Sunday, April 17, 2016

光の銀河連邦は車社会からUFO社会への切り替えをする



トヨタの工場は地震の影響で閉鎖。これは自然の成り行きだ。

ガソリンという臭くて有害な物質によって走る車の生産は、もう終わりだ。電気自動車も要らない。

車、それは巨大で危険、そして醜い高速道路などのインフラが必要な乗り物。

スペースシップであれば、そんなインフラも一切要らない。光の銀河連邦は、できるだけ早く、危険で公害をもたらしている車の除去を計画している。

そして人々には、小型のスペースシップ、もしくはテレポーテーション技術が提供されるだろう。シェルダン・ナイドルの話によると、スペースシップ同士がぶつかりそうになったら、磁石のN局とN局がくっつかない様に、ぶつからない構造になっているらしい。地球上にUFOが落ちてきたなどという事は、本当に稀な事であり、安全性は高い。

ベンツ、ポルシェ、ジャガーなどの高級車も、地球上から一掃される。危険で公害をバラ撒く乗り物として...。

8 comments:

  1. 地球を傷める道路などは要らないし、フリーエネルギーになれば水も作れるし、ガスや下水のインフラも必要なくなる。

    お金中心のアヌンナキ爬虫類文明は早く終わって欲しいね。

    ReplyDelete
  2. 実現したら夢のような世界になりますねぇ(´∀`)

    ReplyDelete
  3. 山崎工場も稼働していないらしいです。

    ReplyDelete
  4. 子供の頃から、車に乗ると車酔い。
    もーいらないわ。
    地球の美しい大自然と宇宙をUFOで自在に移動する…
    想像しただけで興奮します(≧∇≦)

    ReplyDelete


  5. (*˘︶˘*).:*実現すること瞑想します〜♡”。
    何しようかなぁ〜(笑)楽しみィ。。。

    ReplyDelete
  6. 猛スピードの金属と生身の人間が行き来するのだから、どちらにとっても不安と恐怖。。毎日負のエネルギーを効率よく量産してる(ー ー;)
    車に関するいい事あるかなぁ…石油、道路、汚染、事故…自己顕示欲(^_^;)

    ReplyDelete
  7. UFO社会、いよいよ来るんですね~! 熊本の状況を見て、本当に今の社会が終わるという感覚が身に迫ってきました。+。゚(o゚д゚o)゚。+

    ReplyDelete
  8. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete