Thursday, October 29, 2015

シャスタ山直下にあるアガルタの都市 テロス

日本語はスクリーンの右上に出る様になってます。



あのカガリさんも、2012年になる直前に、突然、5次元にアセンションしたのか?アガルタのテロスに行って待っているとブログに書いて、彼のブログは止まってしまいましたね。彼は今でもテロスに住んでいるんでしょうか?

その後、爬虫類組織が彼のブログを勝手に更新。「テロスは地獄だった。テロスから帰ってきたから、またオレのブログ見てね」などと書いてあったらしい。その割には、彼のブログは、全く動いていないらしい。

上のビデオにもある様に、テロスは5次元の世界なので、3次元からは見る事はできない。つまり、私達の目からは見る事ができないのだ。私達が5次元に達した時に、初めてテロスを見る事ができる。テロスにはクリスタルでできた都市があると聞いている。

20年前、まだ30歳の独身の頃、グレイハウンドのバスで旅をしていた時に、シャスタ山からそう遠くないユレカという町の安モーテルに1週間滞在した。その町で、たまたま野菜中心のメキシコ料理の食べ放題レストランを見つけ、美味しく食べたのを憶えている。

その町をバスで去る時に、グレイハウンドのバスに乗ると、20歳後半くらいの男性が座って来た。彼は新品の「メイトリックス」の本を私にくれた。そして次のバス停で降りて行った。まるで私に、ワザワザその本を届けに来てくれた様だった。その男性はテロスから送られてきたアガルタ人だったのだろうか?「十数年後の2011年には、あなたも爬虫類組織がクリエイトしたメイトリックスを破壊する役割を持つ事になる」という様な示唆だったのだろうか?

その頂いた本を、私は「ユダヤ人達がクリエイトしたくだらない映画」と思い、旅のじゃまになると、読まずに途中で捨ててしまった。今思えば、残念な事をした。

再び機会があったら、シャスタ山に行ってみたい。あの山の脇をバスが通り過ぎた時に、何か重要なポイントを通過してしまったという感じが強くした。

上のビデオの内容だが、肉を食べる事により、病気などの災いを受ける事になり、次元上昇を妨げる事にもなる。5次元に行きたかったら、まず、肉食を止める事が重要だ。食べられてしまっている動物に対しての「可哀想」という心を持つ事が大切だ。神様にとっては、人間の命も、動物の命も、同様に大切なものなのだ。

6 comments:

  1. 先程までyoutubeでアレックス・コリアーを見てました。
    アガルタ(テロス)を見て共通する事があったので、納得しました。
    次元上昇(100匹目の猿現象)
    愛する事(自分、動物、地球)
    次元上昇した事を伝える事(教師)
    私にはすごくタイムリーでしたm(__)m

    ReplyDelete
  2. こちらのブログにたどり着けたのは、アレックス・コリアーさんの動画からでした。懐かしいな。それから人生180度変わりました。皆さんもそうでしょうね。リアルさん、アガルタさんの指紋の付いた本捨てちゃって、もったいなかったですね~。でもサルーサさんが来てくれたからいいか、すごい事だな~。NESARAもらったらシャスタ山に行きたいです。とても美しい所ですね。

    ReplyDelete
  3. 『レムリアの真実』という本を持っていますが読んでません。
    早々に読まなくては。

    ReplyDelete
  4. かがりさんのブログ読者でした。今は全く更新されてませんが、やはり彼はアセンションしたんでしょうかね。
    レムリアの真実、買おうかなと思ってそのままでした。また感想教えてください。
    アトランティスは、爬虫類人の文明ということですが、ムー大陸の文明はどうなんでしょうか?アトランティスは、ヨーロッパなどの西洋文明の源流、ムー大陸の文明は、日本などアジアの文明の源流と聞いたことあります。

    ReplyDelete
    Replies
    1. マリンさん、了解しました( ̄^ ̄)ゞ

      Delete
  5. ここ数年の日本人によるシャスタ人気はすごいですね。

    ReplyDelete