Saturday, June 6, 2015

爬虫類人秘密地下基地をかねた橋の建設で作業員が死んだ



橋から20m落下して死んだという事になっているが、実際には爬虫類人秘密地下基地の建設を兼ねた橋げたの工事で、知ってはならない事を知り、人柱として殺されてしまったという可能性も否定できない。

下の写真をみると山を大きく切り崩してあるのが見えるが、なぜ、こんなに山を大々的に切り崩さなくてはならないのか?疑問が生じる。山を切り崩した下の部分に、爬虫類人秘密地下基地への入り口を思わせる建物がある(赤矢印)。

橋げたも、建物にすると3~4階建てのビルディングの高さはある。ここがただの橋げたという事になっているが、実際にはこの中には、爬虫類人達の施設があり、地上3~4階建て、地下10階建て以上のスペースがあるに違いない。爬虫類人基地の特徴は、地上に見える部分は普通のオフィス・ビルディングだったり、高級ホテルだったり、ダムだったり、トンネルだったり、橋げただったりする。しかし地下には巨大なスペースがあり、深さ10kmまでアリの巣の様に迷路迷宮になっている。


この規模の橋げただったら、相当の深さまで掘ってあるだろう。爬虫類人達が掘る時には、必ず彼等の秘密地下基地を併設する。土砂を止めているコンクリート塀の向こう側にも、なにがしかの施設がある可能性もある。

1 comment:

  1. 橋も、サイモン&ガーファンクルの”明日に架ける橋ならOKなのにネ〜ヽ(´o`;
    でも、二人とも爬虫類かもしれないけど…(~_~;)

    ReplyDelete