Thursday, July 14, 2016

トヨタが本社機能を米国爬虫類組織の牙城テキサス州に移す



テキサス州の辺りを通ると、Tumbleweed(回転草)がコロコロとハイウェイを転がって行くのは、よく見る光景だ。
Image result for tumble weed on highway

乾燥地帯に見えるテキサス州の地下には豊富な地下水脈があり、米国の爬虫類組織のトップの支配力を持っているブッシュ家所有の州である。

そこにトヨタが本社を移す?テキサス州は、米国で、レプティリアン帝国の最後の牙城と言っていい。米国自体は、既に光の銀河連邦から送られて来たオバマ大統領が管理している。しかし、米国という国は、州によって全然、法律やシステムが違う仕組みになっている。テキサス州は、オバマ大統領によって、敵側(爬虫類帝国側)と認定されている。



赤く塗られたテキサス州、ユタ州、そしてカルフォルニア州のメキシコ側のマフィアが管理している区域が、オバマ政権によって敵(爬虫類組織)の陣地と定められている。

青色のカルフォルニア州、ネバダ州、コロラド州が敵側(爬虫類組織)寄りの州。

茶色のニューメキシコ州が、敵寄りと想像される。

そう、トヨタは光の銀河連邦のオバマ政権の米国そのものから、爬虫類組織の陣地のテキサス州に逃げる意向なのだ。

もちろんトヨタは、石油王のブッシュ家と関連がある。なんたって自動車は、石油無しでは動かない。石油産業があっての自動車産業だ。フリーエネルギーとは程遠い産業。なんとか石油インダストリーと自動車インダストリーをキープしたいという爬虫類組織の最後の悪あがきなのだ。

しかし、彼等が新しくトヨタなどの日本企業を誘致しても、光の銀河連邦に、すぐに破壊されるだろう。トヨタが本社として選んだプラノ市は、ダラス・フォートワースの郊外。ダラス・フォートワースの爬虫類人秘密軍事地下基地は、2011年に既に、光の銀河連邦に一掃されている。


下のビデオは2011年に、テキサス州ダラス・フォートワースのレプティリアン軍事地下基地が、光の銀河連邦に一掃された時の映像。ダイレクト兵器が炸裂している様子。空にはUFOが攻撃している様子が見れる。


アフガニスタンから盗んできた古代UFOビマーナのテクノロジーを複製し、開発しようとしたため、攻撃を受けた。攻撃の前には、警告も送られたが、爬虫類人基地のレプティリアン達は、その警告を無視した。

最近のレプ達による中東の戦争地域には、こういった古代の遺跡などがゴロゴロしている場所が多い。彼等は、それらの遺跡から、古代のテクノロジーを盗むために、戦争を吹っ掛けたのではないのか?

米軍という名のレプ軍により侵略されたアフガニスタンの地下に、この古代UFOビマーナは眠っていた。
Image result for UFO vimana

4 comments:

  1. 第二次大戦後、なんでもアメリカを見て、あとを追いかけてきた日本人、トヨタをはじめとする自動車産業もそうでした。
    そして、やっと追い越した、と思ったら、実はアメリカはレプの国。
    こういうの、文字通り、レプリカって言うんでしょうね。

    ReplyDelete
  2. 非正規雇用、期間工など、安い労働力を使い捨てにし、タックスヘイブンで脱税。
    ださい車ばかり作りおって。

    ReplyDelete
  3. そんなにまでして貯めた金、どうするつもりだったのか、ここで読めましたね。
    ...レプ地下基地に御奉納。

    ReplyDelete
  4. This comment has been removed by the author.

    ReplyDelete