Saturday, August 15, 2015

「誰が爬虫類エイリアン達に食べられるのか?」を決める盆中綱引き

https://www.youtube.com/watch?v=TSso_JvRSjg&index=4&list=UUoQBJMzcwmXrRSHBFAlTsIw

佐賀・唐津市で海中盆綱引きが行われたらしいが、歴史上、こういったゲームは勝者=食べる人、敗者=食べられる人という構図があった。


「兵士の士気高揚と戦没者の供養のための綱引き」って、あなたにとって意味を成しますか?全然、意味を成さないと思いますがね。

はやし浩司先生もおっしゃっている様に、古代のボールゲームは「一体、誰が爬虫類エイリアン達に食べられるか?」を決めるゲームだった。スポーツとはそういった観点から発祥している。

もちろん豊臣秀吉も爬虫類エイリアンに間違いないでしょう。歴史上、人間では殿様になれ無い事は証明されています。長い歴史の間、人間達は奴隷、または爬虫類人達の餌という立場だった。

下の「ドンザ」と言われる猟師着は、ユダヤの服と似てますね。大体にして「ドンザ」って日本語では無いし、きっとユダヤの言葉から来ているのでしょう。ユダヤの生みの親の人食い爬虫類エイリアンのアヌンナキが、古代イスラエルだけでなく、日本も支配していた事を考えれば、日本語では無いユダヤの言葉が日本に存在する事も理解できるでしょう。


8 comments:

  1. なるほどねー
    運動会もそういった理念が潜伏してるんやろう。運動もペーパーテストも優越感と劣等感しか生まないからねー。
    中学 高校等はみんな暗い顔かぶち切れて卒業して、久しぶりにあっても、思い出したくないと拒否るからね。僕も同じ。

    ReplyDelete
  2. 似てますね〜〜笑
    間違いないと思います。
    「笑うのは兵士の士気高揚と戦没者の供養のための綱引き」⁉️
    何の関係も、何の脈絡もない。
    もー笑うしかありません。こんな馬鹿なことを考えるのは爬虫類人だけだし、それを有り難がる日本人も従順過ぎて変❗️

    ReplyDelete
  3. 韓国の両班の服はドンザに似てます。ユダヤが由来かもしれませんね。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%8F%AD

    ReplyDelete
    Replies
    1. 消された以前のブログで取り上げました。

      帽子といい、衣装といい、ユダヤそのものです。ユダヤの生みの親がアヌンナキならば、日系&朝鮮爬虫類人達もアヌンナキにクリエイトされたという証拠ですね。生みの親が共通ならば、ある程度文化や衣装が似ていてもおかしく無いですね。

      Delete
    2. リアルさんこんにちは。
      コメントありがとうございます!
      前ブログから読んでいたのに、その記事のことを忘れてました。すみません!
      なるほど~。詳しく教えていただきありがとうございます(^-^)

      Delete
    3. 偽猶太東朝帝(日本)全域には"以語=Hebrew由来の個人と法人, 神社仏閣には世光維=Illuminatiの刻印たる光明邪神邪眼等の対R2派関連資料"が沢山存在中であることを考えて未々探索価値は高いと考えています

      Delete
  4. うんうん。”綱引き”
    運動会で必ず毎回プログラムに載っていて
    競技していました。
    そんな裏があったとは・・・。
    本当に人間を見下していたんですね。

    ReplyDelete
  5. もう、競う系の運動全般が、殺る(ヤル)か犯られる(ヤラレル)か?・喰うか喰われるか?につながる事が、リアルさんのお陰でウンザリするほど解ったので、オリンピックや、世界陸上、世界水泳、ゴルフ、球技が本当に馬鹿バカしく思います。オリンピック会場に行く為の飛行機は、役員がファーストクラスで、選手がエコノミーなんだから、マジで使い棄て兵士待遇じゃん。それでもメダルを目指す選手達は、脳ミソが爬虫類ホルモンにアヘアヘしてる生きた標本だと思います。ご静聴ありがとうございます。

    ReplyDelete