Wednesday, November 30, 2016

人食い爬虫類組織オリンピック委員会 海の森の爬虫類人秘密地下基地拡張工事を再開



オリンピック・ボート会場という名の「海の森」爬虫類人秘密地下基地拡張工事再開?空には光の銀河連邦のスペースシップが目を光らせているのが見えないの?そのうちに「ドッカーン!」とお前達の地下基地がブッ飛ぶよ(笑)。

海の森、以前にも記事にしたが、そこには既に爬虫類人秘密地下基地が存在する。

この「海の森公園」は普段立ち入りできないそうだ。爬虫類人秘密地下基地の表面施設に間違い無い。

この立入禁止の海の森公園には、爬虫類人秘密地下基地から出た膨大な土砂を積み上げた跡が見られる(赤矢印)。

海の森公園のストリートビューを見ると、爬虫類人達の餌となる人間の子供達を閉じ込めておくための小屋が存在する。

窓1つない小屋。そこには人食い爬虫類人達の餌となる人間の子供達が閉じ込められているに違い無い。

立入禁止の海の森公園の脇にある風車発電(下の画像の赤印)。この風車発電はソーラーパネルと同様に、爬虫類人秘密地下基地に電力を供給している。風力発電がある場所には爬虫類人秘密地下基地が存在する。あの熊本爬虫類人基地一掃地震で大きな被害を受けた南阿蘇村にも、巨大な風力発電がたくさんあった。

海の森公園の様に、立入禁止の公園(=爬虫類人秘密地下基地)は結構、多いよ。私の住んでいるフロリダ州ピネラス郡でも、ピネラス郡政府所有の立入禁止の巨大な「自然公園」が存在し、2012年に、その地下から巨大な噴煙が上がった。つまり一掃されたという事。

No comments:

Post a Comment