Sunday, April 3, 2016

秋吉久美子 自分が卵で出産できる爬虫類女性である事を暴露

読者からの情報

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/142452/2
「ものすごく痛いっていうでしょ。ぜったい私のお腹は大きくならないわ。タマゴで産みたいのよ」

タマゴらしきものをたくさん体に付けた爬虫類人像

秋吉久美子が爬虫類人の証明。それは首から肩にかけてのスジ(赤矢印)。

首から肩にかけてのスジは爬虫類人特有なもの。下の図を見ると、人間は太い首の骨が7つ、爬虫類人達は、人間と比べて細い首の骨が13ある。その細い骨だけで重い頭を支えるのは無理。それで首から肩にかけて、人間には無い筋が幾つかある。


爬虫類人女性にある一種の喉仏。




2 comments:

  1. コリドラスさんの情報ですね!笑えます。
    秋吉久美子。
    自分でバラすなんて。ってか、人間を舐めてふんでしょうか。気づかないと思って。
    もーばれたからね(−_−#)

    ReplyDelete
  2. 秋吉久美子、正直に言っただけなんですね。
    卵をお腹にぶら下げた像があるんですね。こんなに一遍に人食いが生まれたら、人間にとってはすごく脅威ですね。(;´Д`A ```

    ReplyDelete