Friday, October 23, 2015

人食いコロンブス アメリカ大陸で9割以上のインディアン達を虐殺そして食い漁った

米国にはコロンブス・ディという祭日がある。学校、お役所、会社はいつも通りだが、銀行だけは閉店するという不思議な祭日である。

コロンブスと言えば、学校では、アメリカ大陸を発見した偉大な人物として教えられた。爬虫類組織のクリエイトした歴史では、彼は英雄として紹介されているが、実はアメリカ大陸で、現地のインディアンを大量虐殺して食べた恐ろしいレプティリアンだったのだ。

「人食い人種コロンブスとその一行」という本

コロンブスの肖像画 指が手のひらよりも長いのが爬虫類人の特徴

コロンブスは言った「バカなインディアン達は何でも俺達の言いなりになる。彼等は良い召使だ。全員捕まえて奴隷にしろ。」

コロンブスはアメリカ大陸に上陸すると同時に、インディアン狩りを始めた。彼は征服者として成功するために、できるだけ多くのインディアン達を殺すように部下に命令した。

そして朝、昼、晩と、インディアン達をぶった切り、生やBBQで人肉を食べたり、脳みそをしゃぶっていたという。インディアンの人々は、コロンブス一行を人食い人種として大変恐れたという。

アメリカ大陸で人肉をたくさん食べれると聞き、ヨーロッパに住む白人のホログラムを着た多くのレプティリアン達がアメリカ大陸に殺到した。あの有名なメイフラワー号でやって来た移民達も、全員が人食いレプティリアンだったという。

最終的には、生き残ったインディアン達の人口は、全体の5~10%くらいだけだったという。つまりコロンブス一行や、ヨーロッパから渡ってきたレプ達に、9割以上のインディアン達が食べられてしまったという事だ。

来月末にはサンクス・ギビング・デー(Thanks giving day 感謝祭)学校が1週間お休みになる。この感謝祭では七面鳥が食卓に登るのが通常だが、レプの家々では、テーブルの上に人間の子供が丸ごと乗るらしい。この祭日は表面上、食べ物を分け与えてくれたインディアン達に対して感謝の意を表す祭日という事になっているが、実際には、拉致したインディアンの子供や若者の肉を食べる謝肉祭(カーニバル)が起源と言って間違い無いだろう。

恐ろしい事には、コロンブスが本当に探したかったのは、アメリカ大陸ではなく、黄金の国ジパング(日本)だったという。もしコロンブス一行がアメリカ大陸ではなく、日本に来ていたら...。想像するだけで背筋が凍る。日本人の人口の9割は彼等に食べられ、残りの1割りは彼等の奴隷となっていた事だろう。

江戸時代に幕府は、ヨーロッパからの西洋人を隔離するために、出島を造って彼等の住処にしたが、その政策は正解だった。でなければ、多くの日本人の子供達が彼等に食べられてしまった事だろう。そう、江戸幕府は、西洋人達が人食い爬虫類人である事を知っていたというわけだ。そんな危険な人種を日本の本土に住まわせるわけにはいかなかったのだろう。

沖縄でも第二次世界大戦中に、米軍が若い女性達を何台ものトラックに乗せて、どこかに連れて行ったという。そして彼女達は二度と戻って来る事は無かった。そう、彼女達は米軍というレプティリアン軍に誘拐され、彼等の秘密地下基地でレイプされた後に殺され食べられてしまったに違いない。

コロンブス一行と米軍、共通点は世界の征服者であり、人食いレプ達によって構成されているという事だ。

11 comments:

  1. 歴史の勉強では、コロンブスは悪いインディアンを退治したというように教えられたと思います。
    コロンブスはレプタリアン ・・ 確かにその通りでしょう。
    リアルさんから久しぶりのメッセ-ジで ハートが喜んでいるのがわかります。
    この秋は仕事でミスばかりしていて、先日も重要なミスをしでかしましたが、大事には至りませんでした。すっかり落ち込んでましたが、コロンブスはレプタリアン で落ち込み気分が回復しました。



    ReplyDelete
  2. 教科書や歴史はレプタリアンの都合の良いように、出来ているのね(^◇^;)
    今日は品川の港南では食肉市場を開放して、お肉のお祭りデスm(__)m
    レプ祭り。賑わってます(^◇^;)

    ReplyDelete
  3. リアルさん、早速の記事ありがとうございます。
    お久しぶりなのに、相変わらずの切れのある記事。
    流石です。
    日本は相変わらず肉食が(人なのか爬虫類人なのか)
    多くてうんざりしています。

    波動文明という内容で

    ”動物にも感情や知能という意識があり、食肉にされるために殺される時、
    恐怖と悲しみにふるえ、牛などは涙を流します。
    そのようにして殺される動物たちの恐怖と悲しみの想念が、
    殺される瞬間の動物たちの身体の細胞に噴出して充満します。

    そのような肉を食べて平気なはずはなく、
    まさに毒にあてられているようなものです。
    肉を口に入れることで、同時に彼らの恐怖と苦しみという
    想念の毒を取り込んでいるのです。
    それは物質的栄養学的なことではなく、
    精神面における大きな影響を見逃すことはできません。
    私たちは本来、殺して食べる必要はないのです。”

    という内容がありました。殺されてゆく動物を
    思うだけで私には肉食は無理です。

    ReplyDelete
  4. hahaさん私も同感です。
    私のお袋は(70歳超)肉と魚と砂糖を止めただけで、病気が治り、薬を一切飲んでいません。
    野菜生活です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. crafts・・さん。こんばんわ。
      同感してくださり嬉しいです。ありがとうございます。
      お母様そのまま病気もせずに長生きして下さることお祈りしています。
      そして、親子で次元上昇できたら最高ですね。

      Delete
    2. リアルさん、お帰りなさい!
      お元気そうでなによりです^_^
      そして、hahaさん、craftsmantabataさん、こんにちは。いや、初めまして、かな。
      mooncatです!(nameをゾロ目猫から前のに戻しました!)

      全く同感です。
      人間のエゴで犠牲になる可愛い動物達や鳥、魚達の事を考えると胸が痛くなり悲しくなってしまいます。
      人間の体は本来、肉や乳製品を摂る必要はない、それどころか摂るようにはできていないという説もありますよね。
      それらが健康の源だというのは、全て闇側の陰謀、刷り込みだと思います。
      野菜や果物で健康になるというのは、病気になった多くの人が実証していることです。

      『フィット フォー ライフ』という世界でベストセラーになった本がとても参考になりますよ。私はこの本を読んで更にベジタリアンを目指すようになりました!

      Delete
  5. コロンブスアカデミーっていう福祉の施設で、昔、事件があったとのことです。戸塚ヨットスクールみたいな感じでしょうか。
    http://oguni.blog56.fc2.com/blog-entry-613.html

    ReplyDelete
  6. ほんとにねー。
    教科書は嘘ばかり教えてます。

    ReplyDelete
  7. 歴史の教科書を読んでいて、インディアンたちが悪人であるという書き方をしていることに疑問を感じていました。
    「被征服者(インディアン)を悪者に仕立て上げれば、征服者は何をしてもよい」という情報操作によって、教科書はコロンブスたちを正当化していますね。
     教育(狂育)という奴隷化制度によって、子供が犠牲にならないよう、多くの大人たちが世のしくみを知って情報共有してほしいと思っています。

    ReplyDelete
  8. レプやりたい放題でしたね~。コロンブスの人相悪いですね。日本人を食いたかったのにはどんな理由があったのでしょうか?

    ReplyDelete