Wednesday, July 20, 2016

自民の増田、民進の鳥越 金を払って爬虫類人のサクラ達を集める



鳥越俊太郎の爬虫類人の目ん玉。いかにもプレデター(人間を食い物にするレプティリアン)という感じの目。



金で雇われた爬虫類女性エージェント達と握手する増田

爬虫類エージェント女性の人間ホログラムが乱れる

応援しているというよりも、バカにしているという感じ。

八重歯(血を啜るための牙)を持った爬虫類ガールの手もシェイプシフト(人間の手だったら、指と指の間が、彼女の様には開けられない)。

金で雇われた爬虫類エージェントのサクラ以外は、誰も見向きもしない。

若い爬虫類人女性の手を握る増田の手が、興奮してシェイプシフト。

若い爬虫類人女性の手を握った直後、顔もシェイプシフト。彼の着けているタスキの文字は鮮明な点に注目。つまりピンボケでは無いという事。

増田を応援する下村前文部大臣の親指と比べて長過ぎる人差し指。


彼の中指は、更に長い。


自民党は増田氏の応援のためのサクラの動員に忙しい。

爬虫類人に多く見られるのは、爬虫類人皮膚が多くのシミとなって現れる現象だ。

鳥越氏がボケ始めている証拠!それは「社会の窓」を開きっぱなしにして、公の場に姿を現す事。下の画像は、彼が「社会の窓」のジッパーを、慌てて閉めているところ。


鳥越サポーターの人間ではありえない尖った親指


レプ鳥越の尖った白い手

別に白い手袋をハメているわけでは無い。

爬虫類人の手がデカくなり、白く変色する現象の別例

鳥越を応援している共産党議員の爬虫類人の縦線目

握手をした時の、鳥越の手シェイプシフト。人間ホログラム技術に使用されているリキッド・クリスタルが露呈している。

6 comments:

  1. 街頭演説って、地方の方でもそうですが誰も立ち止まって聞く人はいません。ですのでサクラなんだなぁと思ってたところでした。

    ReplyDelete
    Replies
    1. マスコミ、テレビ、公的機関
      ありとあらゆるものがサクラであり、
      やらせなんだなぁと再認識すると同時に
      本当の事、大事な事は何なのか
      考えさせられる記事でした。

      Delete
    2. 綺麗なお姉さんは芸能事務所から派遣されているそうよ。
      綺麗で若い女性がいたら、ゴキブリ男も自然に集まるからな。

      政党助成金も色んな業種に配布しているのですね。

      Delete
  2. エイリアン共が地球で何やってんだかって感じですね。人間に化けて調子こいて我儘押し通す為に生まれてきたわけじゃないだろうに。

    ReplyDelete
  3. 周囲の人をよく見ればすぐバレますね。

    ReplyDelete

  4. 確かにィ〜怪しさMAX(笑)。。。
    ボケ老人を使って 自由自在に操る企みですね(´・Д・)鳥越の発言、いつも聞いてる此方がハラハラ(笑)何言ってるのやら ?意味不ですもん(笑)。。。

    ReplyDelete