Saturday, December 19, 2015

米軍キャンプハンセンという爬虫類人基地で光の銀河連邦による一掃



オーブ的なものが見える。

シェルダン・ナイドルのメッセージにもあったが、現在は浄化の嵐が吹く時。光の銀河連邦による米軍という名のレプティリアン軍秘密地下基地一掃に間違い無いだろう。今年で14件目の山火事だそうだ。光の銀河連邦から激しく攻撃されている証拠だ。

米国海軍の旗の下にあるリボンだが、ただのリボンでは無い。これはヘビを示している。つまりレプティリアン軍という意味。

「オレを踏みつけるんじゃない!」というレプの旗。爬虫類人なのでヘビをシンボルに使用するのが好きだ。
Image result for marine flag

NASAの赤いリボンも、ただのリボンでは無い。ヘビの舌を示している。つまり爬虫類組織という事だ。
Image result for NASA logo

今年は日本でも、多くの米軍基地が光の銀河連邦に一掃された。その代表が日本のリトル・ペンタゴンと言われている相模米軍基地だ。その一掃には、明らかにUFOがたくさん現れていた。

関連記事

相模米軍補給基地を一掃しているUFO


光の銀河連邦UFO 相模原米軍基地を一掃


光の銀河連邦に爆破された相模米軍基地の秘密


5 comments:

  1. リボンは可愛い感じでは無く、長くダラダラとしたデザインですね。まるで蛇ですね。しかもイカリで地球を串刺してます。趣味が悪いデザインですね┐(´д`)┌ヤレヤレ

    ReplyDelete
  2. どんどんお願いします!

    ReplyDelete
    Replies
    1. トロトロ打ってたら草木さんのコメが前に!(^^*)
      光の銀河連邦さん、よろしくお願いします!

      Delete
    2. おかゆさん、思うことは一緒ですね!

      Delete
  3. ほんとですね。リボンにしては軽やかさがないというか..。
    イカリで串刺し、鷲が乗っかる、蛇が這い回る。地球さん、重たくて可哀想です。こんなんでずっとやってきたんですね。

    ReplyDelete