Sunday, July 17, 2016

トルコのクーデターはエルドアン政権による国内に居る敵を一掃するための猿芝居だった!

最近、立て続けにフランスでのトラックひき逃げテロやら、トルコでのクーデターやら、やたら起きているが、すべて猿芝居だった。

トルコでのクーデターで200人近く殺されたなどと報道されているが、すべて猿芝居だった。その証拠がHurriyet 新聞のオンライン情報だ。


上の黄色で強調した部分を日本語訳にすると

Hurriyet 新聞のオンライン情報によると、拘留された上等兵は尋問官に、彼等はクーデターに参加していた事には気がつかなかったと語った。彼等は軍の指揮官に、軍事演習に参加する様に言われただけだと語った。」

つまりクーデター(軍による政府の乗っ取り)に参加したと見られた兵隊達は、実際には軍の指揮官に、軍事演習に参加する様に命令されただけだったというのだ。これは明らかにクーデターに見せかけた軍事演習の猿芝居だったのだ。

このクーデターを起こしたと言われているグループは、アレックス・ジョーンズやら、他のソースが言っている様に、爬虫類組織CIAの一部だ。つまりエルドアン大統領もCIA、ーデターを起こしたと言われている側もCIAの一部と言う事だ。つまりヤラセのクーデター劇だったという事だ。

こういった爬虫類組織が、組織内部で、ワザと2つの敵をクリエイトし、戦争に持ち込む事は多々ある事だ。第二次世界大戦の日米間の戦いを見れば一目瞭然だ。

日本の軍事指揮官の東条英機は、第二次世界大戦直前に、米国の有名軍事大学のウエストポイントで軍事トレーニングを受け、その大学を卒業までした。

そして天皇ヒロヒトが、米軍のトップのスティムソンに「いつ、どこで、原爆を炸裂させるか」を知らせたという。

そう、敵は国内に居たのだ。つまり東条も天皇ヒロヒトも、米軍、そしてイルミナティの戦争ビジネスの一部だったという事だ。その戦争ビジネスで、天皇家は巨万の富を得た。

トルコの偽クーデターに話題を戻すが、その偽クーデターの目的は、トルコ内のエルドアン大統領の敵を一掃する事だった。このクーデターを理由に、2745人の裁判官と検事がクビになり、何百人もの人々が逮捕されたという。これらの裁判官やら検事は、エルドアンの目の上のタンコブだったに違い無い。

このクーデター劇は、典型的なProblem-Reaction-Solution作戦と言えるだろう。

Problem 嘘のクーデター劇をクリエイトし、反政府軍を鎮圧するフリをする。200人近く殺されたと嘘をニュースで流す。

Reaction 騙された国民は、クーデターに怯える。早くクーデターを沈静してほしいと願う。

Solution 反政府勢力を逮捕したり、クビにする。反政府勢力の一掃に成功する。

Problem-Reaction-Solutionのテーマソング


下はトルコの偽クーデターの画像。画像を見れば、猿芝居だと一目瞭然で分かる。

一人の男がベルトで何十人もの軍の兵隊達を叩いている?ありえない!いかにも猿芝居。

トルコのクーデター劇は、ベルトで兵隊達を叩くSM
ドマゾ)劇場だった?

なんだ、こりゃ?

エルドアン大統領は、クーデターで人気を取り返そうとしている?

下のビデオは、エルドアン大統領のレプティリアン手シェイプシフト。彼等の地下基地(鉱山)が爆破されて、400人近いレプ達が死んだ時、その基地を訪れた際に、彼の手は白く巨大になった。


8 comments:

  1. 歴史の教科書に、戦争の根本はビジネスだという事が載る日が早く訪れますように。

    ReplyDelete
  2. メディア情報からは、ちょっと予想外の結末ですが、なかなか深い裏読みですね。
    思ったより、ずっと小規模なものだったようですね。
    実際は、カメラの前だけの、数十人だったのかも(苦笑)
    全ての争乱は、偽旗だという基本を、思わず忘れてしまっていました。

    ReplyDelete
  3. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete
  4. お笑い沙汰の画像集ですね。

    ReplyDelete
  5. いやーほんとに緊迫感ないです。
    ほんとのクーデターならこんなわけはないです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. もう、お金がなくて大仕掛は出来ないのでしょうか?

      Delete
    2. かもしれませんね(笑)!

      Delete
  6. Hydrā問題をご存知ないのですね。平和な脳のみなさん。

    ReplyDelete