Saturday, April 23, 2016

レプティリアン秘密地下基地が映画の場面で分かる

下のYoutubeビデオ、前置きが長いので、ビデオの3:00辺りから見ると良いです。グロ注意!


たくさんの人々が殺されている爬虫類人秘密地下基地。生き地獄と言っていい。爬虫類人達にとっては、人間はただの奴隷、そして食料。若い女性と子供達から取った血は、彼等にとっては人間の姿を保つ上で必要なものだ。そのために人間の血を集めている赤十字社はある。赤十字社は、その国のブルーブラッドの人食いレプティリアン王族貴族皇族によってオペレートされている。日本では、天皇家が日本赤十字社のオーナーだ。

10 comments:

  1. 日本にも、旧帝国陸軍の地下壕が10,280箇所あるそうで、レプ仲間でまだ使っているのではないかと思われます。
    早めに一掃して頂き、明るい日の光で明らかにして欲しいです。

    http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/04/041226_2/02.pdf

    http://haikyo.crap.jp/ck/990.html

    ReplyDelete
    Replies
    1. 帝国陸軍って人食いレプティリアン軍団そのものですよね。

      「帝国」と聞いただけで「爬虫類人の」という感じですね。

      Delete
    2. 例の地下壕の表を見てみると、最近一掃された九州に地下壕が多いですね。

      鹿児島県 3149
      宮崎県  744
      長崎県  738
      熊本県  655
      広島県  614
      大分県  586
      神奈川県 517
      静岡県  477
      千葉県  387
      山口県  330
      沖縄県  248

      地下壕の少ない県は

      秋田県 7
      新潟県 7 など

      これって差があり過ぎますよね~?やっぱりレプティリアン達は、温暖な九州地方が好きみたいですね。

      情報ありがとうございました。

      Delete
    3. 廃墟のサイトも興味深いですね。こういった廃墟に見える場所。いまだに爬虫類人達に使用されています。そういったところは、必ず鉄格子と鉄扉みたいなもので、頑丈に守られてますね。

      Delete
  2. 映画がのタイトル教えて貰えますか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. 映画のタイトルは知らないですが、ニコラス・ケイジが出ているでしょ?彼は韓国人のレストランで働いていたウエイトレスと結婚した男。その男の出ている映画をチェックしてみれば分かるでしょう。

      Delete
    2. コメントに「The underground scene is out of the quasi-documentary movie "Wolf Creek 2".」とあるから、ウルフクリーク2 なのかな?

      Delete
  3. 最後の勢ぞろいの図が凄いですね。皆まとめて反省星送りでお願いします。
    <(´・д・`)ノ

    ReplyDelete
  4. リアルさん、きれいなあおいそらさんありがとうございました。原題『ウルフクリーク2』邦題『ミック テイラー史上最強の追跡者』で見つかりました。実話を元にだそうです…
    挨拶遅れてすいません。
    3年ほど前にワクチンについて調べているうちにここのブログにたどり着きました。それから毎日購読しています。
    以前紹介されていた『ミッドナイトミートトレイン』も観ました。
    『彼等が(レプ)地上に出て暴れないように(食い荒らさない様に)我々が肉を運んで秩序を守っている。この仕事は(ブッチャー)は名誉な事だ』だったかな?とても印象的でした。
    人肉食の映画って沢山ありますが(地底人とか)どれも実話なんでしょうね…
    いつも記事を楽しみにしています。
    勉強させて頂いています。
    これからも応援しています。

    ReplyDelete
  5. 人々をたらふく食べお腹一杯…

    ホラー映画で儲けてお腹一杯…

    ( ̄◇ ̄;怪物ですね…。
    遭遇する前に 消滅願います。。。

    ReplyDelete