Friday, October 28, 2016

パスポート料金高過ぎ!人間家畜達が自由に国外に出れない様にするための政策



国外に出るのに、やたらとパスポートやらビザ申請やら、やたらと複雑で出費が多過ぎ!

私のブログで何回も述べているが、国や国境は、人間家畜達が自由に出入りできない様にするため。爬虫類組織が簡単に人間家畜達を管理するための柵(フェンス)。

特に日本みたいな奴隷国にとって、人間家畜達に海外に行かれ「他の国の方が住みやすい」などと思われ、多くの家畜達が奴隷国から脱出するのを大変、恐れている。

日本は奴隷国の典型であり、賃金安、長時間労働、物価高、税金高などの爬虫類政策を取っている。すべて日本に居る人間家畜達から、できるだけ搾り取ろうという爬虫類政策だ。日本のラッシュ・アワー、そして長時間通勤は、海外では見られない現象だ。こちら米国では、場所にもよるが、平均して通勤時間は車で40分以内というのがほとんどだ。日本の様に、満員の快速電車に1時間以上乗り、そして地下鉄で20分も乗るなんていうのは無い。

しかも、その交通費が高い!そう、それだけ爬虫類組織に、あなたは搾り取られているのだ。もうこれ以上、搾り取れない状態でも、消費税増額などと言って、「乾いたタオルからでも搾り取る」という冷血非道の爬虫類政策だ。

この爬虫類社会が終焉を迎えると、人々は国境を越え、好きな場所で働き、住む事ができる。大体にして、NESARAで働く必要は無くなるが、社会で何かの役に立ちたいという形で働く人々は、もちろん居るだろう。

最終的には、国や国境が無くなり、すべての人々は地球人として平和に住む事になるだろう。あなたの近所には、色々な肌の人々が、まったく違和感を持たずに、一緒に住む事になるだろう。そしてお互いに助け合い、平和なコミュニティーを形成する。その社会には競争、嫉妬、などは存在しない。存在するのは「愛」のみだ。

4 comments:

  1. ほんとですよね。
    だから、日本に生まれたのもきっといろんな意味があると思います。

    ReplyDelete
  2. 毎日満員の電車に乗りながら、これって奴隷運搬列車だよな〜て思います。アウシュビッツへユダヤ人を送る運搬列車が、イメージに浮かびます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 毎日満員=奴隷運搬列車=アウシュビッツへユダヤ人を送る運搬列車

      イメージがピッタリですね(笑)。

      Delete

  3. なるほど( ̄ー ̄)パスポートには 其の様な意味合いも含まれていたんですね。。。
    昔はビザ申請が大変でした。。。
    縄張り・柵が無くなる事こそが自由ですよね。
    奴隷も もう嫌だ‼︎(笑)but.働かなくちゃ生活出来ないし。。。
    考えるだけで 波動が下がります(笑)。。。

    ReplyDelete