Monday, February 9, 2015

渋谷立てこもり事件は警察の信用回復のための猿芝居



この伊藤博重という愉快犯は、クライシス・アクターだ。あまりにも芝居が愉快なので笑いが止まらない。彼の「伊藤博重」という名前も偽名だ。あくまでも、この猿芝居の中での出演者であり、その芝居の中で「伊藤博重」という立てこもり役を演じているわけだ。

「伊藤博重」役のクライシス・アクターは、警察にベランダから物を投げたり、モデルガンで遊んだりして、相当エンジョイしたらしい。その証拠に笑いが止まらない。

日本政府は、なぜ、こんな芝居をやっているのか?それは、イスラム国日本人人質捏造事件で、「首切り写真は合成ではない」という嘘を警察科学研究所が証言させられて、大恥をかいた名誉挽回としての芝居なのだ。

「警察はカッコいい。スパイダーマンの様にビルの屋上から降りてきて、悪人を退治する。」という芝居を打ったわけだ。

しかし実際には、警察はコインの様に表と裏の顔があり、表の顔では「国民を犯罪から守るヒーロー」といった感じだが、裏の顔では「犯罪組織日本政府のために国民を見張るゲシュタボ」なのだ。わざと捏造事件をクリエイトし、日本政府にとって都合の悪い人々を逮捕する。

彼等の得意技は、若い女性警官にセクシーな服を着させ、ターゲットとなる男の隣に立たせ、ちょっとでも肌が触れれば「痴漢行為」で逮捕する事だ。この戦略に引っかかった有名男性達は多い。

10 comments:

  1. この事件の少し前に
    2008年の秋葉原通り魔事件の被告に
    死刑の判決が下され不自然に思っていました。
    http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/07/post_2fc1.html
    https://www.youtube.com/watch?v=s9hF21bHr_Q
    この事件すらアクターズの作品の一つだったのでしょう。
    秋葉原事件をきっかけに、町の至る場所に監視カメラが取り付けられるようになった記憶があります。
    もう何もかもが嘘だと思ったらテレビなんて買わなくてよかったと思いました。


    ReplyDelete
  2. この事件は信用出来ません。伊藤博文(長門国田布施)に因んでいるのでしょうか。和歌山県紀の川市の小学五年生殺害事件は仕組まれたとしか思えません。本当にソドムとゴモラです。群衆はいつまで下らないニュースに付き合うのでしょうか。

    ブログ復活記念に
    http://ameblo.jp/arisutama7/entry-11986879304.html

    http://ameblo.jp/arisutama7/entry-11987271932.html

    http://ameblo.jp/arisutama7/entry-11987739736.html
    おしまいにこのサイトの鑑定
    をお願いいたします。
    http://www.agasthiya.com/
    http://www1.cnc.jp/love/
    http://yhwh.at.webry.info/

    ReplyDelete
    Replies
    1. 追伸

      先日の警察官交際相手殺害事件は如何でしょうか。

      Delete
    2. This comment has been removed by the author.

      Delete
  3. このニュースを観た時にrealさんのブログにピッタリだと思い書き込もうとして仕事が立て込んできて書き込めなかったのです。この伊藤博重という役者は以前 ジーパン探偵という異名でテレビに何度も人探しをする探偵という形で出ていました。遠い記憶を辿ると確かに顔に見覚えがあります。このニュースは何を意図しているのか私なりに考えたのですが、SITという特殊部隊があることさえ知らない国民に、こういう特殊部隊があるんだというアピールだったと思います。イスラム国のことが戦争への法整備をする為のものであったなら 今回のニュースは日本には こんな凄い特殊部隊があるんだよという国民へのアピール。国民の意識を戦争のほうへ向かわせる意図があるのかなと思いました。色んな書き込みを見ると SITとは何かということから始まりSATと どう違うのかなど皆が特殊部隊に関心を寄せているのが分かります。そういう意味では成功しましたが ただSITって凄い、こんな特殊部隊が日本にもあるんだね~これなら攻められてきても大丈夫という印象まで持たせるまでいったかどうかは多分 そういう意味では失敗だったと思いますね。私からみても モタモタした印象で これが本物の銃撃戦だったら心もとないなって感じたくらいですから。

    ReplyDelete
  4. モデルガンで名演技!かっこいい役者さんですね!

    ReplyDelete
  5. 女性警官が被害女性役とした事件にはNHKの正義感の森本健成アナウンサーが痴漢として嵌められた事件があります。NHKスペシャル・原発事故調・最終報告という番組で原発村に睨まれたためにやられたのは周知の事実です。その証拠にNHKは見られるはずのアーカイブスから削除してます。見られて困るんでしょうね。でも中国のサイトでは見れるんですよ。私は毎夕、森本アナを見ていたので痴漢するなどあり得ないと初めから思ってたけどやはり圧力がかけられたんだと非常に腹がたちました。NHKは終わっているなと。正義感の強い人は他に堀潤アナもいたけどやはり反原発発言でビズスポーツから今日の料理への嫌がらせ左遷とか。

    ReplyDelete
  6. どうか日本の国民のみなさんが、この変化に気付いてくれますように。
    本当に最近おかしいよ…。

    ReplyDelete
  7. 今日はこんなニュースを見かけました。
    これも警察の信頼回復の為の作品の一つのように感じました。

    >>東京都八王子市大和田町4の「スーパーナンペイ大和田店」事務所で1995年7月、女性3人が射殺された事件で、被害者の女子高校生2人が縛られた粘着テープから指紋の一部が採取され、約10年前に60代で病死した日本人の男の指紋とほぼ一致していたことが警視庁への取材で分かった。同庁八王子署捜査本部は、この男が実行犯の可能性もあるとみて、銃の入手が可能だったかなどを調べている。拳銃を使った残忍な手口で世間を震撼(しんかん)させた凶悪事件は、発生から約20年を経て大きく動き出す可能性が出てきた。


     同庁幹部によると、被害者の都立館高2年、前田寛美さん(当時16歳)と桜美林高2年、矢吹恵さん(同17歳)は粘着テープで口をふさがれ、2人一緒に手を縛られていた。


     警視庁は最近になって、このテープに残っていた指紋について特殊な液体や剥離剤を使ってはがし、採取することに成功した。この指紋を1000万人以上とされる指紋データベースと照合した結果、事件当時、東京都の多摩地域に住み、約10年前に死亡した男の指紋とほぼ一致していたことが分かった。


     指紋は被害者やこれまで捜査に当たったすべての捜査員のものとも一致しておらず、犯人が女子高生2人を縛った際に付着した可能性があるという。指紋は鑑定する12点が全て一致すると同一人物と判断される。粘着テープから検出されたのはうち8点で、8点について男の指紋と一致したという。【松本惇】


     【ことば】八王子スーパー強盗殺人事件


     1995年7月30日午後9時15分ごろ、東京都八王子市大和田町4の「スーパーナンペイ大和田店」2階事務所で、パート従業員の稲垣則子さん(当時47歳)、いずれもアルバイトで高校2年の矢吹恵さん(同17歳)、前田寛美さん(同16歳)の計3人が頭を拳銃で撃たれて殺害された。事務所の金庫にも弾痕があったが、中にあった現金約500万円は残されたままだった。

    mixiではこのニュースに対しての見解は
    「警察には頭が下がる」と言ったコメントがありました。
    こうして巧みに騙されて行くんだと思います。

    ReplyDelete
  8. 不起訴になった模様です。
    ねつ造事件だから
    犯人なんていないから
    こんな風に言ってるんでしょうか?


    東京・渋谷のマンション立てこもり事件で、公務執行妨害の疑いで逮捕された男(47)について、東京地検は25日、不起訴処分にした。精神鑑定の結果、刑事責任を問えないと判断した。


     男は今月7日、東京都渋谷区神南のマンション14階のベランダから捜査員にバケツを投げ付けるなどしたとして、警視庁に逮捕された。 

    ReplyDelete