Monday, June 29, 2015

箱根で“化学物質”トレーラー転落の謎



ちょっと、上の橋から、こんな離れた県道まで落ちるってあり?普通、真下辺りに落ちるよね?化学物質のドラム缶をたくさん積んだトレーラーは、スパイダーマンの様に、こんな距離をジャンプしたとでも言うのか?それも丁度、県道の上に

炎上をしたというが、回りの木々は焼け焦げた跡は全く見られない。約1時間半後に消し止められたというが、その割には、どのニュースも炎上している動画、または画像は、全く無し!1時間半燃えていたのだったら、その動画や画像の一枚くらいあってもいいだろう。

ニュースには、スクラップヤードから拾ってきた様な部品だけ置いてあるのが見える。その隣の木にも焼け焦げた様子は全く無し。

近所の目撃者は、彼の一張羅みたいな小奇麗なアロハシャツを着てお洒落をしている。目撃者を装うクライシス・アクターに多いパターンだ。彼の目の動きに注目!彼はインタビューをしている男の方を向かず、ある一点に集中している。そう、彼は台本を見つめて読んでいるのだ。

火柱が30mくらい上がっていたと語っているが、その割には、周りの木々が、全く燃えていない事に注目!

ドラム缶が80本も載っていた割には、どのニュースの映像または画像にも、ドラム缶は全く出てこないね。



上空からの映像だが、周りの木々が燃えた形跡は無いは、ドラム缶80本が散らかっている様子も無いは、40mも落下したのだったら、大型トレーラーの部品自体もあちらこちらに散らばるだろう。たとえば下の方にある駐車場やら道などに。それが一箇所に、部品らしきものだけ、ちょこっと置いてあるという感じだ。

えぇぇぇ~!たったのこれだけ?という感じで部品らしきものがポツポツと置いてあるだけだ。周りの木々も焼け焦げた形跡も無い。大型トレーラーが40mも落下して、狭い県道だけに落ちたというのも変な話だ。普通は広範囲に飛び散るだろう。

スクラップヤードからトラックの鉄くずを拾ってきて、そこに置いたという感じにしか見えない。

嘘ニュースと言われるのを避けるために、魚まで巻き添えに

魚を拾っている男の手は、人間の手では無かった

こちらは日テレの報道だが、30匹死んだアユが1万匹死んだという事に。その割には、漁協組合の組長の顔は笑っている。本当に汚染されて1万匹死んだのだったら、普通は笑えないだろう。30匹死んだアユの動画は出ていたが、今だに1万匹死んだ川の様子を映す動画や画像は出てきていない。


しつこい様だが、30mの火柱が上がり、1時間半も燃えていたという割には、周りの木々は全く焼け焦げていない。

結論から言えば、このニュースは再び、爬虫類組織の会議室で作られた嘘ニュースという事になるだろう。

9 comments:

  1. スレ違いお許しくださいませ。

    箱根で小規模噴火です。
    このニュースが嘘で人間から恐怖エナジーを搾取する目的としたら
    噴火で喪失してゆくレプティリアンの巣窟を持ちこたえさせる為でしょうか?
    映像を見ていないので、このトラックのニュースはレプティリアン駆除のニュースだと思い
    喜んでしまいました^^;
    こんな糞細工で人をバカしてエナジーを吸うなんて・・・・

    >>30日12:30、箱根山に噴火警報(噴火警戒レベル3 入山規制 引上げ)が発表されました。(気象庁発表)

    [対象市町村]
    神奈川県:箱根町(火口周辺で入山規制などの警戒)

    ■避難指示
    神奈川県:箱根町 大涌谷周辺(5/6より継続)、姥子地区の一部、上湯場、下湯場地区の一部、早雲郷別荘地 計32施設、46名

    本日(30日)、神奈川県温泉地学研究所及び気象庁が実施した現地調査によると、大涌谷で昨日(29日)確認した新たな噴気孔の周囲において、昨日の調査では確認できなかった火山灰等の噴出物の堆積による盛り上がりが確認されたとのことです。
    また、ロープウェイ大涌谷駅付近で降灰を確認されました。
    これらのことから大涌谷でごく小規模な噴火が発生したものとみられるとのことです。

    今後、大涌谷周辺の想定火口域から700m程度の範囲では小規模な噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要で、風下側では、火山灰や小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意、また地元自治体などの指示に従って危険な地域には立ち入らないよう気象庁は呼びかけています。

    ReplyDelete

  2. ^ - ^♪何を企んでるのか?謎〜(笑)。。。
    リアルさん記事、そのものズバリで面白ーい♪。
    コントみたい(笑)木が焦げてない…魚を持つ手が…魚の数が…組合長が笑ってる…大爆笑でした‼︎(笑)。。。

    ReplyDelete
  3. 科学物質が川に流れたら、川が汚染するんですが、そんな形跡は見えませんでしたね。組合長も笑顔^ ^ なんだそれ?
    物質 暗い顔やブチ切れですよね。
    周囲も焼けた形跡もないねー

    ReplyDelete
  4. 大炎上したら、トラックのタイヤ(ゴム製品)が溶けてしまうが形跡なし笑笑

    猿芝居っすよねー

    ReplyDelete
  5. 箱根の爬虫類基地を探られたらいけないので、人間達が近づかないように策略してるんですかね?

    ReplyDelete
  6. ここは要するに天才のひとりにより作成されているブログですな(*´∀`)ノ

    ReplyDelete
  7. 炎上の映像みつけました。
    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0629/tbs_150629_1896757492.html

    位置的に落ちる位置がおかしいですよねー・・・よくわからないニュースです

    ReplyDelete
  8. 箱根から近い小田原で新幹線火災。
    こんな記事を読んでしまうと
    爬虫類劇場(クリエイト)じゃないか?と思ってしまいます。

    >>新幹線で火災、同乗していたJNN記者に聞く

    TBS系(JNN) 6月30日(火)16時51分配信
     火災があった東海道新幹線「のぞみ225号」の車内には、大阪の放送局・MBSの津村健夫記者が乗り合わせていました。一体、そのとき何が起きたのでしょうか。津村記者に聞きました。

     「小田原の改札を出たところにいます。今まだホームでは「のぞみ225号」が停車していて、1号車、2号車、3号車辺りに乗っていた乗客の方に、警察が事情聴取をしているという状況です。それ以外の乗客は、乗り降りは自由ということで、精算所にたくさん人がいる状況です」(MBS・津村健夫記者)

    ReplyDelete