Thursday, August 6, 2015

古墳は子供達を閉じ込めて爬虫類エイリアンに捧げる檻だった!

人間が神と崇めたアヌナキを含む爬虫類エイリアン達は人間の子供を食べるために地球に来ていた。地球は彼らにとって、人間の子供食べ放題のレストランだったのだ。そう、人間の子供食べ放題のバイキング。

はやし先生のビデオによると、あの白人の発祥地とも言えるコーカサス(白人は英語ではホワイトピープルとは呼ばず、コーカサス人と呼ぶ)にたくさんのドルメンと呼ばれている大きな石でできた檻があるという。前の記事で紹介したが、このコーカサス地方とイギリス周辺には、アヌナキ爬虫類人の頭が長い頭蓋骨についていた赤毛と同じ赤毛を持っている人々が多い。これが、彼らがアヌナキ爬虫類人のDNAを持ったハイブリッドの証拠だと私は考えている。

赤毛のアヌンナキ爬虫類エイリアンの頭蓋骨

赤毛の人口分布図 やはり昭和天皇と肉体関係のあったイルミのトップのエリザベス女王の国イギリスに赤毛が多い様です。アヌンナキの遺伝子を強く引き継いでいる爬虫類人達が多いのでしょう。あと、コケージャン(コーカサス人英語で白人という意味)の発祥の地コーカサス地方にも、この赤毛が多い様です。コケージャンと呼ばれている白人達は、赤毛のアヌンナキ爬虫類エイリアンのハイブリッドであり、子孫という事でしょうか?

英語では、一般的に白人達をホワイト・ピープルとは呼ばず、コケージャンと呼んでいる。つまりコーカサス人。そして、彼等白人達はコーカサス山脈のある辺りからやって来たという。このコーカサス人こそがカザール人であり、アヌンナキ爬虫類エイリアンの子孫のレプタリアンではないのか?と私は考え始めている。それならば、彼等は爬虫類人達であり、白人優越主義というのは爬虫類人レプタリアン優越主義と同じではないのか?


そして、このアヌナキ爬虫類人のDNAを持ったハイブリッド、一般的に白人と呼ばれる人々の発祥の地には、たくさんの巨大な石でできた子供達の檻があるという。そして彼等コーカサス人(白人)は、また別にユダヤ人(=カザール人)とも言えるのである。そして、ユダヤ人達が自分の子供達を食べる事もよく知られた事実である。現在でも、彼等は自分達の子供を食べたり、レイプしたりする事が、彼等の神様(爬虫類エイリアンのアヌナキ)を喜ばせる事だと信じて実行している。

ユダヤ人といのは爬虫類人レプタリアンで、自分たちの赤ちゃんの肉もお鍋で煮たりして、食べるらしい。学研の雑誌ムーでは、ユダヤ人の家族が、生まれたばかりの赤ちゃんの肉を生きたまま切り取り、娘にその肉を、家に集まったお客さんに振舞うようにと、お父さんに言われた、などという恐ろしい記事もあった。その家族は、生まれてきた2人の子供を近所に住んでいる爬虫類人達に「おもてなし」したらしい。その記事の内容は事実であり、現在も行われている事である。しかし、ユダヤ人と呼ばれている爬虫類人達が、政治も経済も警察も握っているために、彼等は何人殺して食べても捕まらないし、罪にも問われない。


ジョンべネ・ラムジーちゃんは悪魔主義者の両親に殺された?

この悪魔主義者達は、悪魔からパワーをもらうために、自分の赤ちゃんでさえ悪魔の生贄の儀式のために食べてしまうほどです。ある悪魔主義者の娘の書いた記事を読みましたが、お母さんが男の子を生んだ時に、悪魔主義者達が家に集まってきて悪魔の生贄の儀式をしたというのです。お父さんは彼女に、生きたままの赤ん坊の首を切り、血を集めてお客さん達にふるまいなさいと言った。そして、お父さんは赤ん坊の肉を削ぎ落とし、彼女にこのお肉をお客さんに持っていけといいました。

他にも、デーヴィッド・アイクのアリゾナワイルダーのインタヴューで、彼女はダイアナ妃と結婚する直前に、チャールズ皇太子とカミラには男の子が生まれましたが、イギリス王室はその男の子を悪魔の生贄の儀式で、生きたまま食べてしまったというのです。彼女の話によると、彼等はどの体のパーツを食べるかで獰猛にも争うぐらいだったそうです。

ジョンべネ・ラムジーちゃんの件に関しましては、古いのでインターネットでもあまり情報が得られないのですが、当初からラムジー家は悪魔主義者ではないのかと囁かれていました。悪魔主義者は娘を立派な魔女にするために、娘が生まれたらお父さんが娘をいたずらし犯すというのです。そして、もし赤ちゃんができてしまったら食べてしまうというのです。この悪魔主義者の習慣を考えると、ジョンべネ・ラムジーちゃんに一体なにが起こったか簡単に答えがでると思います。ある情報によると、ジョンべネ・ラムジーちゃんの膣はブカブカだったという話です。

殺されたジョンべネ・ラムジーちゃん
さて、話題ははやし先生のビデオに戻りますが、下がそのコーカサスにあるドルメンの1つ。その石に彫られている模様を見てください。鳥居の形が彫られているでしょ?この事から、日本の鳥居のある神社は、子供達を集めて爬虫類エイリアン達に振舞った場所と言えるだろう。鳥居の赤い色は、爬虫類エイリアンに捧げる子供達から搾った血の色なのであろう。この手の鳥居は、牧場の入り口にもある。彼等の食べる動物(人間も含む)を囲う場所には、この鳥居が付き物だ。

牧場の入り口にある鳥居

ここで思い出すのが「かごめかごめ」の歌である。

「かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ?」

かごめ=籠の目
そう、この歌は爬虫類エイリアンに差し出す子供を決めるための歌だったのではないのだろうか?「後ろの正面」になってしまった子供が爬虫類エイリアンの餌に差し出された。そして、その選ばれてしまった子供は籠に乗せられて連れて行かれてしまった。その連れて行かれた所とは、鳥居をくぐった神社だった。そう、神社とは、神様(=爬虫類エイリアン)に子供を食料として差し出す儀式の場だったのだ。だから、あの不気味な赤い血に塗られた様な鳥居が立っているのだ。そして、一回、その鳥居をくぐってしまった子供達は、爬虫類エイリアンの餌にされてしまったのだ。

昔、子供達が爬虫類エイリアンの餌として閉じ込められた石舞台。エイリアンのUFOがここに着陸し、彼等の超音波兵器(ピラミッド建設にも使われた)により何十トンもの石の蓋は持ち上げられ、子供達を食料として掻っ攫って行った。
かごめかごめの歌を作ったといわれている松尾芭蕉も爬虫類人だった!爬虫類人特有の首にあるたくさんの筋に注目。
東北で若い女性や子供達をさらって行ったと言われている「なまはげ」。彼等は爬虫類エイリアンだったのではないのだろうか?

9 comments:

  1. なるほどねー
    なるほどねー

    ReplyDelete
  2. 朝から血なまぐさい話で・・・!!

    こんなやつらが今の今まで野放し状態で、
    生き延びてこれたかと思うと、怒りしかこみ上げてきません。

    銀河連邦さん、これ以上犠牲者を増やさないよう
    一日も早く、駆除をお願いします。
    と・・・私が言うまでもないですね。

    ReplyDelete
  3. 小学生の頃の社会で古墳を作るのに多くの方を動員してこき使い、過労で倒れた方は見殺しにしてたと聞きました。
    ピラミッドもそうらしいです。
    歴史の教科書はウソばかりらしいですがこの部分だけは信ぴょう性が感じられました。

    あと、大王を葬る際に生きた人間を家来として何千人か一緒に古墳に入れたと聞いたことが有りますが、これは家来じゃなくて人肉祭りの食料だったんじゃ?と今更思いました。

    ReplyDelete
  4. 白人同士でも、赤毛差別してバカバカしいと、思ってましたが、、、。日本人全員が真面目では無いように、赤毛全員が今でも人の血肉が無いとホログラムを纏えないとは、思いませんが、悲しいですね。学校で習った身分制度の、士→農→工→商→エタ→非人は、貨幣がモノをいうようになると商が1番上になるって先生が言ってたなーと、思い出しましたが、本当は1番上から、非人・エタ→商→工→農→士、なのかなー。士って、武士は食わねど高楊枝ということわざがあるくらいですし、、。学校教育に改めて憤りを感じました。

    ReplyDelete
  5. ジャンボタニシさんへ
    私は小学校時代に本当の士農工商は以下のようだと歴史をヲタの先生に習いました。
    本当は士 工 商 農にしたかったけど農が怒ると食料を作る人が居なくなるから
    二番目にしたそうです。
    実家は農業ですがバカにしやがってと思いましたね。
    変な階級作ってないでご飯くらい自給自足しやがれや!そしたら物騒な刀なんぞいらんやろって。

    エタだのヒニンっていうのは所謂今で言う被○○○落だそうですね。
    担任はクラスに部落の方が居ないのを確認して言いました。
    「みんなが仲良くしようとしているのに輪に入って来ないから」と言っていました。
    「今の歴史の教科書はそのエタヒニンの子孫に喜ばれる内容になってる」とも言ってました。
    本当は昔から仲良くしようともしないでイジメられたと事実をねじ曲げて語り継ぎ
    、理不尽にも支配をしようなんて酷いです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 「みんなが仲良くしようとしているのに輪に入って来ないから」と言っていました。

      これって、仲良くするチャンスは過去に何回も有ったって事ですよね。腹黒さを捨てれば一掃されずに済むのに、、。先生はクビにされない様に遠回しに教えるしか無かったと思います。搾取寄生体が権利を握ってる当時は、真実とは、あとあと考えた時に、そう言う意味だったんだ!と解る様にしか、告げられ無かったんですね。エタ非人が居なければ農を上に持って来て、なだめすかす事もしなくて良かったのに。エタ非人のせいで、芸能界・パチンコ屋・スポーツなどのガス抜きが大袈裟に流行って来たと思います。スポーツBARの客って、ガラ悪い人が多いと思います。

      Delete
    2. ジャンボタニシさんへ
      その先生は一風変わった考古学者の方で
      薄っすらと聖徳太子も架空の人物かも知れないって言っていました。

      昔もエタやヒニンに対して「働きましょう」と輪の中に入るよう促す事は遭ったようですが彼らがそれを突っぱねたそうです。
      要は「働きたくても働かせてくれない」ではなく「働かせたくても働かなかった」というのが正しいのかもしれません。

      その後氏性制度ができた時には、エタやヒニンほどきらびやかな苗字を付けたと聞きました。

      Delete
  6. 赤鳥居ってホントに気持ち悪いですね。
    血なまぐさい、汚らわしい、惨たらしい、呪われてるって、子供の頃から直感的に感じ取っていました。おまけに日本中どこにでもあるし、殆どの山の山頂にあるのが超むかつく。
    でもテラフォーミングが完了すればこんなもの全部無くなるんでしょうね。 (^-^)

    ReplyDelete
  7. はやし先生は神社が食用の場所だなんて言ってませんよ!嘘つきはいけません!
    穴あきドルメンと神社は無関係です!
    後になって、古墳に鳥居のマークをつけたものを、最初から付いていたかのように記事を
    書いてますね?
    はやし先生の許可は取ってるのですか?

    ReplyDelete