Sunday, July 3, 2016

火星には既に米軍基地があり、植民地化している



以前にも記事にしたが、火星って言うと、NASAが発信している嘘イメージの砂漠で水も空気も無いという感じだが、実際には水もあるし、呼吸する空気もある。草原もあれば、林もある。

火星には木も草も生えている NASAから流出したシークレット画像

https://www.luisprada.com/astrophysics/
Forest on Mars NASA Photograph 1

Forest on Mars NASA Photograph 2

オバマ大統領が、まだティーンエージャーだった頃、CIAの火星にテレポートするためのジャンプルーム施設で目撃されたというのは、多分、本当の話だろう。

彼の体はレプティリアンであり、爬虫類組織によって、将来、黒人として初の大統領になるという運命にされていたのだろう。彼は爬虫類組織のエリートでありホープだった。爬虫類組織のトップは、オバマ大統領の母方の血筋が、イルミナティの王族に繋がっているために、若いオバマ君を大変可愛がった。

しかし大統領選の後半辺りから、何かが変だと爬虫類組織は感じたらしい。オバマ大統領候補を大変恐れて民主党から共和党に移ったジョン・リバマンみたいな奴も居る。彼は「オバマに関して何かがおかしい!」と爬虫類組織に警告を鳴らした。

そしてオバマが大統領になった時、彼はセキュリティーの人々の間で「裏切り者」というコード名で呼ばれた。

それでも、しばらくの間は、爬虫類組織はオバマを操れると信じていた。当初のオバマ政権の半分以上は、爬虫類組織のスタッフで埋められていた。ブッシュ政権のスタッフも半分以上、ホワイトハウスに居残ったという。彼は敵に囲まれ、戦ってきたのだ。

彼のファミリーがハワイのホテルに滞在中に、彼の護衛のヘリ2機が墜落するという事件もあったという。命がけの大統領職だった。それから、ホワイトハウス内の敵の一掃に勤めた。


そう、彼の体はレプティリアンでも、魂はシリウス人であり、光の銀河連邦から送られて来た大統領だと言う事だ。

4 comments:

  1. 生まれる前から準備されてきたオバマ大統領だからディスクロージャー、NESARAへの口火を切る役割を仰せ付かっているんですね。他の人が代わってやれるというものではないんですね。
    テレポーテーション、タイムトラベルもこれから経験できる可能性がありますね。楽しみです。
    ♪O(゚▽゚o)(o゚▽゚)o♪

    ねじれた雲とピラミッド
    https://www.youtube.com/watch?v=QtdqnZSLDa8

    ReplyDelete
  2. こういうことを報道して欲しいんですよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. …こういうことを巧妙にひた隠し、
       多くの人間たちを洗脳する役目がマスコミであり報道です。

      Delete
  3. 去年、『たけしのテレビタックル』という番組のSPで、オカルト肯定派と否定派で討論してた際にこのネタを扱っていました。

    18年間、火星で昆虫型宇宙人とレプティリアンと戦って和解したというアメリカ兵が取り上げられてました。

    アメリカ兵曰く、火星への移動は転送マシーンを使い僅か10分ほどで到着できるそうです。

    ReplyDelete