Tuesday, August 25, 2015

交番制度 それは日本のナチス ゲシュタボ制度



「明治時代に交番制度がスタートした」

これは何を物語っているのか?

そもそも、明治時代とは、一体、どんな時代だったのか?

それは西洋爬虫類組織のイルミナティが、アジアまで勢力を伸ばしてきた時代であり、イギリスから送られてきた人食い爬虫類人フリーメーソン・メンバー達が、日本を西洋化=レプティリアン化し始めた時代だ。

そして人間達を密に支配できる様に、ナチスにあったゲシュタボ制度と同様の制度を日本に導入した。それが交番制度だ。交番に勤めるおまわりさんは、あなたを守ってくれる人というよりも、あなた方を見張る爬虫類人ポリスだ。そう、あなたを見張るために交番はあるのだ。

テープカット直後に、肌がボコボコになり、シェイプシフトしている爬虫類人警官


6 comments:

  1. いやあ、リアルさんお見事です。
    本当に細部まで行き届いた心眼で、
    ここまで突っ込むかといつも感服です。
    これでは、爬虫類も隠れることは不可能ですね。

    なで肩の爬虫類野郎、キモ悪いんだよ!
    こんなやつらに”監視”されているのかい。
    おまわりなんて大嫌いです。
    暇さえあれば、不必要な取り締まりの小遣い稼ぎばかりして
    本当にうざい、いなくなってください。

    ReplyDelete
  2. 警察というのは、悪い爬虫人が多いと思います。
    (警察・司法は、創価ゆえ) 創価信者によるストーカー犯罪に関しては
    野放しもいいところ。 例‐‐清水由貴子さんは、極悪ストーカーに追い込まれたのでしょう。

    警察なんて、信用ならない。
    緊急対応のかかりつけ医を捜す。タクシーの連絡先用意。
    変な隣人、覗きやストーカーされたら防犯カメラを設置するなどで対応。
    相談するところが有れば電話で聞く。最終的には、自分に懸かってくるので
    気持ちを強く持つしかないと思います。
    周りにあれ?という人、みなさん多くないですか?

    ReplyDelete
  3. どおりで、服装も似てますね。
    特に帽子なんて全く同じ。

    ReplyDelete
  4. 秘密国家警察=秘密帝国警察=Gestapo

    ReplyDelete