Wednesday, January 27, 2016

天皇 パーティー!パーティー!レプティリアンの晩餐会



いつもの様に美智子様の爬虫類人の首筋

レプティリアンの首の骨は、人間のものと比べて多くて細い。人間の首の骨は太い骨が7つ。レプティリアンの骨は細くて13ある。そのために重い頭を、幾つかのスジで支えている。それが奇妙な首の筋となって現れる。

アキノ大統領の歯に注目!ゼイ・リブに出てくるレプティリアンの歯に似ていますね。

タキシードを着る縦線目のレプと、いかにも冷血な爬虫類女性。ここに招かれている人間は、ひとりも居ない。

いかにもエイリアンという感じ

パーティーに明け暮れるレプティリアン達。最後の最後まで贅沢を楽しむ。

12 comments:

  1. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  2. 高度自給自足時代の夜明け というブログライターはフィリピン在住で、以前は、洋服屋の試着室の床が抜けて、食べられてしまうレプの話をしていました。
    http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-159.html

    しかし、現在はベルファシというわけのわからない用語で悪者を表現し、レプを語らなくなっています。しかも、「名無し先生」という謎の解説者から情報を得て、その話をしていることが原因でしょう。名無し先生は間違いなく工作員ですね。

    ReplyDelete
  3. 確か、現地のタガログ語では悪魔みたいな人や高飛車、生意気な人にdemonyo(でもんにょ)と使ってます。レプタリアンみたいな言葉は使わないですね‼️

    ReplyDelete
  4. 首筋気持ち悪い。レプは唇が薄い事が多いですかね。

    ReplyDelete
  5. 白い花に囲まれたパーティー会場が、葬式会場みたいです。
    日本の味噌や枝豆で、何を召し上がられたんでしょうか。(゜д゜)(゚゚)

    ReplyDelete
  6. 味噌や枝豆、〇肉 美味しかっ (っ´∀`)っ たー♪

    ReplyDelete
  7. リアルさん、こんばんは。
    久しぶりに「ライトワーカージャパン」のサイトを覗いてきました。
    このサイトは正しいものでしょうか?
    https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/01/25/rise-and-shine-from-scarborough/

    ReplyDelete
    Replies
    1. *愛称は「スカーボロ」。「サラ」:イエスとマグダラのマリアの娘の名。「ブリジッド」:さらに古い古代ローマ時代のケルト人には「聖ブリジッド」として知られていた。地球に生まれた最初の地はアイルランドースコットランドーイギリス。

      上の記述、怪しいですね。大体サラと名前が付いたら、レプティリアンが多いですからね。サラというのはユダヤの祖先と言われているアブラハムの奥さんの名前。100歳以上になってから、やっと妊娠できたと聖書に書いてある。

      ケルト人は人食いレプティリアン人種。

      「地球に生まれた最初の地はアイルランドースコットランドーイギリス」って言うのも変ですね。3箇所に同時に生まれて来たという事ですかね?

      ひとつひとつのメッセージを読む時間は、私には無いので、ご自分の感覚で「これは私の感覚に一致している(していない)」を判断してもらって、草木さんの感覚にマッチしているメッセージだけをピックアップしてお読みになったら良いと思います。

      Delete
  8. 了解しました!
    ありがとうございます。
    怪しいとこもある中で、真実を見極めるのは本当に難しいです(>_<)
    最後は自分の直感と感覚を信じるしかないですね。

    ReplyDelete
  9. スピリチュアルメッセージの見極めは本当に難しいんですね。
    そのメッセージが高い周波数を放っているのかが(?!)わかるようになりたいです。

    ReplyDelete

  10. フィリピンまで老体の身体で何しに行ったんでしょう…?本当の目的は何?人肉(笑)其処までして食べたいか‼︎と聞いてみたいです。。。

    上↑コメ読んで…私もなかなか良く当たる”勘 ”を頼りに( ハイヤーセルフと天使の守護霊達に感謝 )毎日過ごしています。。。
    サイト等も 面白い程オーラというか、色々なモノが感じとれます。。。

    ReplyDelete