Wednesday, July 27, 2016

効く耳を持つ都知事? 疑惑に答えずトンズラする鳥越俊太郎








じゃあ、鳥越俊太郎は、その資質が無いね!数々の疑惑に答えずトンズラしているんだよ。呆れるね。

彼の家系は武士では無く、士農工商・穢多非人の「非人」=人食いレプティリアン


コマーシャルに出ていたユダヤ企業のアフラックとの癒着がん検診を都民に強制(がん検診100%)させて、アフラックのがん保険の売り上げを伸ばす方針。

あなたが強制される癌検診で癌と(嘘)診断された暁には、あなたは「ん患者」として扱われ、強制入院させられる。米国では、癌と診断された子供達は、強制的に抗癌剤治療を受けさせられる。親が抗癌剤治療を拒否すると、裁判所から「抗癌剤治療強制」の通知が来るというシステムになっている。

アフラックのがん保険は、その抗癌剤治療のためのものだ。抗癌剤には、ナチスも使用したマスタードガスが入っている。抗癌剤治療を受けたあなたは、その猛毒で死ぬ事になっている。

上のANNビデオでの岡田克也のレプティリアン手シェイプシフト。指先が尖っている。


2 comments:

  1. 鳥越、もうどうしようもないくらい使えないヤツ。
    ユダヤも今頃、コイツがここまで使えないとは誤算だったことでしょう。
    岡田なんで苦虫潰した顔してますもんね(笑)。

    ReplyDelete
    Replies
    1. なんで→も(の訂正です。)

      Delete