Wednesday, July 20, 2016

爬虫類人秘密地下基地併設だった東海大学阿蘇キャンパス内部公開 破壊され陥没も



こんなアンテナが立っている事自体、爬虫類人秘密地下基地の一部である事が明確ですね。アンテナ=爬虫類人秘密地下基地の地表施設。

大学というもの自体が爬虫類人秘密地下基地の地表施設であり、その法則は、すべての大学に当てはまる。そう、あなたの大学もだ。

大学職員、教授なども、すべて特権爬虫類人達だ。大雑把に言えば、彼等はすべて、爬虫類人秘密地下基地の従業員達という事になる。

都知事に立候補している自公公認の増田寛也は、以前、岩手県知事をしていた時に、すべての予算を食い尽くしただけでなく、なんと1.4兆円もの借金を岩手県に残し、去って行った。

増田自身の説明によると、東北新幹線建設と岩手県立大学を建設するために、こしらえた借金だと言う。この「建設」という名目、爬虫類人秘密地下基地の建設も兼ねている事に注意!新幹線も大学の施設も、すべて爬虫類人秘密地下基地の地上施設だ。

つまり増田のこしらえた1.4兆円の借金は、爬虫類人秘密地下基地の拡張に使われたと言うのが正解だろう。

1 comment:

  1. 知り合いが、こちらの海洋学部出身です。最初は漁師をやっていたのですが、マグロの冷凍輸送会社に転職しました。地中海を主として仕事をしています。マルタ、クロアチア、トルコなど。
    人が変わったように、ギャンブに注ぎ込んでいるようで。マグロじゃなくて、人肉運んでんじゃないかな。

    ReplyDelete