Thursday, April 28, 2016

阿蘇山のカルデラ地下、熊本市、宇土市には巨大な秘密軍事基地があった

読者の方からの情報
http://blog.goo.ne.jp/ADoI/e/60e7d54921ebaa4f1068e442e96e480c

映画007の日本を舞台にした映画の1コマ。阿蘇山噴火口地下に作られた爬虫類人秘密地下基地。
今回の記事は本来トピックとして掲載することを意図していなかったものですが、熊本の大地震を受け、関連情報として取り上げることにします。


■日本を舞台にした007シリーズ映画

「You only live twice」邦題の「007は二度死ぬ」は、半世紀近く前の1967年に公開された人気スパイアクション映画の007シリーズで、唯一日本を舞台にした作品です。



カット1:タイトル画面、タイトル曲「You only live twice」も名曲です
(C)Fox Home Entertainment


カット2:左はタイガー田中役の丹波哲郎、右はジェームス・ボンド役のショーン・コネリー
     皆さんお若いですね。ちなみにこれは東京の地下を走る秘密地下鉄内のシーン
     原作者はこの時すでに東京地下の秘密鉄道網について知っていたのか?



ストーリー概略:
 米ソの宇宙船が宇宙空間で消滅。米ソ政府は互いにその首謀者を冷戦の相手国であると疑心暗鬼に陥った。その渦中、MI6(英国情報部)は日本国内のある地点から国籍不明のロケットの発着があるとの情報を得る。米ソの全面戦争の危険が高まる中、007の称号を持つMI6諜報員ジェームス・ボンドが日本に派遣された。ボンドは日本の秘密警察の責任者、タイガー田中と接触し、日本国内の秘密ロケット基地について潜入調査を始める。


この映画のストーリーの中で、その秘密基地の在り処は「神戸と上海の間にあるカミ島」という島であるとしています。以下、そのカミ島上空を特殊武装のオートジャイロで偵察飛行するシーンです。


カット3:オートジャイロに乗るボンド


カット4:カミ島にある火山の噴火口


カット5:噴火口上空を飛行するボンド


ここで、読者の皆様に質問なのですが、この撮影現場となった噴火口はどこの火山だと思いますか?

 答は「阿蘇山」です。


実は、ここにこの映画が示す重要なメッセージが隠されているのです。

■国際軍事評論家B氏が語る映画の暗号

007シリーズの原作者と言えば、知る人ぞ知るイアン・フレミングですが、実はB氏の旧い友人でもあったそうです。B氏から「007は二度死ぬ」を観るように薦められたのですが、その時にB氏からは次のように説明を受けました・

「イアン・フレミング自身が実は本物の英国海軍中佐であり、ジェームス・ボンドのモデルは彼自身なのです。そして、彼の書いた作品には彼が入手した様々な情報が形を変えて織り込まれているのです。なぜこの作品の撮影ロケ地が阿蘇であったのか、実はそこに重大な意味が含まれています。」

映画ではカミ島は神戸と上海を結ぶ航路の間にある島とされていますが、この大雑把な位置関係の中に九州全土が含まれることは明らかです。また、少々強引な解釈となりますが、カミ島の「KaMi」を母音変換すると「KuMa」となります。この母音変換というアナグラムの変換手法は、基本的に母音表記をしないヘブライ語の性質をベースしたものです。ヘブライ語的にはどちらも同じ「כ(メム)מ(カフ)」あるいは「KM」という表記になります。つまり「カミ島」の「カミ」は熊本の「クマ」を表しているとも解釈が可能なのです。


果たして、そのカミ島(阿蘇山中)にボンドは秘密ロケット基地を発見するのです。



カット6:噴火口の地下に作られた秘密基地


サービスカット:和製ボンドガールのアキ(若林映子)さんが可憐です♪


■帰ってきた秘密組織

これは少々蛇足的な情報かもしれませんが、ボンドが潜入した秘密基地の首謀者で、米ソ間の核戦争勃発を画策した秘密組織は「スペクター(spectre)」と言います。このスペクターさんはしばらく007シリーズから遠のいていたのですが、ご存知の通り、今年の最新作で復活しました。しかも作品名そのものが「スペクター」となっています。

この秘密組織名の復活にいったいどのような意味が込められているのか、まだ十分に解析ができていません。しかし、前作の「スカイフォール」に日本へのメッセージが散りばめられていたように「007は二度死ぬ」と関連して日本向けのメッセージが含まれているのは間違いないと思われます(*1)。


写真1:007最新作「スペクター」のポスターより

*1 日本向けのメッセージ:最もストレートな解釈は「スペクターは二度死ぬ(Live Twice)」つまり「秘密組織(旧帝国陸軍系)は復活しようとしてるが、MI6(英米日政府・海軍系)はそれを許さない」という警告です。極端に寄れば、熊本の震災は両者による局所的紛争の現れということになります。ただし、このような2局対立構造による解釈は、第3局、4局の存在を見落とすことになるので注意が必要です。世の常として人の組織構造とはそんな単純なものではありませんから。


■007と熊本地震

 先の連絡用記事「Mt. Big Flat」で、熊本県の益城町に旧陸軍時代の巨大地下壕が築かれているのではとお伝えしましたが、地図をよく見ると益城町は阿蘇外輪山西側の裾野の平野部にあることがわかります。軍事的に地勢を読めば、平地の地下は出入りには便利ですが、防御に不十分ですし、何より目立ちます。益城町に始まる地下壕は東の南阿蘇の山中に続き、地下壕の中核部分は人目に付かない南阿蘇の山中に造営されていると見るのがより現実的であると推察されるのです。007の映画はまさにそれを伝えようとしてるのではないでしょうか。

 ここで、熊本地震関連の報道を確認します。

引用元URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/20160418-OYT1T50053.html
---------------------------引用(ここから)-----------------------------
南阿蘇村の不明は9人に…熊本地震、懸命の捜索
2016年04月18日 13時42分


 熊本県を中心に相次いでいる地震で、自衛隊や警察などは18日も、大きな被害を受けた同県南阿蘇村などで懸命の救助・捜索活動にあたった。

 同村では16日未明に起きた最大震度6強の地震で大規模な斜面崩落などが発生。県災害対策本部は18日、同村河陽地区と長野地区を中心に、土砂崩れや家屋の倒壊などで計9人の安否がわからなくなっていると発表した。生存率が急激に低下するとされる「災害発生から72時間」が19日未明に迫っている。

 同村ではこれまで7人が安否不明とされていたが、同村でさらに2人の安否不明者がいることが明らかになった。村によると、9人の内訳は河陽地区の別荘地などで6人、長野地区の「ログ山荘火の鳥」近くで2人、阿蘇大橋付近で1人。

(以下略)
---------------------------引用(ここまで)-----------------------------

熊本の大災害は「益城 → 南阿蘇」へと移動しており、私が推測する旧陸軍地下壕網と一致することがわかります。また、その他の報道では南阿蘇への交通網が一部を除いて遮断され、2500人の自衛隊員が南阿蘇の災害救助に派遣されているとされています。

穿って観すぎだと怒られるかもしれませんが、旧陸軍時代には最強の第6師団を擁し元々陸上自衛隊王国である熊本に(よその土地から)2万人規模の自衛隊大増援を決めた日本政府や、オスプレイを派遣を決めた米軍の発表に非常に不自然なものを感じます。

南阿蘇周辺の橋やトンネルが崩落したのは本当に地震によるものなのか、外地から派遣された自衛隊員が本当に災害救助だけを目的とした部隊なのか、現地にいる方は彼らの動きに注視する必要があるでしょう。

■川内原発と南阿蘇原発

福島の原発事故後、九州の阿蘇地域で放射線値が高いと話題になったことがありました。北九州の放射能汚染瓦礫の焼却が原因かと騒がれましたが、本ブログでは、そうではなく九州全土に亘る核開発ネットワークが原因である可能性を「憂うべき日本の現状(4)」で指摘しました。

実は、その可能性に加えてもう一つ阿蘇地方の放射線値が高い理由が考えられるのです。それは、南阿蘇の地下壕内に原子力発電施設が作られているというものです。なぜそのような考えに至るのか、一つには高森町など南阿蘇は地下水源が豊富な土地であり、原子炉の冷却に必要な水の確保に適していること。これは関東の地下水脈が集まる東京の地下原発にも言えることです。そしてまた別の核施設の建設条件が整っていることにあります。その「別の諸条件」については、「123便事件と川内原発(2)」で予告した、原発の存在理由が深く関わっています。ヒントとしてはそこに断層があることも大きな条件の一つです。その具体的な内容については予告通り追って説明したいと思います。


 * * *


今回の災害でも東海大学阿蘇キャンパスの学生さんが犠牲になったようです。若い人の死は本当に心が痛みます。ここまで来ると、東京大学は元より、日本大学や東海大学などマンモス私立大学と軍部の繋がりも指摘しなければならないと感じます。関心のある方は、東海大学の阿蘇キャンパスにどんな学部が置かれているか調べてみてください。農学部が有名ですが、軍事に直接関係する高度な専門学科も置かれています。

転載終わり

映画007、007の属する組織とは?それはもちろん爬虫類組織。ユダヤ組織とも言えるだろう。ユダヤ人とは、月で、爬虫類エイリアン達の遺伝子と、人間の遺伝子を混ぜてクリエイトされたハイブリッド。そのハイブリッドの目的は、地球の人間達をユダヤというハイブリッドを使い支配する事。ユダヤは人間家畜(ダヤ人達は、私達ゴイムを羊達とも呼んでいる)支配コントロールしている羊飼い。

日本のほとんどの人々が、日本と言う国は、独立した国と思い込んでいる人々が多いが、実際には、ユダヤに支配されている国なのである。こういったユダヤ人達はジャパン・ハンドラーとも呼ばれている。つまり日本とはユダヤ人達が支配している国という事になる。

日本にある多くの爬虫類人秘密地下基地は、日系爬虫類人達によって建設されたものもあるかもしれないが、ほとんどすべての爬虫類人秘密地下基地は、ユダヤの指揮の下、建設使用されているのである。だから爬虫類人秘密地下基地には、多くの白人のホログラムを着たユダヤ人達が常駐している。

証拠ビデオ

福島原発から、そう遠くない場所にある爬虫類人秘密地下基地のビデオ。おもしろそうな滑り台を滑り降りていくユダヤ人達。その地下で、彼等は純粋のレプティリアン?を目撃する。彼等は幽霊と考えららしい。最後に「殺すよ!」と話し声が聞こえたという。ここは、地下500m深い場所だという。


爬虫類組織が地下施設で、小規模原発を建設するのは、よくある事だ。そのドキュメンタリー映像として、グリーンランドに存在する米軍地下基地の地下小規模原発と地下基地が存在する。

グリーンランドの氷の下の米陸軍原子力軍事基地 キャンプ・センチュリー

米国陸軍は1963年、このグリーンランドの氷しかない平野の厚い氷の下を掘り、氷の下に軍事基地を作った。その基地には300人近い軍人達が働いていた。その基地には小規模の原子力発電所があり、すべての電力を担っていた。この基地はグリーンランドのチューレから150マイル(241Km)東にある。

グリーンランドのチューレには、米軍空軍基地がある。そして、強力なレーダーが並ぶHAARPの施設もある。




チューレには人工的なピラミッド型の山もある。是非、はやし浩司さんにエイリアン・ラインをつけてもらいたいです。(笑)

The U.S. Army's Top Secret Arctic City Under the Ice! "Camp Century" Restored Classified Film


米国陸軍秘密基地キャンプ・センチュリーはグリーンランドのチューレから150マイル(241Km)東にある

氷の上を走る軍事用車

チューレから建築用資材を乗せたコンボーイ時速3kmで軍事基地まで3日かかるそうだ。

基地に移動中の爬虫類人達の食事。やはり、肉中心だ。人肉が入っていない事を望む。

移動中のトレーラーの中での睡眠。狭い簡易ベッドだ。半袖T-シャツや裸で寝ているという事は、中はかなり暖かいという事だ。

300人近い軍隊や調査団を収容する大規模氷の下の軍事地下基地だ


建物は全部プレハブで1日で組み立てられる。背の高い軍人が多いのに、天井が低すぎないだろうか?

床屋さんもちゃんとある

氷を削って原子炉建屋を地下に造る

かなり深く氷を掘ることができた。ここが原子炉建屋と建てる所。

建物は鉄骨で造る。労働者は高い鉄骨に登り危険な作業をする。爬虫類人の軍人は命知らずだ。

使用する水の井戸も掘れた

ここは万が一の非常口。地下基地の何箇所かに非常口がある。

原子炉のスティーマーが届いた

これが原子炉の燃料が入る建物だ

原子炉の燃料棒を素手で取り出す。この燃料棒にはウラニウム235500グラム入っている。被爆はしないのだろうか?

素手で包装紙から取り出す。作業している人は、まったく危険性がない様に扱っている。爬虫類人達は、放射能に対して免疫でもあるのだろうか?

作業者は放射能に対する防護服も、まったく着ていない

燃料棒をきれいにフキンで拭く

燃料棒を手で持っている鉄の棒で燃料保管場所の3メートルの深さの水に沈めるすべて手作業だ。


そして燃料棒を、持っている鉄の棒で核リアクターに移した。するとニュートロンが増え始め温度が上がり始めた。そして発電に成功した。


そしてキャンプ・センチュリーは近代的な氷の下の地下基地になった。

シャワーと洗面所も完備し

礼拝堂に牧師も居り

近代的な広いキッチンで300人分の食事を用意し

食事もそんなに悪くはない

狭いがカフェテリアもある

窓はないが心地よく住める部屋がある

 

しかし、ほとんど素手でT-シャツのラフな格好で、核燃料棒の出し入れを手作業で行っているというのはすごいな。普通は何万シーベルトもの放射能被爆で即死という感じだが、作業員は平気で作業していたね。燃料棒って素手で触っても死なないものなのだろうか?それを考えると、福島原発の放射能汚染って大げさなのかな?とも考えてしまう。

なぜ米軍が世界中に軍事基地を建てられるのか?それは、米軍はアメリカの軍隊ではなく、世界の王族貴族のイルミナティの軍隊だからだ。つまり、米軍とNATO軍とはあまり変わりはないという事だ。米軍は米国にいる人々が所属する軍隊だが、世界中に基地があり、世界中で人殺しと略奪強盗をしている。NATOは世界各国からなる軍隊で、世界中で人殺しと略奪強盗できる。

米国陸軍の建設部隊のアーミー・コープのロゴを見れば分かるが、世界の王族貴族のイルミナティの城がロゴになっている。アーミー・コープは主に軍事施設の建設をしているが、米国の高速道路網や橋、ダムなども彼らが手がけている。つまり、高速道路網や橋、ダムも軍事施設という事だ。

7 comments:

  1. 阿蘇山噴火口地下の秘密基地、グリーンランドの氷の下の秘密基地、秘密がいっぱいですね~。案外簡単そうに原子力発電していますよね。高速道路、橋、ダムも軍事施設。なぜ軍事か、光という敵と戦っているから。(゜Д゜ )

    ReplyDelete
  2. では日本が倒れれば、全てが終わる話なんですね。一回終わっておけば?

    ReplyDelete
  3. 核反応を起こす前の燃料棒は弱い放射線しか出ていないので、
    取扱いには注意が必要ですが大したことはないです。
    一度原子炉に入り核反応を起こすと猛烈な放射能を帯び、
    そばに寄っただけで人間なら即死状態です。

    でもレプなら放射能から身を守る科学技術を持っていても、
    おかしくありませんよね。

    ReplyDelete
  4. 出た〜〜!はやし浩司さんのエイリアン・ライン(爆笑)!
    一時期よく見てました〜。
    新しいトピックは出てるんでしょうか?かなりの量ですからね。見るのも大変です。
    これ見て思いましたが、放射能はそんなに危険じゃないという嘘を人間に擬態したレプならさせられるだろうなと。

    ReplyDelete
  5. これとは違うものですが、数年前に見た動画に
    「地下のずっと下の方を下っていくと(地下50階?)、手招きする幽霊のようなものが見える。幽霊のように見えるがレプティリアンだ」
    という主旨のものがありました。
    それがまさに今回紹介してくれてる動画とそっくりでした。
    半透明で、くっきりはっきりとは見えない白っぽい人型のものが
    入口付近で手招きしてました。
    やはりそうなんですね

    ReplyDelete
  6. くまモンで得た売上は、熊本の地下の爬虫類組織の運営費に使われてしまった。ご当地キャラクターは一般人に、ゆるキャラ可愛いと言われてキャラクターグッズを買わせて、爬虫類組織に献上させる宣伝マン。芸能人と同じです。鈴木奈々とかローラとか悪気の無い天然お馬鹿キャラで、バラエティに出て、一般人に「天然だな〜馬鹿だなー」と思わせといて、一般人よりも多く爬虫類組織から給料を貰ってるので芸能人からみれば、「一般人よりも馬鹿だと思わせて、一般人に優越感を与えとけば馬鹿演じ代として給料を貰える。おいしい仕事」というわけです。ミヤネ屋とか坂上忍とかマツコ・デラックスや有吉はカメラの前で、あーだこーだ文句言って一般人に「そうだそうだ!!痛快だ!!」と思わせて、社会の不満をガス抜きさせる役割を担っています。有吉が出てた「エスタックが有る!!」というコマーシャルですが、「こんな薬を飲んでたら、どんどん強力な風邪薬を飲んで休まずに仕事して、身体がおかしくならないの?」って、社会現象に文句言う系のガス抜きキャラを貫けよ!それくらい言えよ!って思います。

    「有吉くーん!お金をあげるからTVを観てる社畜に向かって、病気でも休まず働け!!って伝えてね」と製薬会社に任命された有吉くん、両手に風邪薬を握りしめて全力にアピール。
    https://youtu.be/OeNvEx1Y1SU

    有吉に限らず、芸能人の仕事は、社畜のガス抜き&奴隷化・病気化です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 激しく同感しま〜す♡”。。。
      CM御出演のタレント共は 企業の中身を把握してから
      仕事しないと 纏めて詐欺師同然‼︎
      ( ̄▽ ̄)二ビルの刑ですね。。。
      アレで飯喰う…全く恥ずかしい連中です。。。

      Delete