Tuesday, April 19, 2016

俵山トンネル崩落 併設の爬虫類人秘密地下基地も崩落か?

崩落した俵山トンネル。長さが2057mもある。トンネル併設の爬虫類人秘密地下基地も巨大なものに違いない。
http://ringosya.jp/kumamoto-aso-tawarayamatonneru-houraku-25449

この俵山トンネル(赤矢印)脇には、巨大な風力発電が存在する。

扇坂展望所から見た風力発電
「扇坂展望所」の画像検索結果

この近辺には風力発電している場所が、もう1箇所ある。

風力発電は、爬虫類人秘密地下基地の存在を示している。彼等の基地に電力を供給している。1ヶ月前くらいに、米国フロリダ州でも、風力発電機を製造しているGE(ェネラル・エレクトリック)の工場が竜巻でひどいダメージを受けたばかりだ。つまりGEは光の銀河連邦に攻撃されたという事。

そして俵山トンネルという巨大なトンネルも秘密地下基地併設になっている。国という爬虫類組織がトンネルを建設する時、それは彼等の秘密地下基地を建設する時だ。トンネル建設という名目で、彼等の地下基地を建設できる良いチャンスだからだ。

その俵山トンネルが崩落したという事は、爬虫類人達の秘密地下基地も崩落したという事に間違い無いだろう。

その他にも、黒川第一発電所が破壊されたという。
http://ringosya.jp/minamiaso-kurokawadai1hatudensyo-houraku-25644

水力発電所脇が、ひどくえぐられている事から、ここにも爬虫類人秘密地下基地があった可能性が高い。

グーグルマップで見ると、水力発電所のパイプがやたらと長い事が分かる。本当に水の通るパイプだろうか?それとも爬虫類人達の秘密通路?

こちらが配水管のストリート・ビュー。

この南阿蘇村には、この他にも怪しげな場所が多い。

上の施設の辺りに存在する怪しげな施設。もちろん爬虫類人秘密地下基地併設のゴルフ場もある。

南阿蘇村には、爬虫類人秘密地下基地に電気を供給するソーラー・パネルも多く存在する(赤矢印)。

6 comments:

  1. 南阿蘇村の阿蘇ファームランドにはドーム型宿泊施設があり、こんな家なら地震に強くていいかもと思いましたが、今見るとドルメンに見えます。(´ ▽`).。o
    http://www.asofarmland.co.jp/stay/hotel/dream.php

    ReplyDelete
    Replies
    1. 中に入ったら、突然、ドアが開かなくなり、ドアが開いた際には誘拐拉致され、人食い爬虫類人達の御食事になる、なんて事がありえそうですね。子供達をターゲットにしているのも危険な証拠。

      Delete
    2. 「窓から恐竜の顔がのぞいている部屋も」あるって、まんまですよね~。
      (▼_▼メ)   |柱|。・)

      Delete

  2. (´・Д・)σ 見事にえぐられていますね〜;。
    風力発電も水力発電もレプが手を出すモノは 全て地下の為(笑)
    地上の私達の為では無い事は〜バレバレですね(笑)。。。

    ReplyDelete
  3. いつも情報提供ありがとうございます。
    火星人の生まれ変わりの人の話がのってましたので共有します。
    https://www.youtube.com/watch?v=iJ8gnVjpRlY

    ReplyDelete