Sunday, January 31, 2016

レプティリアンの閑静な家々が焼かれる現象が増加

こちらは埼玉県での火事
https://www.youtube.com/watch?v=ew3J1tpbHk8&list=UUGCZAYq5Xxojl_tSXcVJhiQ

こちらは石川県での火事

どちらの家にしろ、共通している点は、旧家の閑静な家という点。爬虫類家代々、引き継いできた土地と建物という感じだ。

米国でも爬虫類人達の所有する家々が焼かれる現象が起こっている場所もある。人工気象コントロールを暴露したDutchsinseの住むセントルイスの辺りでも、彼の住む近所の家々が、次々と焼かれた。彼の活動を妨害していたレプ達の家々に違いない。

3 comments:

  1. 本当にカルマの清算としか言いようがないでしょうね。(●´人`●)

    ReplyDelete
  2. ピンポイントで流石です♪。。。
    引き続き宜しくお願いします♡
    爬虫類人達にとって 火・炎が一番怖いものなんじゃないかって感じました。。。
    悪の魂までをも燃やす(コワ)なんだか妖怪の世界〜(笑)。。。

    ReplyDelete
  3. 知的地球外生命は「人間の遠隔操作をする技術、脳の内部に電気信号を遠隔で送信し、脳をコントロールする技術」それが「地球外生命・エイリアンの技術です。」
    次のWebサイト、地球外生命体に関する、最大の真実を公開しており、
    世界に先駆けた最大の情報を記載しております、是非ご覧ください。
    http://multiverse.hatenablog.com/entry/multiverse

    ReplyDelete