Saturday, April 9, 2016

爬虫類人秘密地下基地のある首都高速トンネルで煙が充満 光の銀河連邦首都高爬虫類人基地の一掃



首都高トンネルと言ったら、最近記事にした例の人食いエイリアンの住む帝国陸軍の井戸のある場所。


皇居直下の帝国陸軍第126号井戸 人食いレプティリアン皇族達の御食事処


首都高トンネルに入り口がある帝国陸軍の秘密地下基地には、目がほとんど無くて、鼻の穴の様な目のがあるエイリアンが人を食べていたそうだ。その描写は、映画ミッドナイト・ミート・トレインに出てくるレプティリアンそのものだった。

そして今回の火災

下の切り取り写真を、よ~く見てほしい。火災の起きた首都高トンネルの場所には、爬虫類人秘密地下基地の入り口らしきものが見える(赤矢印)。

ヤクザらしき男がウロチョロしている。例の人食いエイリアン帝国陸軍井戸の話にも、その場所は爬虫類組織の暴力団によって管理されているとの事だった。きっと、このヤクザの兄ちゃんも、この人食いエイリアン地下基地を管理している爬虫類人に間違い無い。ヤクザとは職種では無く、爬虫類人という人種なのだ。

赤矢印の装置は、人食いエイリアン帝国陸軍地下基地に、直接連絡ができる装置か何かだろう。

人食いエイリアン帝国陸軍地下基地に空気を送るための送風孔。地下基地も巨大なら、送風孔も巨大だ。

こちらは人食いエイリアン帝国陸軍地下基地に通じる非常用出口。普段は閉じている。


その非常口の前でカメラを抱えるスキンヘッドのレプティリアン。スキンヘッド=レプティリアン。

映像はボケているが、いかにもエイリアンという感じの消防士。目が大きく黒い。

車が爆発し、火だるまになったと述べているが、人食い爬虫類人秘密地下基地そのものが、光の銀河連邦に一掃されたためと考えた方が自然だろう。

指先が細過ぎる女。彼女もきっと人食いエイリアン秘密地下基地から避難して来た爬虫類女に間違い無いだろう。

人間には見えない爬虫類人達が、続々、地下から避難して来た。

酸素ボンベを背負って、これから人食い爬虫類人秘密地下基地へ、死亡したレプ達を捜索しに行く爬虫類人消防士達。

9 comments:

  1. こんにちは(・∀・)
    一番下の画像に写っている女性の
    指も異常に長いですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. その女性、下から3番目の写真の爬虫類女性と同一人物。

      Delete
  2. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  3. すでにご存じかもしれませんが、1989年に、ロシアのシベリアで地質調査をしていた地質学者が地下14kmのところで空洞を発見。奇怪な音が録音されましたという記事がありました。http://www.xzukan.net/archives/22412492.html

    ReplyDelete

  4. 酸素ボンベ≧▽≦)ウケました(笑)。。。

    此の前 溜まっていた仕事片付け 三度寝した時に見た夢と 出入口車のような形で 一致しました(笑)一掃のお手伝い?的な夢でした〜かなり向こうに黒い影が横切り 其奴目掛けて supermanの如く秒速で飛んで行ってグウパンチ(笑)‼︎。
    ((((*゚▽゚*)))爽快で〜した。。。

    ReplyDelete
  5. yupan Fantasyさん、素晴しいご活躍ですね~。(*^ワ^*)♪

    ねじりはちまきのヤクザがウロチョロ^^。「ヤバイ仕事」の裏が取れました~。
    首都高の深い闇に光が射し込みましたね!ヽ(^-^ )

    ReplyDelete
    Replies

    1. おかゆさん(≧∇≦)反応有難うございます〜♡”。
      but...夢なのが残念(笑)もっと自身を高めて 現実にしたいです♪。。。

      Delete
  6. >死亡したレプ達を捜索しに

    でも数年で復活できるんですよね?
    チートっすなあ()

    ReplyDelete