Sunday, September 11, 2016

子供達の頭蓋骨にドリルで穴を開けアドレナリンを啜るレプティリアン達

爬虫類人達は、誘拐拉致してきた子供達を、散々暴行レイプした後、子供達の頭蓋骨にドリルで穴を開け、ストローみたいなチューブで脳みそのアドレナリンを啜るという記述をしたところ、読者の方々から次の様な反応があった。



アドレナリン・ジャンキーのレプティリアン間寛平。チューチューと吸っているそうだ。


上のプレアデス人のメッセージの要約

レプティリアン達は人間奴隷達を雇い、夜に子供達を誘拐しに行かせ、拉致してきた子供達をある部屋に連れて行き、その子供達に暴行レイプをする。ほとんどの子供達は、この暴行レイプの間に死んでしまう。

子供達を暴行レイプすると、子供達は恐怖に戦き、その恐怖感により、彼等の脳みそにアドレナリンというホルモンが生成される。

レプティリアン達は、そのアドレナリンを啜るために、暴行レイプ後の子供達の頭蓋骨にドリルで1円サイズの穴を開け、その穴にストローみたいなチューブを差込み、脳みそに生成されたアドレナリンをチュルチュル啜る。

そのアドレナリンは麻薬の様に、レプティリアン達を興奮させ、ハイにさせる。

1 comment:

  1. 間 寛平のそのギャグは知りませんでした。高級中華料理で生きた猿の頭蓋骨に穴を開けそこからストローで脳みそをチュルチュルと吸うと言うのがあるので、そこから来たのでしょうか?この料理はかなりのお値段だそうで、大富豪が自分の財力をひけらかすために客人に振舞うそう。もしかして、石原 慎太郎も北京オリンピック行った際に...?もともと関西出身だしね。しかし、なぜ関西でこのような方言が?神戸南京町でもこの猿料理提供してるのかな?

    ReplyDelete