Monday, February 23, 2015

イギリスの人喰い爬虫類人達のリストがネットに

イギリスの悪魔崇拝者の個人情報がアノニマスによって公開されました。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51952315.html

アノニマスとベテランズ・トゥデーが手を組んで、イギリス(のちにはアメリカ)の悪魔崇拝カルト教徒(国会議員、その他)の個人情報をリークしました。イギリスでは小児性愛犯罪が大きな問題になっています。主要メディアも取り上げざるを得なくなりましたが、小児性愛者は単に子供たちと性行為をする人々としか伝えておらず、彼らが悪魔崇拝者であり、子供たちに性的虐待、拷問、殺害、生贄、人食いなどを行っていることは一切伝えません。ベテランズ・トゥデーのウェブサイトにイギリスの悪魔崇拝者の個人情報が公開されました。情報量が多すぎるため、ここではご紹介できませんので詳細はベテランズ・トゥデーのサイトをご覧ください。

さらに驚いたことは、イギリスの一般の学校(主に小学校)でも児童に対する性的虐待、殺害、生贄、人食いが行われていたのです。しかもロンドン北部のハムステッドです。。。このエリアは裕福な人たちが住んでいる高級住宅街であり、とても広々とした美しい公園もあります。昔は日本人駐在員の家族もたくさん住んでいました。

そのようなエリアにある学校で児童に対して残虐でむごたらしいことが行われていたとは。。。
それにしても、このような世界最悪の犯罪を行っている悪魔たちはイギリスやアメリカだけでなく世界中に生息していると思いますから、彼らを全員白日の下にさらすべきです。(レプティリアン)

アノニマスは支配者側といよいよ本格的な戦いを始めたようです。ベテランズ・トゥデーも様々なすごい極秘情報を暴露しています。

CIA本部が黄色いテープで封鎖されていた件について、スペインの学生による平和的なデモから本部を守るためとの説明もありましたが、ある情報ではCIA職員が逮捕されているとも言われています。
何か大きなことが起きているような気がしてなりません。

ベテランズ・トィデーはアノニマスから世界を震撼させる重大な情報を入手しました。
アノニマスは、史上初めて、児童買春、性的虐待、拷問、乳幼児や児童の生贄を行ってきたイギリスの悪魔崇拝カルト教徒の個人情報をベテランズ・トゥデーに伝えました。名指しされた悪魔崇拝者らは、時には、乳幼児や児童を殺害した後に死体を料理し食べていました。

ベテランズ・トゥデーはアノニマスから入手した個人情報を早速、彼らのウェブサイト(毎月5000万人に読まれているサイトです。)載せています。
詳しくはこちらから:
http://www.veteranstoday.com/2015/02/22/anonymous-leaks-satanic-cult-member-names-places-phone-s/

アノニマスより、メッセージ。
世界のみなさん、我々はアノニマスです。
世界中の主要メディアが一切報道しない世界最大の情報を公開します。
英メディアは、この事件を小児性愛者のセックススキャンダルと報道していますが、セックススキャンダルで片づけられるような事件ではありません。何しろ、子供たちの遺体が半分に切断された状態で見つかっているのですから。

彼らによるセックススキャンダルとは、北アイルランドの対抗馬の議員を脅迫するために拷問を行ったりもします。
イギリスでは1977年~1983年の間に、報告されただけでも、200人の少年が行方不明になっています。 この背後には、英警察が触れることができない、イギリスのメディア、政治家、諜報部員が絡んだ巨大な犯罪組織の存在があります。さらに彼らは巨大な犯罪網を持っており、世界中でこのような犯罪を行っています。
イギリスの人々に伝えたい。あなた方はイギリスの支配層の餌にされているのです。

これは単なる性行為ではありません。彼らは他人の苦痛を餌として食べています。彼らは戦争と破壊行為を繰り返しています。彼らはリクリエーションの一環として子供たちを拷問し、殺害しています。彼らは子供たちを愛していません。彼らは死を餌にして食べる奴らです。このような犯罪を繰り返しているのはイギリスの支配層だけではありません。世界中で同じようなことが行われています。死を餌にして食べている奴らは世界中にネットワークがあります。人身売買は最大の犯罪ビジネスです。(日本でもやっているよ。安倍とか麻生、その他の国会議員、そして経済界やら芸能界やら)

アノニマスより、メッセージ。
世界のみなさん、我々はアノニマスです。
世界中の主要メディアが一切報道しない世界最大の情報を公開します。
英メディアは、この事件を小児性愛者のセックススキャンダルと報道していますが、セックススキャンダルで片づけられるような事件ではありません。何しろ、子供たちの遺体が半分に切断された状態で見つかっているのですから。
彼らによるセックススキャンダルとは、北アイルランドの対抗馬の議員を脅迫するために拷問を行ったりもします。
イギリスでは1977年~1983年の間に、報告されただけでも、200人の少年が行方不明になっています。 この背後には、英警察が触れることができない、イギリスのメディア、政治家、諜報部員が絡んだ巨大な犯罪組織の存在があります。
さらに彼らは巨大な犯罪網を持っており、世界中でこのような犯罪を行っています。
イギリスの人々に伝えたい。あなた方はイギリスの支配層の餌にされているのです。
彼らはあなた方が知っている彼らとは違います。イギリスもアフリカのガボンと同様に我が子を拷問し殺害しバラバラに切断している政治家がいるのです。
ガボンとは違い、イギリスのメディアは、小児性愛者が伝える情報(子供たちを愛する人々に理解を示すべきだという意図)しか流しません。彼らは子供たちとの性行為のみを伝えています。世界を支配する連中はあなた方の思考力も支配しています。
これは単なる性行為ではありません。彼らは他人の苦痛を餌として食べています。彼らは戦争と破壊行為を繰り返しています。彼らはリクリエーションの一環として子供たちを拷問し、殺害しています。彼らは子供たちを愛していません。彼らは死を餌にして食べる奴らです。このような犯罪を繰り返しているのはイギリスの支配層だけではありません。世界中で同じようなことが行われています。死を餌にして食べている奴らは世界中にネットワークがあります。人身売買は最大の犯罪ビジネスです。

抵抗は存在である。
我々はアノニマスだ。
我々はどこにでもいる。
我々は軍団である。
我々はお前たちに家を奪われた者たちだ。
我々はお前たちに殺害された者たちだ。
我々はこれ以上黙ってはいない。
世界は変わる。我々が世界を変える。世界の圧政者たちよ。
待っていろ。
・・・・悪魔崇拝カルト教徒らは、大勢の児童に対し、性的虐待、悪魔崇拝儀式での性的虐待、生贄、大量虐殺、生血を飲むなどの行為を行ってきました。

主にロンドンのハムステッドにあるクライストチャーチ学校(住所:100028. Christ Church Hill London NW3 1JH、電話番号:020 7435 1361)でこのようなことが行われていました。
さらに、次の学校でも同様の犯罪が行われていました・・・ハイゲート学校、ヒースサイド学校、フィッツジョン小学校、ペロチオ学校、ニューエンド学校、ノースブリッジ学校、デボンシャーハウス学校、その他。
これらの学校の職員、生徒の保護者、司祭、その他、が児童らと性交渉を行い、女子児童のお尻には大きなプラスティック製のペニスを差し込み性的虐待を行いました。さらに大人たちは児童にオーラルセックスを強要しました。
乳児は悪魔儀式のために定期的に提供され、乳児はネズミ取りに挟められたり、床の上に落とされれる(出血する)などの虐待、拷問を受け、その後、殺害されます。また、乳児に睡眠薬を注射した後に乳児の喉を切り、切り口から流れる生血を飲みます。その後、乳児の身体をオーブンで焼いたり、油で揚げたりして食べます。料理された乳児の肉は悪魔崇拝カルト教のリーダー(Mr.ディアマン)、教師ら、20人の特別に選ばれた子供たち、児童の保護者らによって食されます。
乳児の性的虐待と生贄儀式は火曜日、水曜日(重要なセックスの日)、木曜日に行われます。

ある児童は、少なくとも60人~70人の人々に性的虐待を受けています。性的虐待の加害者の中には特別に選ばれた20人の子供たちも含まれます。子供たちはお互いに性的虐待を行うように教え込まれています。
子供が毎週水曜日に具合が悪いと言って、学校に行きたがらなかった理由がこれで分かったと保護者が語っています。 

以前の私のブログには、こういった類の記事がたくさんありましたが、残念ながらすべて消されてしまいました。


ダイアナ妃が彼女のカウンセラーに語った内容は、イギリス王家の食人習慣だった。チャールズ皇太子や、その兄弟達は、十代の2人の男の子の肉や内臓を誰が食べるかをめぐって、猛獣の様に子供達の体を貪っていたという。エリザベス女王も、一見、上品なお婆さんに見えるが、レプティリアンにシェイプシフトした後は、獰猛になるという。

実際に、ダイアナ妃との結婚前に、チャールズとカミラは男の子をもうけたが、ダイアナ妃との結婚がせまっていたために、その赤ちゃんをイギリス王室の家族と一緒に食べてしまったという。

ニコル・キッドマンのお父さんも悪魔組織に属しており、オーストラリアの広大な牧場に何十人もの子供達を放し、その子供達を馬やジープで狩に出かけたという記事も以前に載せた。

Image result for nicole kidman and father

日本でも早く、安倍、麻生、石原みたいな悪魔主義者のリストを公表して、刑務所の中にブチ込んでほしいものです。

★フリーメーソンの拷問殺し 水責め編 グロ注意


ロープで足を縛り、死体が流れない様にしている。ロープをつけて海に投げた時には、まだ生きていた。これがフリーメーソンの拷問 水責め。人々が水に溺れるのを見てサディストの爬虫類人達は喜ぶ。そして爬虫類エイリアンと悪霊からパワーを貰う。




家の近辺だけでも、こんなにたくさんのメイソニック・ロッジ(フリーメーソン悪魔教の一種の教会)がある。

よろしかったら、こちらの本もどうぞ。

上記のフリーメイソンとサイエントロジーの
 CHILD Sacrifice (子供をLucifer = サタン = 悪魔 への生贄とすることの方法のビデオを見つけましたので、日本語で簡単な要約をさせて頂きます。
(サイエントロジー=幸福の科学)←このビデオは残念ながら消されてしまいました。

フリーメイソンとサイエントロジーは、悪魔崇拝が基本です。サタンからパワー(地位や権力)をもらうために、Witchcraft (妖術を行います。それが子供の悪魔への生贄です。
そのために、自分の子供や誘拐してきた子供を監禁し、何回もsodomize AナルSEックスを行います。フリーメイソンとサイエントロジーは、子供が痛がれば痛がる程、サタンからパワーがもらえると信じています。

@1:04 フ リーメイソンロッジとサイエントロジーでは塩酸入りの洗面器があり、その子供の顔を生きたまま塩酸でごしごしこすり、顔が完全に溶けて頭蓋骨顔になるまで 続けます。で、まだ生きているその頭蓋骨顔の子供を、監禁されている他の子供達と一緒にします。想像できますでしょうか他の子供達が死ぬ程の恐怖におののく場面を。最悪の 心理的拷問です。




@1:58 フリーメイソンロッジとサイエントロジーは、ganglion 傷 口 化膿 腫れと蛆虫拷問が好きです。彼らは子供の足を切り裂き、裸で台の上に縛り付け、長い間放っておきます。子供の足の切り裂き傷は、子供のウンチやオシッコで まみれ、傷口化膿 腫れと蛆虫が湧いてきます。そして、傷口 化膿 腫れと蛆虫が子供の陰部と足を食べ始めます。この拷問は時には一ヶ月続きます。(その子供が死ぬまで続けます。その間、何千人ものサタニストがやって来て、その苦しみ悶えて泣いて 「助けてえー」と叫んでいる子供を満足げに見て、サタンからパワー(地位や権力)をもらいます。

@2:42 フリーメイソンロッジとサイエントロジーの大好きな拷問は、悪魔儀式で子供を生きたままキャンプファイヤーの火で焼きます。そして、灼かれている子供の顔に氷水をかけます。なるべく子供の命を長くもたせて、拷問と苦悶の痛さをできるだけ長くします。彼らはこの拷問を「The Beast 獣 」と呼んでいます。

@3:13 もう一つのフリーメイソンロッジとサイエントロジーの大好きな拷問は、子供を何回も無慈悲にも sodomize AナルSEックスをしたあと、足を180度開かせBBQグリルの上で焼きます。

サイエントロジーは、ハリウッド映画産業を牛耳っており、25年間、誰もサイエントロジー抜きで映画を作っていません。すべてのテレビ放送は、最も邪悪なサタニスト達によって作られています。

@5:39 フリーメイソンロッジとサイエントロジー = イルミナティのシンボルAll Seeing Eye (万物を見渡すホラス(Horus)の目。悪魔儀式で子供が死ぬ前に、その子供の片目をえぐり取り、サタニストに、その目を顔や頭や陰部などに手術でインプラントすることもあります(多分、皮膚の下)
もちろん安倍総理大臣にも、えぐり取られた子供の片目が体のどこかに、インプラントされているはずです。

20 comments:

  1.  ホログラムを取るのではなく、この情報を公開する作戦だったんですね。凄い〜。日本でも、三月中に発表してもらいたいですね。

    ReplyDelete
  2. 読んでいるだけで吐き気がします。
    無惨にも亡くなった子供たちにどんなカルマがあったとしても、こんな酷いカルマの清算での償いにどんな意味があるのでしょう?
    カルマとは関係なく被害に遭う子供たちを救うことも本当にできなかったのでしょうか?
    生命の進化の為にカルマが必要と説く高次の存在がいるなら、私は反対です。その存在は愛で満たされた存在でなくてはならず、あまりにも冷酷に感じますので。
    サルーサの言う「中東でのカルマ清算」にもどこか違和感があります。傷つく人たちをニュースで見るたびに心が痛みます。

    ReplyDelete
  3. 信じるとか信じないとかの問題ではなく事実として認識しなければいけない時が来た様ですね。レプティリアンの存在によって我々ヒューマノイドのルーツも明らかになると云う事ですね。よって銀河連邦によるレプティリアン掃討作戦に期待しましょう。

    ReplyDelete
  4. ダイアナ妃はなぜイギリス皇室へ嫁いだのでしょう。
    レプの存在を世間に知らせる重要なお役目があったのでしょうか。
    もしそうだとしたらあまりにも重いお役目でしたね。

    ReplyDelete
  5. ‘’アノニマス仮面”の男らマクドナルド強盗http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150223-00000043-nnn-soci
    この事件も捏造かもしれませんね。
    稚拙な模倣犯が楽しいおいしいマクドナルドに何て事を!本物のアノニマスも大した事ないんじゃね?的な、アノニマスの印象を悪くしようとする情報操作に思いました。

    ReplyDelete
  6. イギリス
    シェイプシフトしながらパパがベビーを殺して食べたと語る爬虫類人の子供たち
    http://m.youtube.com/watch?v=eq7kFWvFzXM

    ReplyDelete
  7. そういえば気になるニュースがありました。

    「自衛艦隊司令部に、2月17日からイギリス海軍の中佐が、連絡官として配置されることになりました。
    この中佐は、これまでアメリカ第7艦隊の連絡官として派遣されていましたが、17日からは、自衛艦隊司令部との連絡調整や情報交換にも当たることになります。
    今回の連絡官の配置は、去年5月の日英首脳会談で、安倍総理大臣とキャメロン首相が、安全保障の分野での協力拡大で合意したことを受けたもので、自衛隊がアメリカ軍以外から国内の基地に連絡官を受け入れるのは初めてです。」

     自衛隊は英国のこのような内情は知っているのでしょうか…。早くこのような輩達が更生して欲しいものです。っと、そうすると彼らは生きていられなくなるのでしょうか!?

     昨夜は心配そうにクロノス=サトゥルヌスが現れたり、NASAが宇宙空間から人口削減を狙っているのを感じましたが、CIAは処分があっても、NASAは表立ってはアジェンダの阻止はされていないのでしょうか…?

    ReplyDelete
  8.  アメリカのリアルさん、日本の首都圏は日照量が少ないです。冬の快晴が一日あると、飛行機雲がたくさん空でお絵描きして、次の日から2日位は雨か曇りです。お金がない割には、飛行機雲が多いです。相手さんは、お日様の光は覚醒を促進しますから、それが怖いんだと思います。洗濯物が困ります。
     マシューさんでなくサルーサさんからメッセージが来ました。私が「銀河連邦は積極的に我々を救ってくれる存在ではない気もする。」と書いた事への返事です。

     “私たちは人間個人のカルマには不介入が原理原則です。それが積極的に助けていないと見られるゆえんです。"

    サルーサさんから言われたので、ちょいとびっくりしましたが、いつもサルーサさんやマシューさんが再三再四メッセージで伝えてくる事ですね。

     次のメッセージは誰からのものか分りません。

     "ライトワーカーと覚醒者の線引きは、負のカルマの所有量です。溺れている人を救うのに、投げなくてはいけないのはウキワです。イカリの様な重りを投げても、溺れている人は死んでしまうだけですよね。ライトワーカーは清算すべき悪いカルマがほとんどなく、良いカルマを積んでいるウキワの様な人達です。覚醒者はまだ清算すべきカルマが残っており、自分の課題に取り組まねばならない人です。
     個人個人にはガイドスピリットがいるので、個人的なカルマの清算に対する救済は、そちらに相談してみて下さい。”
    きっと私の事ですね。"あなたは、あとちょっと清算すべきカルマがあるよ。
    "とガイドスピリットから来ているのでしょうかね。きっと月曜日に「まだやる事あるの〜。」なんて、このサイトで悪態をついたからですね、すみません。

    ReplyDelete
    Replies
    1. まじめちゃんさん、良い情報ありがとうございました。
      以前はカルマという言葉を聞くだけで嫌な気持ちになっていたし、怒りもありました。「あの可哀想な人たちは一体どんな罪を犯したって言うの!?前世のカルマとかばかじゃないの!!ふざけないでよ!!!」なんてずっと思っていました。
      でも、自分や他人の人生で起こることを冷静になってよく観察してみると、やはりどうしてもカルマとか原因と結果の法則というものを無視できないと思うようになりました。

      ヴィンセント・ギリェムさんの『魂の法則』にこんなことが書いてありました。
       「今生はこれまでの連載ものの続編で、ふさわしい結末であると考えられれば、不公平に思えた事柄を次第に理解できるだろう。各人の今生の環境の違いは宿命の産物に思えるが、実は、これまでの前世に起因するのだ。
       宇宙的な因果の法則があり、魂は与えたものと同じものを受け取る。魂は自らが創り出した状況に立ち向かってそれらを解決しない限り前進できず幸せになれないので、人生で直面する逆境の多くは、前世で自分が作り出した原因の帰結なのだ。行為の一つ一つがそれぞれの結果をもたらし、遅かれ早かれそれらが自分に影響することを知らねばならない。他者にすることは、私たち自身にもすることになるのだ。
       各人がそれぞれの行為と向き合うことになるというのが霊的裁きの基本であり、自分の行為の結果を経験した後で、それを修正するかを決めるのは本人だ」

      と。
      これからは、自分の課題にしっかりと向き合いつつ、今生でもう余計なカルマを作らないようにしていこうと思います。ガイドスピリットにも相談します☆こちらが求めれば、サポートしてくれますよね?

      Delete
    2.  ガイドスピリットは善の存在ですから、きっとan mitsuさんをサポートして下さると思います。特に自分の課題にしっかりと取り組んでいる時には、ガイドさんの存在を肌で感じる事もあるかもしれないです。an mitsuさんはきっと夢か何かで会った事はあるのでしょう。
       私も余計なカルマを作らないように心がけないといけないですよ。耳が痛いです。もう悪態はつきませんとガイドさんに謝っている最中です。

      Delete
    3. 夢でガイドと会ったというのは分かる気がします。

      つい最近、リアルさんと他数名の方と自転車で自宅近くの坂を降りてるという訳分からない夢を見ました。リアルさんや他の方の顔とかぼやけてるのですが、夢の中の私はちゃんと分かってるんです。
      で、その夢の中でリアルさんが「最近宇宙からこんなメッセージが届いた」と、突然人格が変わったような感じで宇宙語を話し出したんです。私は何故かその宇宙語を理解できて、内容に感銘を受けていました。
      今となっては何を聞いたのか全く覚えてないのですが。。。
      でももしかすると、夢というアストラルな世界で、「宇宙への旅立ち」ブログに集う仲間たちとも会ってるのかも知れないななんて思いました(オフ会・・・笑)。
      あの日の夢の中にまじめちゃんさんもいたのかも知れないなぁなんて思ったらちょっと嬉しくなりました♪

      Delete
    4. an mitsuさん♡
      an mitsuさんから引用
      夢というアストラルな世界で、「宇宙への旅立ち」ブログに集う仲間たちとも会ってるのかも知れないななんて思いました(オフ会・・・笑)。
      引用終わり
       私もこのブログに出会った頃に、マンションの一室でこのブログの人達と顔合わせ会をした夢をみました。リアルさんの顔はぼやけていましたし、一番遠い席に座っていましたが、目の前の方は私より若い男の人でした。同じですね。

      Delete
    5. あ、まじめちゃんもそうでしたか!
      ただの夢ではなく、やっぱりあっちで皆さんと会ってるのですね(‐^▽^‐)
      嬉しいです♪

      Delete
  9. どうしたらガイドとか交信できるんですか?
    私はちっともわからない・・

    ReplyDelete
    Replies
    1. ガイドからのアドバイスが直感として感じられるそうです。マスコミや世間の常識、学校で習った事などに従わずに、自分の直感を信頼した方が良いそうです。

      Delete
  10. これはすごいことですね。興奮しました。
    残念ながら、日本のマスコミは全然報道してませんが。自分でグーグル翻訳して、フェイスブックとかスーに載せるつもりです。

    ReplyDelete
  11. 草木さんへ

    Replyをクリックしても、なぜか返答欄が開かなかったので、ここに書きますが、あのリストを見た時に、「な~んだ、大した人達じゃないじゃん。もっと大物がリストにあるかと思った」と残念に思いました。もっと大物のリストをジャンジャン並べてほしいですよね。なんかちょっとしたガス抜き的なものだったという感じです。

    アノニマスのネット会議とかを、チラッと覗いた事があります。そしたら「Truther Girls」のソニアが議長的なものを、もう一人の青年とやっていて、私に「本名は控えたほうがいいわよ」とアドバイスしてくれました。その時は夜の11時頃で、異常に盛り下がっていましたね。参加者は私とあと2~3人という感じでした。ソニア自身もユダヤ人だと告白していました。ユダヤ人でも爬虫類組織に反発している人々が居るという事ですかね。

    ReplyDelete
  12. リアルさん、ありがとうございます。
    確かに大物も上げてほしいです。近所の人たちが手先だなんて怖いので、告発してくれてイギリスの人達はよかったですね。
    フェイスブック、スーにアップするのやめますね笑 日本ではピンとこないですもんね。
    アノニマスのネット会議というのがあるんですね。英語できるといいですねー。ベテランズトゥデーとかも自分で読んでみたいです。グーグル翻訳、変なんですよ。
    デヴィッド・アイクの本で読んだと思うのですが、ユダヤ人の歴史って複雑で、爬虫類人たちとユダヤ人は微妙に違うとか。忘れましたけど。また読んで何かのときにコメントさせてください。返答欄が開かなかったんですか。実はこういったパソコンに滅法弱くて、ここにコメントするのにもかなり時間かかったんです。
    コンピューターに詳しい人に聞いて、返答欄が開けるようにしておきます。
    ありがとうございます。大変だと思いますが、いつも応援しています。

    ReplyDelete
  13. 皆様へ、朗報?です。
    この動画のコピーを私が保存しておりkました。
    配信元がアカウント削除されたものですが、
    私が日本語字幕版を制作しようとし、ダウンロードして
    おいたものです。

    内容が危険な内容だけに、(期間)限定公開します。
    レプリアルさんのブログ読者の方は、各自パソコンに
    ダウンロードしておいて下さい。


    メリンダはシアトルの魔女
    https://youtu.be/EH05n2tHgPY

    サイエントロジー(子供への拷問)
    https://youtu.be/n0kBf1e1usE

    ReplyDelete