Sunday, June 5, 2016

火星には木も草も生えている NASAから流出したシークレット画像

https://www.luisprada.com/astrophysics/
Forest on Mars NASA Photograph 1

Forest on Mars NASA Photograph 2

NASA、そして米軍は、火星に地下基地を持っている。彼等は私達に、火星では酸素も無く、木も1本も生えていないなどと嘘を付き、地球しか住む場所は無いのだなどと洗脳している。

上の写真を見ると、火星は地球と同様に、林もあり、草原もある。つまり呼吸する酸素は十分にあるという事だ。林や草原があるという事は、雨も降るという事だ。きっと、湖や海もあるだろう。

しかし2014年には、サイディング・スプリング彗星が火星の近くを通った際に、火星に大爆発が生じた。サイディング・スプリング彗星というのは、NASA側の嘘であり、実際には光の銀河連邦の巨大母船だった可能性が高い。


爬虫類人達が住む火星が、光の銀河連邦からの一掃に合っても、まったくおかしくは無いだろう。この爆発で、もちろん爬虫類人施設も、すべて破壊されただろう。NASAや米軍の基地も、完全に破壊されたはずだ。

その火星の再建のために、爬虫類組織は、マースワンなどというプロジェクトを立ち上げ、バカな人間達に「火星に来て、労働しませんか?」などと宣伝している。マースワンで火星に行く条件は「二度と地球には戻れない」という事らしい。そう、火星に一旦渡れば、人食い爬虫類人達に煮て食べられ様が、焼いて食べられようが、文句が言えないという事なのだ。マースワンの主催組織は、もちろん世界の人食い王族貴族のイルミナティだ。

2 comments:

  1. 火星移住計画に応募した人... 結構な人数にのぼるようです。

    ↓「応募者数 104ヶ国 20万2256人
    マーズワン第一次審査通過者 107ヶ国から1058人」だそうですが、

    http://etsuko4mars.hatenablog.com/entry/2014/02/22/%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%97%E3%83%B6%E5%9B%BD_%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%AF%E3%83%B3%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E9%80%9A%E9%81%8E%E8%80%85_%EF%BC%91

    最終的に応募者20万人以上の中から24人を選ぶらしいです。
    頓挫して欲しいですね... って既に頓挫済み?

    ReplyDelete
  2. 爬虫類人は最低でも太陽系からは出て行って欲しいですね。放射能と同じで、取り憑くことしかできないので、他に迷惑が掛かりますヾ(*`ω´*)ノ。
    火星に地球と同じような森林と湖の風景。太陽の大きな黒点や彗星は巨大母船。
    月の本当の姿はデス・スター。それだけ知ってもかなり宇宙観変わりました。

    ReplyDelete