Thursday, December 22, 2016

新潟糸魚川市爬虫類人居住地大火 光の銀河連邦に焼かれる



新潟県糸魚川市の爬虫類人居住地が、光の銀河連邦によって燃やされた。光の銀河連邦による攻撃と、普通の大火事の違いは、悪徳爬虫類人達の家々は相当の高温度で焼かれ、その隣に立つ善人の家々は、まったく燃えず、無傷な事だ。

下の画像は、悪徳爬虫類人の家が高温度で焼かれているのに、その隣に立つ善人の家は、全く焼けて無いどころか、壁に黒いススでさえも付いていない。

ボニ~ アンド アイボリ~ ♪」と歌いたくなる程、真白い壁と、焼け焦げた真っ黒な柱が対照的だ。

下の画像も、高温で焼かれている悪徳爬虫類人達の家々と、無傷の善人達の家々。その違いはハッキリしている。

爬虫類人の家の特徴は、家が大きいだけでなく、立派な壁がある事だ。誘拐拉致してきた人間の子供達を食べているのが外から見えない様にだ。

下の焼肉店の牛マーク、人食いクランパス(日本語ではなまはげ)経営の焼肉店という意味だ。ツノの付いた人食い爬虫類人達だ。鬼と同語。もちろん人肉も提供している店。

光の銀河連邦の攻撃による大火の場合の特徴。それは延焼によって建物が焼かれるのでは無く、建物の内部から炎が出る事だ。そう、建物の外部から焼かれるのでは無く、建物の内部から焼かれるのだ。

爬虫類軍の制服を着たレプ軍人が、大火事の状況を見に来た。

避難所に居た爬虫類女性の三角目シェイプシフト。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000067-mai-soci

新潟県庁という名の爬虫類組織のトップの知事が、陸上自衛隊に派遣を要請。軍隊に応援を頼む事自体、その爬虫類エリアが攻撃された事を示唆している。

首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。もちろん、この大火攻撃と、これからの光の銀河連邦からの攻撃に備えての事だ。


平塚市 新幹線脇の倉庫が焼かれる。

爬虫類人秘密地下基地に属する施設だろう。新幹線や主要高速道路などの地下には爬虫類人秘密地下基地が存在する。つまり公共工事=爬虫類人秘密地下基地拡張工事。

3 comments:

  1. なるほど ”内部から”焼けるのですね‼︎。
    横浜や埼玉大宮でも 停電や火災が発生したようです。。。
    リアルさん♪今日はノリノリですね♪≧∇≦)。
    ♪〜またひとつぅ~ 煌く風~が…
    ピッタシな歌詞です(爆)nice。。。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 情報ありがとうございます。

      光の銀河連邦からの攻撃ではないのか?と思い始めたのが、2012年だったか、テキサス州の湖の畔に建つ特権爬虫類人用の高級住宅地が広範囲に渡って焼かれた時。Youtubeビデオをよく見たら、外部は全く焼けてないのに、家の内部から煙が出ていた。つまり家の内部から焼かれているという事。そして焼かれた家々の周りにあった枯れ草が、まったく焼けていなかった事。そういった点から、おかしな山火事だと気がついたのがきっかけでしたね。

      Delete
  2. リアルさんの鋭い観察に大拍手。大事なことは、
    どの攻撃も一貫してルールが同じだということが、すごい大発見なんです。

    *カルマの重い人以外、死者などがほとんど無い(一般善人が巻込まれていない)
    *一角全部がまる焦げ全焼なのに、そのすぐとなりの家の壁が真っ白白。
    *大火の一角のお向かいの家も全く焼けていない。
     こういう大火は見たことが無いです。
    これは特定の場所を攻撃されている以外有りえないですね。
    大宮も餃子が怪しいですからね。

    光の銀河連邦、どんどん悪を駆逐して下さい。 

    ReplyDelete