Monday, June 13, 2016

水族館 お魚さん達の牢屋が焼ける


以前、私がバカな人間家畜だった時は、よくオーランドにあるシーワールドに子供達を連れて行った。フロリダ住人だと、年間パスが一般の入場料と同じ金額で手に入るからだ。ドルフィン達のショーや、シャチのショー、色々な海洋動物やお魚さん達の水槽など、とても楽しく感じた。

しかし覚醒してからは、そういった動物達を捕獲してキープしている場所は異常だと感じ始めた。動物達は自然の中に生きるのが一番。レプや人間達の我がままのために捕獲してキープするのは、いけない事だと気づいたからだ。

以前にも記事にしたが、かなり前の記事だったので爬虫類組織に消されてしまった。フリーウィリーという映画にもなったシャチのケイコの記事だ。

ケイコはノルウェー沖の海で捕獲され、オレゴン州の小さな水族館に連れてこられた。その水族館で長い間、人間達と遊び、餌を貰っていた。

水族館の浅い水槽に、長い間、居たために、背びれが曲がってしまっているケイコ。
Image result for killer whale keiko

それが突然、フリーウィリーなどという映画に出演させられ、その後、「ケイコを救おう」などという動きが始まり、そしてケイコは突然、オレゴン州のぬるまゆい海水のタンクから、ノルウェーの冷たい荒れた海の海水の檻に移された。しばらくその檻で飼育されていたが、その檻から開放される事となった。


ケイコが飼育されていたノルウェーの檻
Image result for killer whale keiko

ケイコは生まれ育った荒れた冷たい海で、彼の親兄弟が居るグループに接触したが、結局、彼はそのグループに入る事はできなかった。

ケイコは人間が多く居るビーチ沿いで、よく目撃された。最後に彼が目撃されたのは、子供達が遊んでいたビーチの近くだった。その後、肺炎で死んでいったという。

オレゴンの水族館で長い間、人間達と慣れ親しんでいたケイコにとって、ファミリーは彼の生まれ育ったシャチのグループでは無く、人間達や子供達だった。

爬虫類組織によって捕獲され、オレゴンの水族館で飼われていたケイコが、気まぐれな爬虫類組織によって、荒れた冷たいノルウェーの海に放されて肺炎で死んでいった。ケイコの不幸は爬虫類組織によってクリエイトされたと言えるだろう。

6 comments:

  1. 可哀想なケイコ。生餌でなかっただろうし、薬剤投与も。野生の環境で生きられない弱い体になってしまったのに無理無理、荒波に戻されたらたまったものではありませんね。
    水族館、動物園の動物とか本当に可哀想ですよね。本来なら柵も何もない地球で自由に色々な経験を楽しめる立場。ジュラシックワールドの中の、人間牧場の中の、水族館や動物園、皆早くお開きになる事を願います(人'д`o)。

    ReplyDelete
  2. 天界意識からの新しいメッセージです。(あくまでご参考に)


    リアルさんの記事と関係なくごめんなさい。
    次元上昇をサポートするための「巨大な3つの歯車」が存在するそうです。
    その内の2つの歯車が突然動き始めたとのこと、
    歯車は木製でとても古いもので、長い間動いていなかったようです。

    巨大な歯車が長い時を経て動き始めたということは、
    今回の次元上昇に関わっている人間たちへの働きが始まった、
    と理解してほしいそうです。
    その古い大きな歯車には主神の命を受けた年老いた番人がいて、
    その動きをたえず見守ってくれているらしいです。

    歯車が動き始めたことで、いろんなことが起き出したそうです。
    まず何人もの人たちが深い闇の底に転落し出したようです。
    次元上昇を認知していても、
    やるべきことをしてこなかった者たちがふるい落とされ出したようです。
    要は上昇に向けての「人間選択」がいよいよ始まったということか。
    長い間待ち望んで来た地球のステップアップが本格化したようです。
    もう待ったなしという状況を理解してほしいとのこと、
    歯車が動くことでさらなる天界からのサポートを得ることが出来るので、
    それをしっかりと受け取って欲しいそうです。

    このお話はスピリチュアル界でのことですから…あしからず。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ∩・ω・*) ハーイ ありがとうございます。
      前々から、そういう時期が来たと言われていましたが、ついに…なんですね。
      やるべき事をして来なかった自覚はたくさんあるけど、願わくば乗りたいなぁ…(T人T)

      Delete
    2. 貴重な情報、有り難う御座います。

      色々と仕組みがあるようで、不思議だな。
      3つ目の歯車はいつ頃動くのかな。

      Delete
  3. ケイコ、かわいそうですね。
    私も水族館や動物園が異常に感じられて、行きたくないです。すべての生けるものを尊重しないといけないですね。

    ReplyDelete
  4. ケイコの話、とても心が痛みました…。

    311で全壊した水族館が復活しました。震災前より客が増えて大盛況だそうです。
    唯一がれきの下で生き残った海亀のカメ吉が復興のシンボルとして大人気とか。復興って、爬虫類人の悪習を復活させてどうするんだって感じです。

    私は以前、東京スカイツリーの下に造られたすみだ水族館へ行きました。
    入場料2回分で年間パスポートが買えるので、ちびっこの遊び場になっていました。
    子供たちは生き物に見向きもせず走り回り、親はママ友とおしゃべり、読書やスマホなど好きなことをやっています。
    静かにしたくて水族館へ行ったのに全く癒されませんでした。(今は生き物が気の毒で癒されません。)
    当時洗脳されていた私でさえ、水族館じゃなくていいんじゃないか、親が子供を放置して遊ばせる場が需要あるだけなんだから、アスレチック場にでもした方がいいんじゃないかと思いました。

    また、すみだ水族館で飼育する用に、小笠原の海で珍しい巨大魚を捕獲する番組をやっていました。
    珍しい魚をコンプリートしたいだけの勝手なコレクター欲求を感動ドキュメント仕立てにしていて胸糞でした。

    すみだ水族館は海から遠いので、毎日大量の塩を使って人工海水を作っているそうです。
    ほとんど年パス客なのに天然塩なんて採算取れないでしょうから工業塩を使っているのかなと思いました。
    ただでさえ生き物は閉じ込められているのに、変な塩では体に影響しそうです。
    今回燃えたのも、海が無い埼玉県の水族館ですね。

    他にも毎年夏、銀座の爬虫類人組織SONYビルに、沖縄の海から直送された熱帯魚が展示されます。
    展示後は沖縄の海には帰れず、葛西臨海水族館で飼育されるそうです。魚料理になるよりましかもしれませんが気の毒です。
    インテリアとしか思っていないなんて爬虫類組織ならではの考え方ですね。

    ReplyDelete