Friday, February 20, 2015

悪魔の集う爬虫類人の町 ドバイの高層ビル火災



タワーインフェルノ in 爬虫類組織の高層ビル


下のビデオは中国での高層ビル火災。ビデオの104でピラミッド型UFOが登場するそうです。このUFOが火付け役の犯人か?ピラミッド型のUFOは米軍所有のUFO


こちらはロシアのチェチェンでの高級ホテルのタワーインフェルノ。こういったビル火災も、一種の戦争の一部として行われている可能性が高いですね。


こちらは北京でのCCTV(中国のテレビ局)の高層ビル火災。


10 comments:

  1. この頃、よく燃えますねwww
    今から20数年以上も昔から、崇教○光と言う教団では
    1999年および2012年に火の洗礼があると信者に啓示を伝えてました。
    そこでは、天照大御神は月の神様で邪神、正しいのはㇲの神様=国之常立神だ!と教えていました。
    そんなこと言ってもどちらも邪神のレプティリアンですけどね。
    その教団では「1990年代末期や2012年に向けて、魂が清まっていないところで、自然災害・飛行機事故・火事などがどんどん起きるから、清まるために教線拡大をしなさい。ご奉納しなさい」と言っていました。
    しかしネットの普及とともに嘘がばれ始めて、信者数は確実に減ってきています。
    医療拒否など良い事も教えてくれても「教団に入って信者を増やさないと、神様の振るいにかけられて不慮の死を遂げる」と教えられていました。

    今思うと、教団の末端の信者よりも爬虫類の特権階級の皆様の方が
    不慮の死を遂げているように思います。
    嘘から出たまことってこういう事を言うんでしょうか?                                                                                                                                                                                                                                                                                             

    ReplyDelete
    Replies
    1. エホバの証人でも、嘘がどんどんバレてきていて、信者が減ってきているみたいですね。爬虫類組織のクリエイトした宗教は、創価学会も含めて消滅の道を辿るでしょう。

      Delete
    2. 私が生きているうちに諸本のカルト教が消滅して欲しいと心底、願っております。今日は「違う意味であたなは危険だから気をつけないと」というジジイがいましたが「私は一度も危険な目に遭ったことはありません」と断言してやりました。脅迫すれば萎縮して抗議するのを止めるとでも思っているのでしょう。私は守られている そう常に思います。皆さんも守られている人は脅迫してくる輩の口車に乗らないで突っぱねましょう。

      Delete
  2. ドバイ、旅行で行ってみたいと思っていたけど、爬虫類の町だったんですね・・
    今回の火災は銀河連邦は関係しているのですか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. そうかもしれませんね。極悪の爬虫類人達の豪勢な家が火事になったり、彼等の秘密地下基地があるオフィスタワーや高層ホテルが火事になったり、やはり爬虫類組織一掃の一部と考えていいでしょうね。そういった時には、あまりニュースで騒がれなかったりしますよ。

      Delete
  3. 現代版バベルの塔の崩壊でしょうか…

    日本のバベルの塔、安倍軍事政権も高齢化と痴呆症でいつ崩壊するかわかりませんが。。

    70歳過ぎがウヨウヨ…自民党ロートル全員当選の歪んだ事情
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155820
    「町村信孝(70=12選)、衛藤征士郎(73=11選)、額賀福志郎(70=11選)、丹羽雄哉(70=12選)、金子一義(71=10選)、麻生太郎(74=12選)、伊吹文明(76=11選)、二階俊博(75=11選)、河村建夫(72=9選)、高村正彦(72=12選)、大島理森(68=11選)、野田毅(73=15選)、保岡興治(75=13選)、谷垣禎一(69=12選)、川崎二郎(67=11選)……。

     今回ほとんど無風状態で当選した派閥のドンや長老はざっとこんな感じだが、もう顔も見飽きたというか、惰性で出馬したとしか思えない連中がウヨウヨいる。

    「丹羽氏は『これが最後』と泣き落として前回返り咲いたのに、まさかの再出馬。金子氏は前回任期中の2年間に国会質問ゼロといった具合です。議員バッジにしがみついているだけの連中ですが、その最たるものが、自民党内で最多当選回数の野田氏でしょう。もともと消費増税延期に反対していたのに、公認欲しさに容認に転じた。それもこれも大臣になって最後の花道を飾りたいからです」(永田町関係者)」


    政府広報予算83億円に メディアが食らう“毒まんじゅう”
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/157416/1

    「安倍政権以前の過去20年をさかのぼっても、政府広報予算が前年度から10億円以上も増えたことは一度もない。安倍首相とメディア幹部との頻繁な会食やグリーン歓談が問題視される中、政府広報予算の倍増はロコツなメディア懐柔策としか思えないのだ。

    「メディアに我々の税金を使って“毒まんじゅう”を食わせているようなものですよ。国民には財政規律を訴え、消費増税を押し付けながら、なぜメディア対策費を増やす必要があるのか。民間企業が経営悪化すれば真っ先に削るのは広報・宣伝費でしょう。カネで言論を買うような政権の姿勢に抗議し、“政府広報は一切、拒否する”というメディアが現れてしかるべきなのに、どの社も唯々諾々と広報予算を受け取っているわけです。大メディアがカネの力で政権批判を控えているのなら、権力のチェック機能を放棄したも同然です」(元NHK政治部記者で評論家の川崎泰資氏)」


    ReplyDelete
    Replies
    1. 政治家という地位も、父子代々と継がれ、私物化しているという事です。ジジイ達が死んでも、その子供達や孫達が継いで行く。爬虫類人の世界というものは、「俺ら(爬虫類人)が主役」で人間奴隷達の出番はないという事でしょう。

      Delete
  4.  これは私個人の感覚なのかも知れませんが、今の時代はレプさんを始め、ネットなどでもある程度暴露して下さる方がいるため、戦時中のような暗さは続かないと思います。彼らも動けば動くほど、自らが抱える矛盾にスポットライトが当たる結果となっていますし、この環境に2世、3世が出てきたら見物だと思っています。案ずるより産むが易しで、行動していきます♪

    ReplyDelete
  5. 貴方とこのブログに感謝します(*´∀`)ノ 最高です 素晴らしい perfect

    ReplyDelete
  6. ドバイは東電のあれが逃げましたね 悪党はすべて裁かれ地獄いきです(*´∀`)ノやったね たのしみにしてください

    ReplyDelete