google翻訳でも使って読んでね。


2020年10月12日月曜日

光の銀河連邦のダイレクト・エネルギー兵器が米宇宙軍基地のあるティンダル空軍基地を照射!

光の銀河連邦のダイレクト・エネルギー兵器のレーザー兵器が、 米宇宙軍があるフロリダ州ティンダル空軍基地を照射。このレーザー兵器は宇宙から照射されている。

youtube.com/watch?v=EeyDVtixmuQ&list=UUHE92x768p8h-fMrqhsnE1Q

もちろん、米宇宙軍も米空軍も、全てレプティリアンによって支配されている軍だ。
このレーザー兵器が、一体、どの様にティンダル空軍基地を破壊したのかは分からない。そんな事は、一切、ニュースにはならないからだ。全て秘密情報になり、表には絶対に出てこない。
Dutchsinseは何十年にも渡り、レーダーを観察しているが、ここ最近、レーダーにダイレクト・エネルギー兵器によって、非常な高温に熱せられている場所が毎日、多くの場所に見られるという。この様な現象は、以前には見られなかったと語っている。
つまり光の銀河連邦は、ここ最近、レプティリアン秘密地下基地、軍事基地、そしてレプティリアン居住地に積極的に攻撃を仕掛けているという事だ。
地球はレプティリアン達の最後の砦。その最後の砦が破壊されるのも、もうすぐかもしれない。
そのレーダーに興味がある人々は、こちらがアドレス。https://weather.cod.edu/satrad/
左側のメニューから見たいエリアを選ぶ。ダイレクト・エネルギー兵器による高熱照射を見るには07:Short Wave IRが一番良く見れる。高熱は黒く浮かび上がる。スクロール・ダウンしてプレイボタンを押すのを忘れずに。

レプティリアン政府イルミナティは10月24日にサプライズ・イベントを用意している

ブロッサム・チャイルドのメッセージを聞いている人々も多いと思うが、彼女が言うには、大統領選前には、ある発表があり、そして2回目の厳重なロックダウンが起こると言っている。光の銀河連邦からのメッセージという事になっているが、全く違う。彼女はダークサイドにお金で買われたみたいだ。ここ1〜2年、殆どのライトワーカー達が、ダークサイドに買収された。今、ブロッサム・チャイルドからのメッセージは、ダークサイドからのメッセージと言っていい。

つまり大統領選前に、トランプ政権から、ある発表があり、それで2回目の厳重なロックダウンが始まるというのがレプティリアン達の計画。

https://blossomgoodchild.com/11th-october/

これとマッチする情報を、他のダークサイドのエージェントからも聞いた。それは
10月24日に、ダークサイド(イルミナティ)に、あるサプライズの計画があるという事だ。

彼等の計画は、私の推測によると、「悪党達」の全員逮捕と言いながら、光側の民主党員、そして光の銀河連邦から来たグラウンド・クルー(私も含む)などをラウンド・アップするつもりだ。レプティリアン・トランプの言う「悪党共」とは、もちろん光側の事だ。つまりトランプから「これから悪党共(反レプティリアン派の人々)を全員逮捕する。」というアナウンスがされ、逮捕に簡単な様に厳重なロックダウンが始まるというのが彼等のシナリオだろう。そのシナリオが10月24日に実行されるという計画。

ハッキリ言って、彼等には、もうそんな力は無い。逆に言えば、ダークサイドはそれだけ切羽詰まっていると言って良いだろう。レプティリアンに支配されている米軍基地、宇宙軍基地は、光の銀河連邦のダイレクト・エネルギー兵器で、ドンドン破壊されている。レプティリアン達の家々も、ドンドン焼かれている。カルフォルニア州とオレゴンの2万件近いレプティリアンの家々が焼かれているのを見れば一目瞭然。

レプティリアン・イルミナティ(トランプ政権も含む)が10月24日に彼等のイベントを起こすならば、その前に、光の銀河連邦が自然災害のイベントなどを起こして、レプ達が何もできないようにするだろう。

つまりレプ達が切羽詰まって急げば、この世の終わりのイベントは早まるという事だ。

レプ達のイベント10月24日前に、非常に大きな災害が地球を襲う可能性大。地震、津波、火山大噴火に要注意!