Tuesday, December 29, 2015

本当の癌の原因は体が酸性になり細胞の酸素量が減るため 重曹で体をアルカリ性にする

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2015/12/the-man-who-discovered-cancer-said-this-you-will-never-hear-this-from-your-doctor-2526930.html
B4INREMOTE-aHR0cDovLzQuYnAuYmxvZ3Nwb3QuY29tLy1zZzUzS3pwZXFUby9WbnNfVDZaaDB2SS9BQUFBQUFBQURtMC9QMXBkaUhFLUdURS9zMTYwMC8lMjUzQmxqbG4uanBn
Noble prize Winner Dr. Otto H Warburg , who discovered the real cause of cancer,  has found that the root cause of cancer is oxygen deficiency. Oxygen deficiency leads to an acidic state in the human body. Dr. Warburg also found that cancer cells are anaerobic (do not breathe oxygen) and cannot survive in the presence of high levels of oxygen, as found in an alkaline state.

ノーベル賞受賞者のワーバーグ博士は、本当の癌の原因をつきとめた。その原因とは細胞の酸欠だった。体がペーハーバランスが酸性になる事により、体の隅々に酸素が行き渡らない現象、酸欠が起きる。

彼は癌細胞が酸素を必要としない性質を持っている事も発見した。癌細胞は、体のペーハーバランスがアルカリ性になる事により高い酸素供給があると、存在できないという事なのだ。
“All normal cells have an absolute requirement for oxygen, but cancer cells can live without oxygen – a rule without exception. “Deprive a cell 35% of its oxygen for 48 hours and it may become cancerous.” 
普通の細胞は酸素供給が必要だ。しかし癌細胞は酸素無しでも生きられる。
体の細胞の酸素供給を35%、48時間の間、減らすと癌細胞に変化する可能性が高い。
Our diet plays a vital role in maintaining proper pH levels in the body. PH balance is the balance of acid and alkaline in all fluids and cells throughout your body. Your body must balance the blood’s pH levels at a slightly alkaline level of 7.365 in order to survive. Unfortunately,  the typical American diet consists primarily of toxic and acid-forming foods like processed sugars, refined grains,  genetically modified organisms, and etc. This  leads to unhealthy acidic pH.
私達の日常の食事は、そのペーハーバランスを平常に保つのに大きな役割を果たしている。ペーハーバランスとは、体内の細胞や体液の酸性とアルカリ性のバランスだ。私達の体のペーハーバランスは、アルカリ性気味の7.365でなければ生きられない事になっている。
しかし不幸な事に、典型的なアメリカ食は主に毒の入った酸性の物が多い。それは精製された砂糖だったり、米や麦だったり、遺伝子組み換えの食べ物だったりする。こういった食事は不健康な酸性のペーハーバランスになっていく。
An imbalanced pH can interrupt cellular activities and functions. Excessively acidic pH can lead to many  serious health problems such as cancer, cardiovascular disease, diabetes, osteoporosis and heartburn. If you keep your body  in an acidic state for a long period of time, it can drastically accelerate aging. Robert O. Young   in The pH Miracle, says, that most health problems arise from being acidic. This is because parasites, bad bacteria, viruses, and candida overgrowth thrive in acidic environments.  But an alkaline environment neutralizes bacteria and  other pathogens.
Therefore, maintaining pH balance  is one of the important tools to optimizing your health.

ペーハーバランスの崩れ(高い酸性度)は細胞の活動と機能を妨げる。異常な酸性のペーハーバランスは深刻な健康問題になりえる。それは癌、心臓病、糖尿病、骨粗鬆症(こつそしょうしょう、もしくは「骨粗しょう症」)、胃腸病など。長期間、酸性のペーハーバランスにしておくと、早く老化する事になる。


ペーハーミラクルの中でヤング氏は「ほとんどの体の病気はペーハーバランスが酸性に傾いている事から起きる」と述べている。


体が酸性だと寄生虫、細菌、ウイルス、カンジダなどに犯されやすい。アルカリ性に体のペーハーバランスを傾ける事により細菌や病原菌、ウイルスなどを中和させる事ができる。

そのため、正しいペーハーバランス(弱アルカリ性)に保つ事は健康を維持する上で重要な事だ。


Home remedies for acidity

ペーハーバランスを酸性からアルカリ性に変える方法


Ingridients
1/3 tsp. baking soda
2 tablespoons fresh lemon juice or organic apple cider vinegar

材料


1/3テーブルスプーンのベーキング・ソーダ(重曹)
テーブルスプーンの搾り立てのレモンジュース、またはオーガニックのアップルサイダー・ビネガー
Method
Mix everything together.  The acid/base combination will immediately begin to fizz. Keep adding baking soda until the fizz stops and then fill the glass with  8 oz. water.
Drink all at once. This home remedy will help neutralizes the pH and create  an alkaline-forming environment in your body.  It will help with  stomach acid and reduce acidosis.
使用方法
上の材料を混ぜる。その混合物はシュワシュワと泡を吹き始める。そして8オンス(1カップ)の水に混ぜ、いっぺんに飲み干す。この方法はペーハーバランスを中和し、体を弱アルカリ性にする。胃酸の酸性を減らす役割もする(つまり強い胃酸により胃痛があるなどの症状のある人にも効く)。

別のベーキング・ソーダ(重曹)の使用方法

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2015/12/baking-soda-and-honey-homemade-remedy-that-destroys-even-the-most-dangerous-diseases-2527036.html

ベーキング・ソーダで癌を撃退!
baking-soda-and-honey
Cancer cells love sugar – and mixing and heating alkaline bicarbonate of soda (BS) with sugar-rich maple syrup or honey, binds the two together such that the maple syrup targets the “sugar hungry” cancer cells (which consume 15x more glucose than normal cells), and thus “sneakily” also carries the baking soda into the cells, as if inside a proverbial maple syrup “Trojan horse”.
癌細胞は砂糖類が大好きだ。ベーキング・ソーダと糖分豊富なメープルシロップ、または蜂蜜を混ぜた物で、糖分に飢えている癌を撃退できる。その糖分は確実に癌細胞に届ける役割をし、癌細胞に届いたところでベーキング・ソーダが癌を撃退!一種のトロージャン・ホース作戦。
The alkalinity of the baking soda either kills the cancer microbe (or reverts it to its hibernation form) inside the cancer cell, such that the cell reverts to normal.  Or, it has an alkalizing effect forcing a rapid pH shift that kills the cell. The shock wave of alkalinity allows more oxygen into the cancer cells than they can tolerate. Cancer cell is reverted or eliminated before the sugar delivery can cause cancer cell growth. Here is the recipe of this amazing homemade remedy.
アルカリ性のベーキング・ソーダが癌細胞の内部に入り、癌細胞を普通の細胞に変える。またはアルカリ性効果が癌細胞のペーハーバランスを変え、癌細胞を殺す。アルカリ性のショックウェイブが癌細胞に酸素を運び、癌細胞が耐え切れなくなる。(癌細胞はペーハーバランスが酸性の細胞であり、アルカリ性には耐え切れない。癌細胞は酸素が嫌い。ほとんど酸素無しで生きている。)
Ingredients:
  • Baking Soda
  • Honey or Maple Syrup
材料
  • ベーキングソーダ(重曹)
  • 蜂蜜、またはメープルシロップ
Directions:
Combine 1 teaspoon of Baking Soda for every 1 tablespoon of Maple syrup or honey. Because there are 3 teaspoons in 1 tablespoon, the ratio used is 1 part baking soda to 3 parts maple syrup or honey. For example, mix 4 tsp. baking soda with 4 tbs. maple syrup or honey. This should be enough for a week. When you mix these 2 ingredients, cook the mixture on low heat for 5-10 minutes. Do not refrigerate this mixture.
ベーキング・ソーダ(重曹)1 対 蜂蜜、またはメープルシロップ 1の割合
たとえば4テーブルスプーンのベーキング・ソーダと、4テーブルスプーンの蜂蜜、またはメープルシロップを混ぜて、低い温度で5分から10分、温める。これで1週間分くらいある。冷蔵庫で保存してはいけない。
Use:
Take 1 tsp. of this mixture 1-3 times per day, for a maximum 1 to 2 month. Don’t take this mixture too close to mealtimes. During this therapy you need to change your diet. You need to decrease the meat intake, and no sugar or white flour.
使用方法
1テーブルスプーン分を、1日に1-3回食べる。食事時間あたりに食べてはいけない(つまり空腹時でないと効果が無い)。この治療方法をしている間、食事も変えないといけない。肉、砂糖、または白い小麦粉(白いパンなど)は避ける。

17 comments:

  1. リアルさん、貴重な記事をありがとうございます。
    食用重曹はうがいやはみがきで使っていましたがこんなに素晴らしい使い方があるのですね!

    ReplyDelete
    Replies
    1. 重曹で歯磨きって正解ですね。上の情報の様に、重曹は弱アルカリ性に保ち、細菌やウイルスを撃退するとなってますからね。虫歯にならないはずです。だって虫歯は精製された砂糖が入った食品などで口の中が酸性になり、その強い酸度により歯が溶けてくる現象ですからね。

      うちでも、この1年間、重曹で歯を磨いてましたが、今のところ3人の子供達も虫歯もまったく無く順調です。以前はオーガニック・ストアーで500円近くするオーガニック歯磨き粉を使っていましたが、2ヶ月以上経つと、チューブに残っている歯磨き粉に細菌が増えているのでは?と心配になりましたが、重曹だとパウダーなので、その心配も無いし、なんたって安い!

      Delete
  2. この記事と同じワールブルグ(ドイツ語読み)博士の顔細胞のPH関連の記事がメールで先日届きました。ミネラル成分を含むイオン水を販売する会社からでしたが、画像がオン時でしたので、同一ソースからの記事かと思います!

    ReplyDelete
  3. 画像が同じでしたので、と訂正します。

    ReplyDelete
  4. 貴重な情報ありがとうございます。m(__)m
    疲れた時には私は梅干しを良く食べています。(^-^)/

    ReplyDelete
  5. Replies
    1. 私も昨日から搾ったライム液+アップルサイダー・ビネガー+重曹を足した水を飲んでいます。味、そんなに悪くないですよ。

      その味で思い出すのが、米国で胸焼けの薬として売られているアルカセルツァー。あの薬、重曹そのものだったんですよ。重曹を1さじ分入っているという感じ。胃痛や胸焼けは、胃酸があまりにも強くなり、その胃酸により自分の胃袋が食べられてしまう様な状態。ひどくなると胃潰瘍になる。その胃酸を重曹を飲む事により弱アルカリ性に直し、胸焼けを治すという事です。

      Delete
  6. せっせと皆んなに教えてます。(^-^)/
    二人重曹を買いに行きました。

    ReplyDelete
  7. 良い事を知りました。ありがとうございます!

    ReplyDelete
  8. 安くて簡単な民間療法を広めて、湯水のように金を扱っていた西洋医学絡みの組織を厳しく糾弾しましょう。大企業に務めていた事が自慢でしたが、それが仇となってしまいますね。

    ReplyDelete
  9. 記事紹介、翻訳 ありがとうございました。
    私も重曹で歯磨きをしています。
    友人にも記事内容を広めたいと思います。

    ReplyDelete

  10. 流石はリアルさん。。。
    私も真似してやってみます♡。
    内側見えないけど オンボロなのは間違いないので(笑)予防にもイイかもしれませんね^ - ^ ピッカピカになりたいですね♪~。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ちょい調べてみたら バナナも尿をアルカリ性にしてくれる唯一の食物とありました。。。
      毎日モンキー( 前世? )のように食べてるので何だか嬉しくなりました(笑)。。。

      Delete
  11. 癌は不治の病というのはレプの悪だくみだったんですね。
    重曹で癌予防できるなら、気持ちも楽になりますね。

    ReplyDelete
  12. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  13. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  14. 低い温度で温めるというのは何度ぐらいのことでしょうか?

    ReplyDelete