Monday, November 28, 2016

再び沈下”陥没現場” 福岡市長と工事関係者は皆レプティリアン



人間には無い瞬膜

人間には無い瞬膜

アンジェリーナ・ジョリーの瞬膜

人食いレプだったザビエル像も「レプティリアンの縦線目と瞬膜」を入れて作り直し

大成建設の担当者の逆三角形の目シェイプシフト

大成建設土木部長のシャークの様な歯




大成建設土木部長のトカゲの縦線目

福岡市長のアゴと首の境の無いたるんだアゴ

福岡市のシンボルはピラミッド。つまり福岡市役所はイルミナティ所属。

7 comments:

  1.  福岡はイルミの日本侵略の拠点地。九州は全体にイルミの拠点地になっているかと思います。
     そこから、日本の拠点があった大阪・奈良への侵略が開始されたかしらと思っています。
     大きさでは、熊本も大きいと思われます。熊本地震で被害を受けたトヨタの工場もありますね。
     福岡は朝鮮半島に近いけれど、上層部の移動手段はUFOだったかもしれないです。

    ReplyDelete
  2. リアルさんの記事から得たカルマの法則について、思うことがあったので。自分の情報を合わせて、
    まとめてみました。

    良いこと悪い事の意識の投げ掛け、行動がカルマの法則(宇宙霊の法則)にのっとって、自分自身に返ってくるということなら、この社会構造をはじめとした、組織や会社の運用体系は、仕える人間に対して、上からの命令は絶対であり、逆らう事は許されないという、恐怖心、罪悪感を植え付けるのには、うってつけであるなと思います。そして、抱かせた恐怖心、罪悪感はカルマの法則にのっとって、何も悪いことをしていない、その想いを抱いてしまった自分自身に現象として返ってきてしまうという結果に。
    以上を踏まえて、自分にとって何が良いのかを考えるに、カルマの法則にのっとって、良い思考、良い行動、良い言葉を発する、起こってほしい期待をすれば良いのだなと思うに至りました。

    時々やって来る、罪の意識や恐怖心は以上ののことを思い出して乗り越えれば良いとおもいます。

    記事の内容と若干異なりますので、不適切な場合はご指摘ください。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 宇宙の法カルマを考えれば、現在、楽しそうに見える爬虫類人達も、遅かれ早かれカルマが来て、彼等の犠牲者達の立場になって学ばなくてはならないという事。レプ達であっても、カルマの法からは逃げられない。

      だから、嫌なレプ達が居ても、カルマが彼等に来る、または既に来ていると考えると楽になります。パッと見だけでは、彼等が本当に幸せかどうかは分からないですからね。私達から見えないところで苦しんでいる可能性も。

      恐怖心は不必要ですね。私達は光の銀河連邦に守られていると考えれば、何の心配や恐怖心を持つ必要は無いですね。たとえ、あなたの目の前で、誰かが銃の引き金を引いても、弾は飛ばない事になっている。まあ、相当カルマがあるレプ達だったら、弾は当たってしまう可能性もありますけどね。

      Delete
    2. 府に落ちます。
      ありがとうございます。

      Delete
  3. ザビエルのものまねしてるオッサン(笑)
    http://sustoco.concentinc.jp/cojicorner/wp-content/uploads/2011/12/Xavier01.jpg

    遠近法で手前が大きく見えるとしても、右手がデカいような…

    ReplyDelete
    Replies
    1. ザビエルに、全然似て無いじゃん!ピエロみたい。しっかり縦線目になってますね。

      Delete

  4. リアルさんが、修復しても光の銀河連邦が阻止するって記事(笑)一致しますね。。。此のニュースの時、確かめっちゃ復旧作業速かったんですよね、又って ウケちゃいました。。。

    ReplyDelete