Tuesday, September 27, 2016

母乳があげられる都庁の保育園開園 2~3時間おきに母乳タイムをお母さん達にあげてね



産まれてから57日目から2歳って、母乳の必要な赤ちゃん達ですね。職場に母乳が上げられる保育園があると助かりますね。まあ、できれば仕事は、子供達が小学校に上がるまで待つというのがベストですけどね。

母乳と粉ミルク、全く違いますよ。母乳には赤ちゃんに必要な栄養と免疫が入っている。でも粉ミルクはコーンシロップが主要原料。

その他に砂糖(サクロース)が10%。つまりコーンシロップが42.6%+砂糖、それも化学薬品みたいなサクロースが10%で、合計半分以上の材料が人工甘味料で出来ている。こんなもの、あなたの赤ちゃんに上げて良いの?

日本のブランドで無いから大丈夫?それでは日本のメジャーなブランドの粉ミルクの原材料をチェックしていこう。

粉ミルクの成分比較
http://konamilk.tyonmage.com/genzairyo.html

明治ほほえみ
乳糖 これってアレルギーを引き起こすラクトースの事ですよ。蕁麻疹や花粉症などのアレルギー体質になる原料だ。

豚脂分別脂 えぇー!豚の脂肪入り!気持ち悪い~!ラードと同じ意味。血管詰まりそう。

バターミルク 赤ちゃんにバター?

デキストリン  デンプンまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称である。α-グルコースがα- または α-グリコシド結合によって重合した分子構造である。中国語から糊精とも呼ばれる。多糖類に分類され、デンプンとマルトースの中間にあたる。人工的な糖分。

ピロリン酸鉄 「非ヘム鉄」といってあまり吸収率のよくない鉄分に分類される。

コレステロール コレステロールってどんな材料で作っているわけ?体に悪い物、オンパレードだね。

シチジル酸Na ミルクを母乳の旨さに近づけるために使用されている旨み調味料。味の素みたいな物だね。

パントテン酸カルシウム ビタミンB群の一種であるパントテン酸とカルシウムが結合した物質。その多くは、薬(皮膚炎や脂質代謝障害、高コレステロール血症を改善する薬)として使用されている。

硫酸銅 毒物や劇物を誤飲した場合の処置として、硫酸銅は昔から用いられている。 硫酸銅の薄い溶液を飲むと、強い催吐作用を示すことにより、胃の中にある毒劇物などを吐き出すことができる。 

もう、きりが無いので、これくらいにしておくが、粉ミルクにはロクなものが入っていない事が証明できた。ハッキリ言えば、粉ミルクというよりも毒ミルクだ。これでは赤ちゃんは遅かれ早かれ病気になってしまうだろう。

だから母乳が一番なのだ。その赤ちゃん個人にあった成分が、お母さんの母乳にすべて入っている。その母乳を上げないのは、赤ちゃんの健康を害していると言って間違い無い。

だから都庁内に保育園があり、どうしても働かなくてはならないというのであれば、2~3時間ごとに職場の保育所に行き、母乳をあげる。これが大切。そして職場も、気前良く、2~3時間ごとに母乳時間を与えてあげるのが重要なポイントだ。

2才までは、ほとんど寝ている事が多いので、ベビーベッドも多く購入しなくてはダメだ。赤ちゃんの数だけベビーベッドが必要だろう。そして保育師の人に赤ちゃんヒモでおんぶしてもらい、赤ちゃんをあやしてもらう。これは重労働だ。それに見合った賃金を支払うべきだろう。

まあできれば、お母さん自身が、だっこヒモで赤ちゃんをおんぶしながら働けるのが一番だ。そして職場の人は、多少赤ちゃんが泣いても文句を言わない。そんな環境が、赤ちゃんを世話するのに必要になる事だろう。自営業のお母さん達は、だっこヒモで赤ちゃんをおんぶしながら、一生懸命、働いているね。

私自身は、だっこヒモでおんぶしながら、掃除、洗濯、料理、買い物など、すべてこなした。1歳近くになったら、結構、重いからね。3人の子供分世話したら、かなり身をすり減らしたという感じだったよ。でも、さすがに外で働く気はしなかったね。子供達の世話で精一杯だったからね。

7 comments:

  1. 不思議と娘は、粉ミルクを拒否していました。
    日本では、1歳で卒乳をさせるように啓蒙されていますが、これは間違いです。6ヶ月から離乳食を与えるなどというのは大間違いです。
    胃腸は、3歳くらいから整います。
    昔は、5歳まではひ乳多く食少なくせよと言われてきました。
    間違った知識によって、胃腸が冷えてアレルギーになってしまいます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. うちの子達は3歳近くまで母乳飲んでましたよ。もちろん離乳食も食べてましたけどね。1歳で卒乳って、爬虫類組織がお母さん達に奴隷として早く復帰してもらいたいからでしょうね。

      3歳くらいまでは、だっこなども必要で、右関節が潰れて痛くなりますね。3歳くらいまでお母さんにビッタリというのが自然な形でしょう。疲れますがね。

      Delete
  2. 日本では育休が、1年か1年半しかない。
    復帰するには早々に卒乳させて、離乳食にしないと預けられないし、母親も身が持たない。

    ReplyDelete
  3. 中国製の粉ミルクはメラミン入り(塗料やプラスチックや接着剤の原料でたんぱく質が増すから入ってるらしい)
    なので中国人に日本製の粉ミルクがよく売れるようですが、日本製もじゅうぶん毒ミルクだったのですね(-_-)

    爬虫類人向け毒ミルクがあったらいいですね。肉アレルギーになるとか人間ホログラム機能が働かなくなるとか。
    爬虫類企業が毒ミルクを作ってるから有り得ないか(-_-)

    ReplyDelete
  4. 子供の時から毒物に慣れるようにしているのかね。

    ReplyDelete
  5. 昔から母乳が良いと歌にもありました。
    https://www.youtube.com/watch?v=_VMcW6e-k7w&list=RD_VMcW6e-k7w#t=50

    ReplyDelete
  6. よく考えたら、2歳以下の赤ちゃんと一緒に満員電車に乗る事自体が無理だよね。赤ちゃんが潰されちゃうよ。だからラッシュアワーの前後に出勤でき、ラッシュアワーの前後に帰宅できるフレックス制でないと無理。それか都庁まで車で送迎してもらえる人でないと無理だね。

    ReplyDelete