Thursday, August 6, 2015

自殺した北海道北見市長と副市長は人間では無くレプティリアン



自殺した北海道北見市長のレプティリアン縦線目ん玉

北見市、副市長の爬虫類人の瞬膜

爬虫類人の一番の特色。
それは人間が持たない瞬膜を持っている事だ。
「爬虫類人の瞬幕」の画像検索結果

こちらが細川元首相の爬虫類人瞬膜

こちらが安倍首相の爬虫類人瞬膜

こちらが天皇の親戚の麻生財務長官の爬虫類人瞬膜

大学に居た時に、一時期、金持ちばかりが居るテニスクラブに入ったが、その時に彼等の目の中に変な膜があって黒い縦線が入っているのが見えた。ちょっと違和感を感じたが、あまり気にしないでいた。今思えば、あれは爬虫類人の瞬膜だったんだな~。もちろん彼等は冷血人間という感じで、感情に乏しく冷たかった。彼等も人間家畜の私が入ってきて、さぞかし違和感を感じた事だろう。

爬虫類人の歯は長くて細い。中にはシャークの様に、前列と後列に2列、並んでいる歯をお持ちの爬虫類人達も多い。

「大きな渦に巻き込まれてしまった」。捜査関係者によると、住民に宛てた遺書にはこう­書かれていたという。北海道北見市の桜田真人市長(52)。6日午前7時半前、自宅で­首をつった状態で見つかった。

「大きな渦に巻き込まれてしまった」って変な遺書だね。普通は遺書にそんな事、書かないよ。住民宛の遺書?もし自殺するほど追いやられていたら、普通は住民宛なんかに遺書書かないよ。

多分、嘘のヤラセ自殺劇だと思うね。爬虫類組織は「殺された」やら「自殺した」やら「事故死した」やら芝居こいて、死んだ役を務めた爬虫類人達は、ほとぼりが冷めるまで、しばらくの間、彼等の秘密地下基地で人生をエンジョイするんだって。

住民票なんてものは、地方政府自体が爬虫類組織だから、幾らでも改ざんできるよ。数ヶ月後ぐらいに、遠く離れた場所で、別の名前で暮らし始めるのさ。つまり彼等の名前や誕生日、住所までもが嘘の可能性大。その証拠に、爬虫類人達は、幾つかの源氏名を使い分けている。日本の政治家に源氏名を使っている奴等が多いのがその証拠さ。

4 comments:

  1. 天皇爬虫類は住民票なんてないらしいですからね。
    日本の土地と国民は、天皇爬虫類にしてみたら自分の牧場と家畜ですからね。

    ReplyDelete
  2. じゃあ、死なずに生きているってことですか?

    銀河連邦さん、ピンポイントで
    お願いしま~す!!

    爬虫類ホイホイってできないかなあ。

    ReplyDelete
  3. この人自殺の理由がうやむやですね。しかも僧侶の免許だか資格だかを持っていますね。さらに北海道北見市と言えば、戦後流れて来た朝鮮人が内蔵系の焼肉店を立ち上げ現在でも焼肉が盛んな町で自ら「焼肉のマチ北見」と名乗ってるレプティリアンシティです。
    他にもニセコ、ルスツ、トマム、登別、洞爺湖、美瑛など北海道の観光地とされいる町も完全にレプティリアンシティです。

    ReplyDelete
  4. 市長役の下っ端爬虫類の自殺に見せかけて、口封じの為に殺されたのかな?ちょっと可哀想だな、、、と思ったら、何回もリセット出来るんかい!!(◎_◎;)しかし、体の左側のシェイプシフトが多いですね。左は油断し易いのかな?

    ReplyDelete