Sunday, June 21, 2015

ソーラーフレア(太陽磁気嵐)でホログラムが乱れ爬虫類人達の素顔が見えるかも



日本に強力なソーラーフレア(太陽磁気嵐)が

ソーラーフレア(太陽磁気嵐)は、爬虫類組織が、あなたのお近くの電波塔から放送している周波数を乱し、彼等の擬態しているホログラムを突然引っ剥がす可能性が高い。

あなたの上司の爬虫類男が、突然、ウロコ肌の爬虫類人に変身するかも。

その時は驚かずに「あなたのウロコ、一枚剥がしていい?」と冗談を言うのがいいですね。

Image result for they live
Image result for they live
Image result for they live



45 comments:

  1. ピンポイントに来てますね。意図的にやっていそうです。

    ReplyDelete
  2. 怖いもの見たさで(((o(*゚▽゚*)o)))見てみたい(笑)。。。
    偉いぞ!ソーラーフレア!
    ~THEY LIVE~のあのサングラスみたいに(笑)ですね。。。
    but...自分は大丈夫かしら?(笑)
    鏡見てびっくりにならない事…
    祈ります♡〜(ゝ。∂)(笑)。




    ReplyDelete
  3. 以前、天○泰平というブログを薦めてきた知人が
    若い時の写真を見せてくれました。
    色白の美人さんでした。
    ところが、今はお肌が油でギトギトでクレーターのような肌。
    若いころと似ても似つかない風貌です。
    まさか・・・?
    そう思ってしまいました^^;

    ReplyDelete
  4. 幽霊とか死神とか妖精とか小さいおじさんとかの目撃談てたくさんあるのに、この爬虫類人の目撃談て聞いたことないですね。
    リアルさん以前、日本にいる爬虫類人は全体の15パーセントって仰ってましたが、それだけいるのなら霊感強い人なら目撃しててもいい気がするんですよね。デービッド・アイクの本に目撃談とかあるみたいですが、日本でもそういう話聞いたことある人いないかなぁ。
    あと、自分が爬虫類人であることを友人に告白された人とかいたらここに書き込んで欲しいですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 日本には、ちゃんと「非人」という階級があったじゃないですか。士農工商そしてエタ非人。その「非人」つまり人間では無いという人々が爬虫類人だったのでしょうね。よく死刑囚の首切り刑を執行する人々。そして動物を殺し、革製品を作る人々という歴史の記述になってますけど。首切り刑を執行した後は、生血を取り、人肉を爬虫類人達に分けていたのでしょうね。まあ、士農工商の士にあたる武士(支配階級)にも爬虫類人達が多かったでしょうけどね。金を牛耳っていた商人にも、たくさん爬虫類人達が居たはずです。

      目撃談としては、妖怪、そしてろくろっ首あたりがシェイプシフトとして目撃された例だと思いますよね。爬虫類人の真の外見は、幽霊というよりも妖怪といった方がふさわしいですからね。この世のものとは思えない外見。爬虫類人達の首も、結構、長く伸びるので、ろくろっ首なんかにも該当しますね。蛇女という目撃談もありますよ。

      Delete
    2. an mitsuさん、カッパもそうですよ。
      あと、天狗もそうなんじゃないですかね〜。
      早くみたいな。爬虫類人。
      とっても楽しみです(*☻-☻*)(笑)。

      Delete
    3. リアルさん。
      つまり歴史の本や社会科の本に「部落差別を止めましょう」と書かれている人達ですね。
      教科書も大嘘つきであてになりませんね。

      Delete
    4. 草木さんへ
      以前、かっぱのクーちゃんとか言うタイトルで
      いかにも人間が悪いって言わんばかりの
      ストーリー映画がありました。
      こうして人間は彼らに罪悪感を植え付けられて来たんですね・・・。

      Delete
    5. エタ非人て久しぶりに聞きました。学校で習いましたね。あれが爬虫類人と考えると確かに納得いきますね。

      妖怪ですかー。確かに、妖怪アニメには人間を「喰ってやる」というセリフがお約束のようにでてきますね。
      ろくろっ首がシェイプシフトですか。そう言えば昔話なんかで、めんこい嫁をもらった青年が、夜、隣の部屋で嫁が妖怪に変身してるとこを目撃してしまって追っかけられたとかありますよね。あれ、レプティリアンのシェイプシフトだったのかも知れないですね!
      草木さんの仰る河童なんかも本当にそうですね。河童ってものすごい力持ちで人間を川に引きずりこむとか言われてますよね。肌緑だし!
      なるほど。妖怪と考えると納得いきます。

      そう言えば『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるって、鬼太郎を書くまでは全然ぱっとしない漫画家だったと聞きましたが、あれ以降、売れっ子漫画家になったらしいですね。
      あと、個人的に好きな『夏目友人帳』っていう妖怪マンガ・アニメがあるのですが(それは少女マンガでほんわか系です)、その作者も夏目以降、人気漫画化になったんですよ、確か。

      Delete
    6. 河童と天狗も爬虫類エイリアンに間違いないですね。河童が村に来て、人間と一緒に将棋をしたという話もありました。

      天狗はユダヤ爬虫類人の事なのでは?と考えてます。

      そしてなんといっても鬼を忘れてはいけませんよ。鬼は完全に、人食い爬虫類人そのものですよ。ねぶた祭りにも鬼がたくさん乗ってますし、秋田のナマハゲは「悪い子は居ないか?」「若い女は居ないか?」と出刃包丁を持って家に来て、さらっていくという話ですよね。

      「隠し神」も、遅くまで遊んでいる子供や、かくれんぼをしている子供達をさらっていく妖怪ですよね。これも完全に爬虫類人達です。

      Delete
    7. 私が思うに、エタ非人を本当の爬虫類人と立場の弱かった人間を、爬虫類人側に都合よくすり替えてる感あります。
      そしたら一部の人間を差別させて、爬虫類人が奴隷として使えますもんね!
      人間と非人(爬虫類人)は別ですよ。

      Delete
    8. 『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるのアニメが急に売れるようになったのは、多分、彼がフリーメーソンに入会し、悪魔に魂を売ったからでしょう。1つ目小僧のおっさんは、あの爬虫類王族組織イルミナティの万物を見渡す目(プロビデンスの目)でしょうね。フジテレビのマークも同様にプロビデンスの目ですね。

      Delete
    9. あーそうでした。鬼(なまはげ)忘れてましたよ。
      角に牙に隆々の筋肉・・・レプティリアンそのものですね!
      本当に昔話なんかにはこれでもかってくらい登場しますよね。で、あれだけ昔話に登場するってことは、昔の人の方が爬虫類人を見る目というか能力があったということなんですかね。目撃情報が多かったからこそお話になったんじゃないのかな。

      水木しげるが目玉オヤジを登場させたのは「忠誠を誓います」ってことですか。。。
      あの人、片腕はないけれど、90過ぎた今も元気で、肉や甘いものが大好物で、好きなものを好きなだけもりもり食べてるようですね。

      Delete
    10. an mitsuさんへ
      そう考えていくと
      昔、りぼんで連載をされていた「ときめきトゥナイト」なんかもその手かな?と思いました。
      主人公が魔界人で吸血鬼。
      その母親が狼女で弟が狼男。
      父親が吸血鬼。
      主人公の旦那様は魔界の王子様。
      ストーリー的には綺麗にまとまっていて夢見がちなお年ごろの頃は
      面白く読ませて頂きましたが、読者の小学生くらいの女の子を相手に
      恋愛至上主義的な構成ってどうだったんだろうって思いますね。
      この作者も同じネタで、何回も続編とか番外編を書いて長くやってますものね。

      Delete
    11. 猫山さん、「ときめきトゥナイト」大好きでした。私はアニメだけでしたが。。。
      真壁君にちょっと惚れてました~❤
      あれ?じゃあ真壁君は魔界の王子だったんですか?そこまで観てなかったです。
      しかしこのマンガ、間違いなくレプティリアン組織がバックについてますね。
      女の子に人気でしたが、やっぱり続編、番外編などあるということは宣伝ですよね。人気がある風を装っているんでしょうね~。

      Delete
    12. This comment has been removed by the author.

      Delete



    13. 猫山June 21, 2015 at 11:13 PM

      an mitsuさんへ
      私はアニメ版ってほとんど見たことがなくて。
      漫画を読みました。
      ネタバレしちゃうと真壁くんは魔界の双子の王子様の一人でした^^;。

      ついでに続編では、蘭世と真壁くんが結婚。蘭世の弟とその恋人が主人公。
      続々編は蘭世と真壁くんの娘が主人公。
      更には、別バージョンでときめきミッドナイトとか言って蘭世と真壁くんの立場が逆転した漫画も書いていました。
      更には今年、蘭世の両親の馴れ初めを漫画化・・・・。
      その後、まだこの手の番外編を出すとか出さないとかって話です。
      しかも、本編は漫画化する前にアニメ化してたんですね^^;

      それにしても主人公のお友達がヤクザの娘とか・・・・
      設定も逝ってましたねえ

      Delete
    14. 追伸
      真壁くんは漫画でも人気ありました^^;
      私は、真壁くんに惚れたことは無いけど
      ゲゲゲの鬼太郎ってちょっとかっこいいと思っていた時期がありました^^;
      まだ未就学児の頃でしたが。

      この鬼太郎の影響で子供が夕刻の墓場で遊ぶようになり危惧した大人が
      「ろくろ首とかねずみ男にさらわれるよ」って怒ってました。
      そう考えると水木しげるや池野恋は子どもたちに妖怪や魔界が安全であるとミスリードでもって、お墓とか未知なる世界に誘い出す役目があったのかな?と思いました。

      Delete
    15. 猫山さんへ
      「かっぱのクーちゃん」ですか。
      見たことないですけど、いかにもですねぇ。
      あと、「泣いた青鬼」とかいう童話もありましたよ。赤鬼は人間に恐れられてて、青鬼は人間と仲良くしたくても赤鬼のせいで怖がられて仲良く出来ず、犠牲になって初めて、青鬼が優しいとわかったとかいう内容だったような…
      中にはいい爬虫類人もいたのかも知れませんね。僅かでしょうけど。

      Delete
    16. 草木さんへ
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E7%AB%A5%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%82%A5%E3%81%A8%E5%A4%8F%E4%BC%91%E3%81%BF
      こちらが正確な情報です(*´∀`)。
      「カッパのクウ」でした。
      友達の家でDVDを見たのですが、多くの人間は妖怪にとって残酷だと言わんばかりの仕上がりですね。

      泣いた青鬼って鬼の話の中ではいい話ですね(^-^)。
      爬虫類の中にも良い人はいっぱいいると思います。
      中にはいい人に見せかけといて・・・・・と言うのもあるかもですが・・・。

      Delete
    17. 猫山さん、真壁くんて双子の王子だったんですか?しかも魔界の!?
      そして蘭世と結婚!真壁くん、憧れてたのに~。。。
      確かアニメで見たときは蘭世がモンスターファミリーの子であることを真壁くんに知られないようにしてた気がしたんですが。
      続編だの番外編などすごい広げようですね。それだけファンが多いってことではなく、このマンガから発信したい何かがあるってことなんじゃないですか?
      そうそう、作者は池野恋でしたねー懐かしい!

      鬼太郎を「そういう目」で見られる猫山さんてある意味スゴイ。

      Delete
    18. an mitsuさんへ
      確か真壁くんのお母さんが魔界人で
      双子の王子を産んだことをで不吉な存在だと言われて、魔界での記憶を消されて追放されるくだりだったはずです(汗)。
      気がついたら、人間界の教会の前で気を失っていたという感じだったはず。

      蘭世はアニメとコミックの初期は真壁くんに正体を知られないようにしてましたね^^;。

      この漫画って一途な愛の尊さも訴えていましたが、やはり何か訴えたい事があったのかもしれませんね。
      続々編に行くと前期が主人公が異例の幼稚園児だったということで
      あまり人気が無かった感じでしたし・・・。

      はい・・・ネコ娘に嫉妬するほど鬼太郎がかっこよく見えていました。
      将来「妖怪退治って職業をに就きたい!」と息巻いてたアホガキでした(汗)

      Delete
    19. 真壁くんてそんないきさつがあったのですね。
      もしかすると実際の世界でも、大きくなってから真相を知らされる爬虫類人もいるのかも知れない?
      しかし、フィクション作品を通してノンフィクションを伝えるってのは手が込んでますね。

      私もアニメやマンガに出てくる男の子に結構恋してきましたが、さすがに鬼太郎はなかったですね~^ ^;

      Delete
    20. 私、ときめきトゥナイト夢中で読んでいました
      (^_^ゞ
      猫山さんとan mitsuさんの会話をなるほどーと思って聞いていました。
      何か洗脳が含まれていたとしても好きでしたその漫画。続編からは段々離れて行きましたが。
      これから現実に目覚めるのは嬉しいけど競争や恋愛漫画に陶酔しちゃっていた自分の低い波長を手放すのが少し寂しいです。

      Delete
    21. KANAKOさん、手放すのが寂しいって分かります。
      私も、3次元世界への愛着もまだ残っていて、でもそれを持っては行きたいところには行けない・・・そんな葛藤もあります。
      私たちみたいな人結構いるんじゃないですかね?

      Delete
    22. an mitsuさん、
      返信ありがとうございます(*´-`)
      寂しいですが次に進めるようにします♪

      Delete
    23. This comment has been removed by the author.

      Delete
    24. an mitsuさんへ
      私は母に某新興宗教に入れられていたのですが
      そう言う状態を通して、ちょっとだけこの蘭世と真壁くんの境遇がわかった気がしました(汗)
      信仰がバレると学校では化け物扱いだったので知られないようにしていました。
      教団外の男の子を好きになってしまって「立場が違いすぎる」って悩んでいた思春期の子もいました。私もでした。
      そういう点では、ちょっとバイブル的な作品でした^^;
      原作では一時期人間に戻った真壁くんを追って、蘭世も魔女に作ってもらった人間になる薬を飲んで人間になります。
      そのシーンの影響で私は教団を辞める勇気を頂きました(汗)←ある意味洗脳。
      蘭世と真壁くんは魔界人に戻りましたが、私は教団に戻ってないです。

      私はアニメの中の初恋は鬼太郎でした(汗)

      Delete
    25. KANAKOさんへ
      私も少なからず影響を受けました(汗)。
      やはり自分が良い影響を受けたと思って居たものを手放すのは
      抵抗が出ますね。
      自身も同じです。

      最近、自己暗示で「死んだら持っていけないもの!」を連想して手放す努力・・・・くらいはと思いつつ・・・
      やっぱ難しいです。

      Delete
    26. 猫山さん
      返信ありがとうございます。
      リアルさんの前のブログが消されたときに飯山先生のコメント欄でお見掛けしてホッとしました。
      真壁くん、陰のあるいい男で母子家庭でお母さん思いで、ヒロインがぞっこんという、 、、。
      恥ずかしいですが、思い詰めれば報われる思い込みが出来たような。自分が好きな分相手からも尊重され口にしなくても気持ちを分かってくれる自分用の人が地球上に一人居るって思い込んでしまいました。
      そんな都合のいい事はないし、見返りを期待せず猫山さんとこんな会話の方が楽しいです。
      ときめきトゥナイトの話が出来て良かった、これで次に行けるかもです。
      リアルさんのブログにたどり着けて良かったです
      (*´-`)

      Delete
    27. KANAKOさんへ
      ブログが消された時はびっくりで
      検索しまくったら飯山先生のところにきてました^^;

      私自身もいくらか漫画の影響を受けましたよ~。
      しかし、ここ10年くらい読まなくても平気になりました。
      あ!かと言って、漫画全否定ってわけでもないです。
      気付いたら執着が無くなっていました。
      無意味だな~って思いながら買っていた雑誌のたぐいも気付いたら買わなくなっていました。

      無理にしていかなくても、きっと少しずつ癒えたら手放す日が来ると思います。
      ゆっくり行きましょうね。

      私もリアルさんのブログやKANAKOさん達に出会えて嬉しいです(^-^)!

      Delete
  5. 生中継の笑っていいともの廃止の理由は、生中継中 ホログラムが乱れるからじゃないかな?とこのブログをみて思いました。

    生中継 番組これから 楽しみですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. タモリってイグアナのものまねよくしてましたね。

      Delete
    2. タモリは100%爬虫類人です。消されてしまった私のブログでシェイプシフトの写真をアップしました。生中継の番組の「笑っていいとも」なんかは、シェイプシフトを大胆にしてしまったら消しようがないですからね。もう生中継という番組は無くなってしまうでしょうね。

      Delete
    3. あ、そうだったんですね。タモリのシェイプシフト記事にしてたんですね。
      タモリが黒柳徹子の前でイグアナのモノマネをしたとき、徹子がキャッキャ言いながら笑っていたの思い出しましたが、今思うとあの光景ゾッとします。

      Delete
    4. 黒目が、完全に縦線なんで、サングラス外せないんじゃないですか(笑)?

      Delete
    5. タモさんって実はハゲでスキンヘッドって噂もありましたねw

      Delete
  6. デート中にホログラム剥がれたら大変じやー。

    ReplyDelete
    Replies
    1. はい・・・
      私なんてホログラム以前の化け物顔でございます。▄█▀█●ガーン

      Delete
  7. 日本むかしばなしに人食い山姥の話しがありますが、ジャスミートでレプテリアンじゃないですかー。腑に落ちました。
    山姥の絵柄もウロコが付いていたのは覚えてます。YouTubeでみれますよー。

    はーこのブログで歴史観変わりました。

    ReplyDelete
  8. 最近、芸能人の写真を見てデビュー当初と比べると容姿の劣化が激しいのを感じましたがソーラーフレアの影響ですね。素顔がさらされると整形を繰り返し益々悪化していきますね。そういう悪あがきはよした方がいいですね。

    水木しげるのほかに手塚治虫や藤子不二雄の漫画、ジブリ作品もその分野に入るのでしょうか。ちなみに私はジブリ作品やアニメに興味を示さなくなりました。

    ReplyDelete
  9. 考えると「妖怪人間ベム、ベラ、ベロ」ってそのまんまですよね。けどあれは、ベロたちをいいヤツに描いてました。中にはいい爬虫類もいるのかもしれませんが…
    見極めないといけませんね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 草木さんへ
      「早く人間になりたーい」ですね。。。
      ベロたちって人間になりたくてもなれなかった生命体でしたよね。
      最終回は人間を助けて焼け死んだような。

      Delete
  10. 6月22日夏至のイベントって事?
    ソーラーフレアはダイアモンド光とも呼ぶのかな?

    ReplyDelete