Wednesday, January 27, 2016

ドイツでのユダヤ人虐殺(ホロコースト)は存在しなかった



第二次世界大戦中のドイツで、ユダヤ人虐殺(ホロコースト)は実際には存在しなかった。あるユダヤ人の証言によると、カッパ(ユダヤ語=ヘブライ語でユダヤ人の守衛という意味)によって強制収容所のアウシュビッツは運営されていた。

そこにはヨーロッパ近隣から移送されてきた人々が収容されていた。特にユダヤ人とは限られていなかった。ヒットラーもユダヤ人。強制収容所もユダヤ人によって運営されていた。だからユダヤ人達が強制収容所に居ても、反体制側のユダヤ人達のみだったのだろう。そんなケースは少数という事だ。

下の画像は赤十字が作成したドイツの強制収容所での死亡者の数だが、約27万人となっている。ヨーロッパ近隣の国々から連れてこられた人々と書かれているが、特にユダヤ人という記述は、この書類には無い。

しかしユダヤ組織、特にイスラエルが主張している強制収容所でのユダヤ人の犠牲者の数は6百万人だ。第二次世界大戦は5年間続いたが、イスラエルが主張するユダヤの犠牲者の数6百万人で計算すると、30秒おきに1人のユダヤ人が殺された計算になる。

ドイツは今までに、第二次世界大戦でのユダヤ犠牲者のために、35兆ドルもの巨額の金をユダヤ組織、そしてイスラエルに払った。嘘の申告で、巨額をドイツからゆすり取っているのだ。

ユダヤの手口、それは「嘘も、何回も繰り返せば、真実に変える事ができる」というものだ。

下の男がドイツの強制収容所アウシュビッツのユダヤ人証言者(嘘つき)だが、自然と「カッパ」というヘブライ語が出てきた。「カッパ」とはユダヤ人の守衛という意味だ。つまりアウシュビッツ自体がユダヤ人達によって運営されていたという事だ。

彼の証言(嘘)によると、アウシュビッツのガス室では、一挙に2500人ものユダヤ人が虐殺されたという。しかし30mの長さ、そして7mの幅のガス室には2500人は入れない。
人間の肩幅が50cm、胸板の幅が25cmと計算しても、その大きさのガス室には1680人しか入れない。

下の写真(ユダヤ人が運営するホロコースト博物館からの写真)は、その死体を運ぶエレベーターだが、300kgしか乗せられなかったらしい。1人=50kgと計算しても6人の死体しか乗せられないという事だ。2500人ガス室で殺した後、この小さいエレベーターで火葬所に送るのでは、417回上下往復しなくてはならないという事だ。

こちらが同じくユダヤ人が運営するホロコースト博物館からの写真だが、ガス室の入り口のドアだという。2500人も中に入れられてガスが充満し始めたら、こんな木のドアではパニックして脱出しようとする人間達を止める事は不可能だろう。

強制収容所にガス室ができたのが、戦争が終わる1年半前だという。というのは、強制収容所内にチフスが流行り始めたからだ。不衛生で栄養に欠ける食事をして、何年間も強制収容所に居たら、もちろん流行病にも罹るだろう。

そのチフス対策として、最初は収容所に居る人々のシラミを取り除く対策としてザイクロンBがガス室使用されたという。当初は彼等の洋服をガス室に集めてザイクロンBを使用していたが、チフスの大流行となり、病気に罹った人々全員をガス室に送ったのが本当の話らしい。戦争が終わる最後の年だった。

ザイクロンBを生産した経営者2人は、その後イギリスの法廷にかけられ、首吊りの刑になったという。

ドイツの強制収容所にガス室、そして火葬所ができたのは1943年と書かれている。つまり戦争が終わる1年半前だ。

イスラエルが主張する様に、6百万人ものユダヤ人達がガス室で殺されたのならば、1年半の間に殺されたという事になるが、まったく不可能な計算になる。

こちらが火葬所の写真だが、この様な火葬台が15台だけあったという。1年半の間に6百万人がガス室で殺され、15台ある火葬台の1台1台に入れられた?ちなみに人ひとり焼くのに最低でも1時間はかかるという。

私が以前、アウシュビッツに関しての記事を子供の頃に読んだ印象では、巨大なガス室で何百人も殺され、巨大なエレベーターで、それらの遺体は運ばれ、ゴミの焼却炉みたいなもので焼かれたと勘違いする様な内容の記事だった。しかし実際のユダヤ人の運営するホロコースト博物館の写真を見ると、私の読んだ記事が、いかに勘違いさせる内容だったかが分かる。

私が小学生の頃、私の母が「小学校からアンネの日記を買って、子供達に読ませるように」と言われたと話していた。そして母は、アンネの日記をワザワザ私に買ってきた。まったくおもしろくも無い内容だった。最初の20ページ読んでギブアップしたが、嘘の内容ではおもしろく無いのは当たり前だったのだ。母は、その本を読まない私を見て、呆れていたが、読まない私が正しかった。だって嘘の本なのだから...。

アンネの日記を推奨する文部省。日本の教育にも、ユダヤの洗脳の手が及んでいる証拠だ。

ユダヤの名言「嘘、それは何回も繰り返せば真実になる」

ドイツで強制収容所を営んでいたユダヤ組織。加害者(カッパ=ユダヤ人の守衛)なのに、被害者のフリをするのが、お得意なのだ。

ホロコーストの意味、それは大火、または核兵器で、生贄を捧げる事だという。その意味で言えば、日本に2つの原子爆弾が投下されたが、実験を兼ねて、ユダヤの神=人食い爬虫類エイリアン達に生贄を捧げたという事になるだろう。その投下する場所と日時を決めて米軍に伝えたのが天皇ヒロヒトだ。

第二次世界大戦前にヨーロッパに渡り、エリザベス女王と、戦争の商談を兼ねてセックスした天皇ヒロヒト。その時、既に、原子爆弾投下=ホロコーストの計画は決まっていたのだろう。

13 comments:

  1. 本当に捏造が得意ですよね。
    大分前にユダヤ人虐殺は嘘と知りましたが、ここまで詳細は知りませんでした。普通に計算しても無理がありますよね。
    アンネの日記は興味がなく勉強した記憶も残っていませんでした。しかし、親に捏造されたものと言ってもあんなにかわいそうな子が書いた日記が嘘な訳がないだろ!と怒られました。
    教育の洗脳って恐いです。

    ReplyDelete
  2. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  3. アンネの日記は嘘だそうです。韓国で、アンネの日記を破いた事件があったけど、それを知っての行動だったのかな。

    ReplyDelete
  4. 当時 ドイツ軍は戦争の為 石油が不足し、火葬場で使用する石油関係 人員配置を使う余裕もなかったと指摘がある。
    まーユダヤ人 大量殺害は嘘やね。

    ReplyDelete
  5. 虐殺で減った人数と、今生きているユダヤ人の人数が合わないらしいですね。
    何とも間の抜けた大嘘です。└((´э`))┘

    ReplyDelete
  6. 杉原千畝の立場はどうなんでしょうね?
    彼はユダヤに騙された英雄なのか、或いは嘘の美談に加担したのでしょうか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. シンドラーの何とかやら、やたらとユダヤが作った映画がたくさんありますからね。嘘の美談、たくさんあるでしょうね。嘘も繰り返せば真実になる(笑)。

      Delete
  7. あっ、それねザイクロンBじゃなくてチクロンBって発音するんだよ。ドイツ語の発音だと、ツィクロンB (独: Zyklon B, 英: Cyclon B) なんだってね。
    殺虫剤?【哺乳類】を殺傷する殺鼠剤でシラミ/ネズミもじゃないかな〜ぁ?
    確かIGファルベン(今でも有るドイツの製薬メーカー)の人体実験場だった?
    IGファルベンカルテルの中にロックフェラーの製薬メーカーも含まれるって、ドイツはロスチャイルドがユダヤ人地区で細々と両替商を営んでいた場所で、「一族の初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、古銭集めという共通の趣味から、ドイツの名門貴族ヘッセン家のヴィルヘルム9世と知り合い、やがて一緒にビジネスを始めるようになります。」多数の戦争の混乱中で国債/株の売買を繰り返し、ビクトリア女王より金持ちになったらしいよ。日露戦争で日本がロシアに勝ったのはロスチャイルド一味に金借りて勝てたらしいし、ちゃっかり日本の国債爆買いして何百倍にも又資産を増やすことに成功したんだって!
    「ゲットーと呼ばれるユダヤ人の居住地区からこの一族の歴史は始まりました。」
    ロックフェラーを実業家に育てたのがロスチャイルド=ロートシルト(フレンチ)
    ついでロックフェラーはトルコからフランスに渡った移民

    ReplyDelete
  8. これも、デヴィッド・アイクのどの本だったか忘れたけど書かれてましたよ。
    ユダヤ人=レプティリアンハイブリッドに同情させるための捏造だと。

    ReplyDelete
  9. 此の加山雄三を洋風にしなようなオッさんがユダヤのホラ吹きな訳ですね…。
    バレる嘘を平気でつく…
    現代にもチラホラ居ますね(笑)。。。
    リアルさん、大スクープです‼︎学校の教科書よりも素晴らしいです♡

    (O•ω-人)ユダヤが滅びますように.。. .。.:*・゜゚・♡

    ReplyDelete
  10. 原爆投下についてドイツの教科書ではこうあるそうです。 
     ↓
    当時の時間の経過を詳しく調べるとアメリカ側の公式の説明には、疑問がある。
    投下以前に米ソとも日本の求めた降伏のための接触を無視したのである。
    したがってこの投下は、全く無意味な手段であった。
    目的はただ新兵器の成功の実験と他国(特にソ)への示唆のためであった。

    レプ・サイコパスは責任感や自責意識の強い人、忍耐を美徳とする人たちを墓場まで追い詰めるという。
    原爆投下後もリンチ裁判(東京裁判)、GHQ製憲法の押し付けなど巨悪の数々。枚挙にいとまがない。

    ReplyDelete
  11. repisrealさん、このコメントはのせてください。
    レプさんのこのblogをスマホで見ると、「ブラウザに問題が発生しました。ブラウザの利用を中止します。」というコメントが出て、ブラウザが消えます。レプさんの記事よほど見られたくないんでしょうね、彼らレプたちにとって都合の悪い、真実をレプさんが語るからですね。

    ReplyDelete
  12. > ヒットラーもユダヤ人。

    そうだったんだ…。最近「ヒットラーはレプ(ユダヤ人)撲滅を目指してたんじゃね?」と思いかけてましたが、全くの勘違いでしたね。彼自身がユダヤ人ならユダヤ人を根絶する気持ちが分かりませんもんね。

    >ドイツの強制収容所での死亡者の数だが、約27万人となっている。(略)特にユダヤ人という記述は、この書類には無い。
     > ユダヤの名言「嘘、それは何回も繰り返せば真実になる」
      > ドイツで強制収容所を営んでいたユダヤ組織。加害者(カッパ=ユダヤ人の守衛)なのに、被害者のフリをするのが、お得意なのだ。

    あれれ?それどこのK国…と真っ先に思いました。
    やり口が一緒なのは、大元が同じだからなのか、嘘つきの共通なのか…

    > アンネの日記を推奨する文部省。日本の教育にも、ユダヤの洗脳の手が及んでいる証拠だ。

    以前のアンネの日記破り事件、「犯人はK、新たに日本に寄贈」てのありましたが、アレも八百長でしたかねぇ。
    Kがやたらとナチスを口にするのが不思議でしたが、Kも所詮ユダヤ洗脳の配下という事なんでしょうねぇ。
    (同じ支配者なら、両国が反発関係にある…のは、やはり踊らされてるんでしょうねえ(でも嫌ですどうしましょう←))

    ReplyDelete