Saturday, June 25, 2016

マクディル空軍基地上空に現れた光の銀河連邦のUFO


最近、マクディル空軍基地の入り口には、多くの車が列を成しているらしい。ニュースでやっていた。恐怖に怯えた爬虫類人種のユダヤ人達が、空軍基地の地下にある彼等の秘密地下基地に避難するためにやって来るのだろう。 

今日は、タンパ市周辺の爬虫類人秘密地下基地、または爬虫類人居住地に対する一掃を激しく行っている様だ。

昼過ぎから雷が鳴り出し、私の居る図書館では、何回も空襲警報みたいな警笛が鳴り響いた。レプティリアン達は、光の銀河連邦からの一掃を、大変恐れているらしい。

そういえば、米軍のデフコン(敵に対する準備態勢、危険レベル)が、先週まで3のレベルまで引き上げられた。現在は4まで下がったらしい。

光の銀河連邦は、米軍の様に爆弾を落としたりはしない。銃撃戦をする事も無い。山火事や地震、洪水などの自然災害的な奇襲作戦で地球上の罪の重いレプ達のカルマの浄化にやって来る。

突然、家が火事になったなどという事例も、最近、やたらと多いが、それらの火事も、すべてカルマの浄化と言っていい。

3 comments:

  1. 光の銀河連邦の一掃の真っ最中に光の情報発信をされるリアルさん、天上と地上のコラボですね。空襲警報が鳴り響き....臨場感が伝わってくる様です。
    ♪ガンバo(^ω^o)(o^ω^)oガンバ ♪

    ReplyDelete
  2. 今から1万年前 この星を侵略した彼ら 
    自ら招いた業火の炎で焼き尽くされる
    クローン技術で不死になった彼らなら
    過去に苦い経験を何度も味わったはず
    けれど彼らは反省しない
    やはり彼らの病んだ魂を救う手立ては
    灼熱の業火だけ

    ReplyDelete
  3. すごいですね。アメリカ全土の爬虫類基地がなくなる日も近いですね。早く日本も…後は、未だにレプの作った妄想権力にしがみついてる輩の反省かな。果たして反省できるのか。でも、できないとカルマが増えるだけですからね。
    爬虫類基地一掃→新政府樹立→NESARA
    楽しみです。

    ReplyDelete