Sunday, May 22, 2016

CNN 米軍核ミサイルはUFOによって打ち落とされた



これは1960年代の話だが、カルフォルニア州にあるバンデンバーグ空軍基地(Vandenberg Air Force Base)で、核ミサイルを打ち上げたところ、突然、UFOがやって来て、核ミサイルにビームを照射し、核ミサイルを打ち落として行ったという。

空軍核ミサイル打ち上げをした専門家が、次の日に、UFOが彼の打ち上げた核ミサイルにビームを照射しているビデオを、軍の幹部に呼び出され、見せられたという。

その事を彼の同僚達に話したところ、彼の同僚達は「冗談だろう~!」という反応をしたという。空軍内にも、その当時はUFOを笑い話と取る人々も多かったという。

しかしCNNに現れた別の男は、こう話した。国の上部はUFOや宇宙人達の存在を秘密にしている。UFOの墜落、そして宇宙人の死体の回収など。なぜか?それは、世界のエリート達は、自分達の権力をキープするために秘密にしている。彼等は宇宙人ちろんレプティリアンなどの悪玉エイリアン達)と秘密裏に、この地球を支配しているのだ。

2 comments:

  1. 宇宙人の情報って結構出回ってると感じるんですが、上層部はまだ認めないんですね。

    THE 強情

    ReplyDelete
  2. この光のUFOが核弾頭にビームを発射するシーンは、いつ見てもエキサイトします!核には何も対処できないと思っていたから...。
    爬虫類人達は大事な事は全部ヒミツにして、人間を愚かな食べ物のままにしておきたいんですね。色々情報が公開されてきていても、レプティリアンが目の前にいる所まで達しないと、彼らの地球支配は終わらない。だから必死でこのブログに食らい付いて妨害しようとするんですね。
    ケムトレイルとピラミッド (ちょっと一息の気分で...見てネ^^)
    https://www.youtube.com/watch?v=mJ4LP29poME

    ReplyDelete